« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019/06/14

同行二人 2019 ~ 銘無き竹竿 に寄せて ~

Dsc030292
 


この4月、、、JR・長町駅 前にある 中国料理 楓林 (ふうりん) のマスター S氏 のフトした思い付きから、自分が無期借り受けする事となった < OBARAロッド製「銘無き竹竿」7'6" #4 > 川辺での釣り風景の一コマ。
 ( ※ その経緯は こちらの記事 で )

 
 ■ Obara Rod 製 「銘無き竹竿」 ・・・ ロードした際のパラボリックなベンディングカーブが大変美しい、、、実戦的なコンパウンドテーパー+30%ホロー・ビルドを採用。 宮城県白石市の竹竿師 小原 が日毎アップデートのトライを続け、リリースしている竹竿。

  ※「銘無き竹竿」とは 当ブログの管理人・佐藤Nob がその現場での使用感に感激し、S氏が現在所有する ObaraRod製の"該当"の竹竿 について勝手にネーミングしている次第。。。 竹竿師・小原は、至って物静かで大変控えめな性格ですので、万一、あなたが竹竿オーダーの際に「銘無き竹竿」と設定シリーズ名のつもりでお話しされても… 小原本人に通じない可能性 大 です。(笑)


 ■ 佐藤Nob 個人的には・・・トルク感あるバックキャストからラインスピードを限り無く抑え込んだソフト・プレゼンテーションまで・・・一連の投射動作の中にある操る楽しさ、メンディング等 ライン捌きの実戦技における追従性、そしてコスメを限りなく抑えてシブイ表情の「潔さ」。
そんな Obara Rod から伝わってくる強い個性にシンパシーを感じている。  山女魚釣り場に立つ回数が多いと自負する毛鉤人にこそ… 使って頂きたい。 そんな 現場道具 としての自然体な竹竿でもある。。。 
 

 まぁ、"7Xの先糸の現場使用"を 難なくこなせる竹竿 ・・・と探して行くと、、、これが簡単には見つからないもノで。
特に、大型の魚をセットフックした直後の遣り取りに難しさがあるなぁ。。。
穂持ち部の張り・タメが強すぎたり… 竿先の追従が遅かったり… して結果、バレるか・切れるかが多くなり。。。 その境めの領域が 曖昧な感じの竿 だと、使い手に多大なストレスをもたらしてしまう。 

 その"境界"領域のチューニングが、、、Obara Rod 製 「銘無き竹竿」については、上手く仕上がっているんだなと。 
いわゆる、、、玄人好みな仕上がり、、、って訳です。  


 しかし、こんな文章表現してもナカナカ伝わらないので、機会が在れば、JR・長町駅 前にある 中国料理 楓林 (ふうりん) の昼休み時刻に S氏 を訪ね、「銘無き竹竿」に触れてみると吉かも ?? ( S氏への事前連絡が必要ですよ。 )  

 

Dsc030302
 


 直近も、S氏が秘蔵していた Obara Rod 製 「銘無き竹竿」8' #2 の虫干しを頼むと…借り受けてしまい、これも荒雄川C&R B区間 で試していました。  (しかし、、、何だか、、、今シーズンは竹竿の出番が多すぎるなぁ。) 

雨交じりとなった黄昏に、、、プール・ヒラキの白泡が切れたところで…明らかに デケェ! 魚のライズ。  
この魚がシビラっこいのなんのって。。。   黄昏に30分弱も相対してたか。。。

 サイズ#20 の ブラサガリ・パラティルト を何度か流して、魚に見切らせからの・・・サイズ#8 に巻いた オオマダラ・クリップル へとスイッチすると、一投目にこれをいきなり吸い込んで。。。 


Dsc030062
 

Dsc030082
 

 セットフック直後に「銘無き竹竿」8' #2 に 7Xの先糸 だった… と思い返してみたが、、、デケェ! 魚はお構いなしにプールヒラキの広大な流れを走り回っていて。。。

ま、それでも 取り込みに無事成功してました。 コイツもなかなか… 自分には相性良い感じの竹竿です。
 


それでは、、、以下、 OBARAロッド製「銘無き竹竿」7'6" #4 と、そして…10年前の6月に儚くなっちまった… 我がカミサンとの 同行二人 による「 6月の旅 2019 」の様子を。。。

画像が多くなりました。 この旨、どうぞご了承ください。 
 

Dsc030102
 

Dsc030132
 

Dsc030142
 

Dsc030182
 

Dsc030252
 

Dsc030242
 

Dsc030232
 

Dsc030222
 

Dsc030212
 

Dsc030202
 

Dsc030192
 

Dsc030172
 

Dsc030162
 

Dsc030402
 

Dsc030392
 

Dsc030382
 

Dsc030362
 

Dsc030352
 

Dsc030342
 

Dsc030322
 

Dsc030272
 

 

Obara Rod 製「銘無き竹竿」による一匹一匹との出会いが、、、新たな6月の旅 として自らの記憶へ重なって行く。。。
染み入るようにして記憶される・・・同行二人となる静謐の釣り旅。。。


 
  また、何処かの川辺から。。。
  6月の良い釣り旅を。。。
 

■ 儚く、美しい6月の黄昏 … そんな風景の中で聞きたい

  Sting / Fragile 

 

 


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 


 


 

 


 

| | コメント (0)

2019/06/05

6月の黄昏 2019 ~渇水そして雪代の流れ~

Dsc030002_1


 暦はいよいよ… 毛鉤釣り師が夕暮れの川辺で熱狂する6月を迎えてました。

東北の流れは、冬場の降雪量の少なさ、、、この春先の降水量の少なさ、、、そんな不安要素がもたらした 渇水 が早くも訪れて。

そんな渇水する流れの「6月の黄昏」の様子が気になって、、、僅かな時間が見付かる度に、自分は川辺へとクルマを走らせている。


Dsc030012_1


Dsc030022_1
 

Dsc029982_1
 

Dsc029972_1
 

Dsc029952_1
 

 そして迎えたこの黄昏は。。。

いつも川辺で愛用していた防水カメラを忘れ、ありゃ…しゃーねぇか… と急遽 … 普段使用する12年超の携帯電話 Sony 902i wp+ の内蔵カメラによる写真撮影を敢行。。。

 そのため … 今回の画像の粗雑さ … については、何卒ご容赦いただければ。(笑)  


Dsc00152_1
 

Dsc00156_1
 

Dsc00153_1
 

Dsc00155_1
 

Dsc00154_1
 

Dsc00147_1
 

Dsc00148_1
 

Dsc00151_1
 

Dsc00150_1
 

Dsc00157_1



Img_08692


Img_08702

 デケエ!! 岩魚 の連発した 秋田・Y川 … 6月の黄昏。   

5月末より続いていたムズムズする毛鉤釣師としての胸騒ぎ… を確認すべく、午後遅くの現地着。
僅か2時間弱の釣りでしたが、雪代が未だ出ている秋田・Y川への「胸騒ぎ」は 現実 となっていました。


また、何処かの川辺から。  熱狂の6月、、、良い釣り旅を。。。


 


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 


 


 

 


 


| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »