2018/11/06

酔漢の秋 ~ 荒雄川C&R区間 ~

 釣行前夜、晩酌として… 大サイズのグラスになみなみと3杯ほど… 「ロック」で飲った 芋焼酎 が未だ体に残っているのか?  朝起き掛けに感じていた 『 眩暈 + すっきりしない頭痛 + 胸のむかつき = 二日酔い 』 は毛鉤釣り支度を乗せたクルマが走り出しても、、、依然、体の片隅に居残ったまま。。。

 東北道 ~ R47 といつもの "荒雄川C&R区間" へと向かって行く道を辿りながら、、、ドライブする自分の体調はとんでもなく不快なままで。。。

 どうすっかナ… この先、、、道端に ドラッグストア(薬局)を見付けたら、二日酔いの体調不良に効きそうな薬を買ってくか?   ついでに、頭痛薬もだナ。。。   う~ん、、、ホントまいったナ。。。最悪ナ体調ダ。。。


 そうこうするウチに、、、この好天に誘われたか、、、『紅葉見物の大渋滞』が R47は岩出山 を過ぎた頃から始まっていて。。。  お蔭で、やっと見付けた ドラッグストア には入りはぐれるし、、、勝手知ったる 裏道 と 農道 を往ったり来たりしながら 『大渋滞』 を何とか抜け、午後2時直前、、、ヘロヘロになりながら 荒雄川 へと辿り着いてました。   いつもより90分以上も余計にかかった荒雄行でしたね。

 まぁ、そんな長時間のドライブ中に"苦行"していたせいなのか … 川辺に到着する頃には最悪だった体調も幾分回復傾向でしたよ。(笑)


Img_05982 

Img_06032


  
 そんな好天下、荒雄川C&R区間 へ到着してみたら、やはり… と云うか、予想通りな釣り人の"出"なワケで。。。 (笑)
 
 鱒ちゃん (虹鱒) 達も、川辺を行き来するあまりの釣り人の数に「恥ずかしくて」物陰へと隠れたまま、、、その姿が見えない状況。。。

まぁ、、、前日に引き続き、、、朝から晩まで目の前にルアーやら毛鉤やら、、、休み無しで攻め立てまくられ、、、さらに釣り人が川辺で建てる足音も引っ切り無しじゃあ… 自分だってそうなるだろなぁ。。。 


 この日の釣り、、、果たして。。。 


Dsc028102 


Dsc028122 


 
 むかつきと長時間のドライブでヘロヘロになってる体調を押して、、、強引に釣り支度を整え、、、川辺に立つと… それでも釣り心は しゃきっ! として、釣欲が込み上げてくるのが… 不思議なんだナ。。。 (笑)

 ただ、、、そんなメンタルとは裏腹に"二日酔漢"の体調は絶不調なワケだから、、、微かなアタリに対する咄嗟のアワセだったり、細糸で掛けた巨鱒とのヤリトリに、、、齟齬が生じまくって。。。   恥ずかしい… バラシ!!! と アワセ切れ!!! の連発モードに突入!!!

 
そんな訳で、、、用意していた 『量産型マダラzaku』 と 『卵chan』 は夕暮れを前に早々と 品切れ。
晩秋に吹く夕暮れの川風が… やけに冷たく感じられましたよ。(笑) 

  

Img_06052

 


 この紅葉シーズンが終わり、川辺に霜が降り始め、人出が薄くなってくると、、、自分にとっての荒雄川シーズンが始まることになります。    ま、ここから11月一杯が… 凄く寒いけれど とても面白く なってくるワケです。 


 

 それではまた、荒雄川の川辺で。
 11月の良い釣り旅を。。。


 


 ■ 小雪が吹き荒れ、手がかじかむ程の厳しい寒さの下、荒雄川辺で孤独な釣りをしていると思い出す名曲。

    「北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし始めてるらしい」

   そんな歌いだしの歌詞に、『たき火をごちそうすっから。』 と云ってくれた…毛鉤釣りにおける先達、、、今は亡き 安斎 久 氏の優しさを湛えた面影が記憶に蘇ってくる。。。


 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ 


 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/20

鱒釣り師の10月

 10月… 荒雄川 C&R区間 の川辺から見渡せる「栗駒国定公園」の山々にも紅葉の季節が訪れていました。

 例年、この時期の荒雄川への釣り旅は"早朝の仙台発" で早出する…のがお約束。 

朝食を摂ってから…なんて、おっとり刀で仙台を出発しようものなら、、、R47とR108の途中で「紅葉見物の行楽」渋滞に巻き込まれてしまうため、通常よりも余計に移動時間が掛ってしまい、結果… 釣り時間が削られてしまうのだ。


Img_0434 

 
 但し、2018の今秋に限っては、ガソリン・軽油などの燃料代が高騰しているお陰なのか? … 行楽のクルマの数が目に見えて少ないのは有り難い限りだが、、、観光行楽目的の人出が減っているコトは地元・大崎市の観光関連業の皆さんにとっては死活問題。

 荒雄川C&R区間 へ 時折立ち寄らせてもらう一釣り人として、、、せめて釣行時の 買い物・給油・食事・宿泊 等は 地元・大崎市 での施設利用を心掛け、、、ここに支出したわずかな費用は…過疎化が加速的に進行している…現地の地域振興に役立てて貰えればと、そんな風に考えていました。

 自分は… 山女魚釣り そして 鱒釣り を目的とした忙しい旅人 …ではあるが、、、川が流れるそれぞれの土地で暮らす人の"笑顔"が在ってこその"釣り旅"である、、、とも常々感じている。

川辺における"笑顔"の輝ける釣り人、その土地に暮らす人との出会い。。。 
そんな流れの一つ… 荒雄川にふさわしい… 釣り旅の記憶。 

 

Img_0594 

 
Dsc028062 


Dsc028082 


 
 『いつの日か、大崎市の鳴子温泉郷に暮らしたい… 』という願望が、山女魚釣り師である自らの思考の内へ捨て切れずにいる。 
 
"山女魚釣りの路"として自分が度々利用する R108、R47 の分岐点にある温泉町。
四季の風景の中に山女魚の匂いを孕んだ川風が吹き続けている町。。。  
そして、過疎化の進行している町。。。

山女魚の銘流である… 秋田・雄物川水系・Y川。 山形・最上川水系・MS川。 そして宮城・荒雄川、 一迫川。
「栗駒国定公園」内に在る流れは、その全てが山女魚の川。

 このいずれの流れにも、鳴子温泉郷からは最短距離・時間で到達できるという… 西洋毛鉤による山女魚釣り師として全身全霊を傾倒した暮らし方が出来る町。

そして、秋になり、山女魚が禁漁になったら・・・C&R区間通いか?

  いい考えだなぁ・・・と感じている自分。  今は準備を続け、いずれは。。。
 


 
また、何処かの川辺から。  10月の良い釣り旅を。

 
 
 
■ 秋が深まって、心寒さに寂しくなると聞きたくなる曲。
   「氷の世界」の収録曲はその全てが多面的な心象風景を聞く者にもたらしてくれる…。


 

 


ブログランキング・にほんブログ村へ 


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/06

黄昏のディティール ~ 荒雄川C&R区間 ~

 休み無しの激務日程となっていた9月の後半を何とか乗り切り … ひと息ついたら、、、既に10月。

 ガタガタ云わず … 仕事を頂けるときは… 稼がねば。。。
毎度そんな"無頼"なインディペンデント稼業が自分にとっての生計だから、、、今年の山女魚釣りシーズン終幕当日もPCモニターの向こうに泣く泣く見送り。。。

 西洋毛鉤に依る山女魚釣り師として活動を専念すべく、、、残された自らの時間 を 「シンプル」 に、そして「静穏」に送るべきなんだが、、、人生はナカナカそう上手くも行かないようです。(笑) 

 お立ち寄りの皆さんの今シーズンはどうでした?


Img_05842 


 川辺に立つ時間、、、をアレコレ遣り繰りして。。。  
昼前にクルマ( SG9 代車の NISSAN / NOTE )に飛び乗り、午後から 荒雄川C&R区間 へ駆け付けてました。

 先の秋雨前線による局所的な豪雨、、、そして台風24号に伴う大雨による大出水、、、と度重なる出水に見舞われた荒雄川。

 C&R区間は 岸辺の立ち木も酷く流され、流れの様相が一変して。。。

それでも、荒雄川を管轄している 鳴子漁協 さんの努力も在って、鱒達の姿も確認出来て… 10月の釣りを楽しむことが出来ました。 


 平日にもかかわらず、荒雄川人気は絶大で… 釣り人の姿がたいへん多く、、、C&R区間も今シーズンから B区間 も"特別遊漁区域"に追加設定されてエリアは拡大しているのですが、、、行く先々に先行者の姿。。。 


 どれ、、、じゃ、、、ヤルか?  
支度して川辺に出ると… 下流から上がって来ていた釣り人の姿が。。。  そんなコトの繰り返し。。
 


 
Dsc027992 


 ま… 黄昏まで "人気の少ない 心当たり の流れ" で待ってみるか?

こんな風にして、、、 黄昏の荒雄川に立ってましたよ。。。 

 

 黄昏時… 5cm程増水した 薄暮の荒雄川 に期待していた極小のトビケラ達のハッチも無く。。。

こいつは、、、どうすっかナ?   しかし、、、サカナっ気は感じるのだが。。。
そんな風に様子を見るウチ、、、一発、デケエ! 鱒のハネ !! 

 コイツは。。。  もしかすると。。。

そんな 直感だけのヒラメキ で、、、水面下・ボトム付近を探る アトラクターのNymphシステム へと急ぎ切り替えてみたら。。。 

 いきなりの反応で 7連発 。
 

 
Dsc028012 


Dsc028022 


Dsc028032 


Dsc028052 


 それまでの… 限りなく オデコ を危ぶむ状況… から一変して、、、次から次へと デケエ!鱒 が反応するものだから、黄昏の流れにワンキャスト・ワンフィッシュ状態。。。  気付けば 7Xのフロロ先糸 がボロボロにささくれ立っていて。。。

 恐らく、放流されてから未だ時間を経過していないピンピンの図太い鱒達だったので、、、アトラクター的な毛鉤での釣りが効いたのだろうと。。。

 
 ま、そんな『黄昏のディティール(細部の言い訳)』を正直に。。。 (笑) 
正直者はいずれ救われるハズ…ですから。
 


また、何処かの川辺で。
お立ち寄りの皆さんの良い釣り旅を。


 


■ 少なくとも90分を要する… 荒雄川C&R区間へのドライブBGMとして選んだのが 「 Sports Graphic Number / Football Music Issue 」(Sony Music MHCP-41)

この中の収録曲 『 Die Moulinettes / Der Letzte Spieltag (最後の試合) 』 (ドイツ・ブンデスリーガ) がNobのイチオシ!!
聞けば聞くほど … クセになるゼ。。。

 全体に"アッパーな欧州"を発散している曲調…  Vo.の女性の声質… Bassライン… ブラスの奏でる合いの手…
全てが… ドイツ・ブンデスリーガ だ!!  「大陸の風」 ゲルマンチックな"独逸の倦怠(アンニュイ)"を聞け!!

 

    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 

 

 


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/17

Blue Sky ~ 往く秋の山女魚へ ~

Dsc027692 


8月のお盆過ぎ辺りから… 台風そして秋雨前線 による豪雨をもたらす雨雲が切れ目無く襲来し、東北の河川も幾度となく大増水。。。

 仙台周辺の河川も連日の高水位続きに 山女魚釣り が出来ない状況で… このところ川辺へと立つコトを控えた自分としては、、、毎晩 「(生)の焼酎をロックで + "かぼす"割り」 する 晩酌 × 約3~5杯 ( 註: デカイ! グラスで) だけが愉しみ。。。

 そんな風に "夜毎飲んだくれ" てノンビリ構えてたら、、、 山女魚漁期の最終月 となる … 9月 は既に終盤へと差し掛かってましたね。

 おかげで、、、毛鉤箱に不足していた手製となる トビケラのフローティング・イマージャー毛鉤 「逢魔が時(おうまがとき)」 #18~#22 を巻き足している時間も足りなくなっていて。。。 ( 秋の黄昏時、超小型のトビケラに向かってライズを繰り返す デケエ! 山女魚 の釣り には… この「逢魔が時」毛鉤の出番が圧倒的に多い。 )

オトコ所帯の炊事・掃除・洗濯やら、Yシャツ・パンツのアイロン掛け…なんて、生活時間の合間に… 1本、2本と慌てて補充の毛鉤巻きしてましたよ。  しかし、、、慌てて巻いてるそれぞれの毛鉤は、、、仕上がりが酷いコト !! (笑)

 

Dsc027982 


 この連休、、、東北南部にも久しぶりに陽射しが戻った天候となり、、、「さて、行ってみるか!」と 夜毎飲んだくれていた 山女魚釣り師は… ついに重い腰を上げ。。。

 新潟の「千原モータース」で重整備中となっている SUBARU / SG9 の代車・NISSAN-NOTE へ毛鉤支度を積み込んで一路、、、一足先に9/20をもって今シーズンの禁漁を迎えてしまう 秋田・Y川 へお別れの挨拶に。
  


 ま、連休の中日、朝 8時30分 出でノンビリと走り出していたものだから、、、移動途中、渋滞にハマリ。。。
更に、アチコチでクルマを路肩に停めては… 秋の風景撮影。。。 なんて道草ばかり。。。

 朝一に大変集中するであろう… 遠来の入渓組 を避け、この組が一旦引き上げたお昼時に現地到着して毛鉤釣りを… なんて目論見なんだが、果たして。。。 


 

Dsc027662 


Dsc027702 


Dsc027712 


Dsc027732 


Dsc027742 


Dsc027782 


Dsc027792 


Dsc027822 


Dsc027852 


Dsc027882 


Dsc027962 
 

 
 東北道 ~ R47 ~ R108 と通い慣れた道を辿り… 秋の山女魚釣り旅。


 しかし、、、Y川の川辺へと到着してみると… スゴイ釣り人の出。
遠来ナンバーのクルマが目ぼしい駐車スペースには必ず停まっていて。。。 その先の流れには2人、3人ほどの釣り人が竿を出していて。。。

 こんな光景を道々で見たら、、、正直、今日はこのままUターンしよう。。。  そんな諦めムードが先になってみたり。。。

 

Dsc027912 


Dsc027922 


 それでも… 秋田・Y川の上空に拡がった 青空 が自分の萎えて行く"釣り心"を引き留め、、、 その後の美しい婚姻色に染まった 流麗な山女魚 との出逢いを実現して、、、今シーズンの最後となった…自分の訪問を祝福してくれたようです。  


 日毎に深まりゆく秋 … 9月の良い釣り旅を。
 また、何処かの川辺から。 

 


■ 今回の釣り旅に出掛ける際、代車に車載されたCDプレイヤーを思い出し、自宅の忘れられかけたCDラックから一掴み… 『古のマイ・フェイバリット CD音源』を持ち出していたのだが、、、興味深いコトに… 『Tulip / Bestコレクション 』 がその内の1枚に在った。

 この釣り旅のドライブBGMとして選んだ 『Tulip / Bestコレクション 』 収録曲 「 ブルー・スカイ 」 が東北道・古川ICでR47に合流する頃流れて、、、自分の青空がここにもあった ! … そんなBass弾きとしての若日の美しい記憶 が車内に蘇っていました。

 Vo.財津和夫さんには以前、仕事でお会いすることが在ったが、この映像中の声と人物像が、、、Tulipを初めて耳にした… 自分の中学生時代から全く変わっていないことに… 驚かされている。 

 


    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 

 

 


    


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/07

明暗の山女魚釣り ~ 9月の川辺で ~

 8月下旬からこのところ … 台風襲来による 出水 、そして秋雨前線の停滞による 長雨 + 局所的豪雨 がもたらした 大出水 、そしてまた再び台風襲来による 出水 … と乾くヒマも無く、、、東北南部を流れる河川は何処も水位がとても高い状況続き。。。

 おかげで、、、釣りに出掛けるタイミングを失して、、、夜毎に渡り"飲んだくれている"自分が居るのだが。。。(笑)


 飽きっぽく、気の短い…自分の毛鉤釣り… コレが面白いもので、、、

① 釣り支度して川辺に立つ ⇒
② 流れの様子を観察しながら、当日実際の"状況に応じた毛鉤"を選択する ⇒
③ 選択した毛鉤を上手く流して山女魚が釣れる !

③ 先の毛鉤より、もっとスンナリ…山女魚が捉え易い毛鉤は無いのか?と想像し戦術を練る ⇒
④ これなら更にイケルテルか? という"状況に応じた毛鉤"を選択する ⇒
⑤ 選択した毛鉤を上手く流して山女魚が釣れる !!

⑥ 先の毛鉤より、更にもっとスンナリ…山女魚が捉え易い毛鉤は無いのか?と想像し戦術を練る ⇒
⑦ これなら更にイケルテルか? という"状況に応じた毛鉤"を選択する ⇒
⑧ 改めて、選択した毛鉤を上手く流して山女魚が釣れる !!!

 以降… (日没までの無限ループ)

 或る夕暮れの山女魚釣り、、、こんな風にしていつも川辺に過ごしている訳です。。。


 ところが… 流れの状況、釣り人である自分のメンタル・フィジカルに責ある理由、そして山女魚側の事情、、、何でも良いのだが。。。

何かのハズミに、、、この「毛鉤釣りバイオリズム」が狂い始めると、、、(註: まま、ある事だが)、、、その夕暮れの毛鉤釣りが暗転して行く。。。

 釣り人が川辺で モガキ・アガク ほど… そんな"暗"の アワセ切れ・バラシまくり・定位置より走られまくり な"負のスパイラル"がドツボへと深みを増して。。。 

 

Dsc027622


 

 
 水位が予想以上に高かった… この夕暮れの毛鉤釣り。。。


経験則による単純な思惑で… ドツボへハマリ掛けた"暗"の釣り より逆転し、元サッカー日本代表監督 イビチャ・オシムさん が仰ったところの… 閃きでイノベーションを伴う「明」の釣り へ … 現場で何とか立ち戻れたようです。 

 
 
Dsc027592 


Dsc027602_2 


 そんなイノベーションの切っ掛けを齎してくれた… 婚姻色のたいへん美しい 牡の山女魚 をここで。

9月の夕暮れの川風が「明」となった山女魚釣りを祝福してくれたようです。
 

Dsc027632 


 もう少しだけ、流れの水が落ち着くと良い感じなのですが、、、きっとこの週末は期待できますよ。 


また、川辺から。
9月の良い釣り旅を。

    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 

 

 


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«日没へ15分