« 2018年6月 | トップページ

2018/07/19

潜水艦…岩魚 ~ Y川の夕暮れ ~

Dsc027392

 
 全国的に 猛暑 の報道が連日続く、、、7月の午後。
焼け付くような真夏の強い陽射しの下を 東北道 ~ R47 ~ R108 と辿り SUBARU / SG9 を走らせている。

 東北道・鶴巣SA付近に設置された気温表示で33℃。  その先、R47 岩出山付近の気温表示では31℃。

北日本に停滞している 気圧の谷 による影響で、、、秋田そして岩手の宮城県境以北では 薄曇りで気温が低い 予報となっていた。。。

 それを当てにして、自分は遠出している訳だが。。。 現地はどうだろうか?

先夕の 秋田・Y川 行きは、、、道路工事に伴う"通行止め"のおかげで… 何時の間にか? 荒雄川C&R B区間 での釣りに代わってしまい、、、あれから …心残り… としきりに釣り心は叫び続けて。。。 
 


Dsc027262 


  R108 仙秋鬼首トンネル を抜け、薄雲の差している秋田側に出ると道路脇の気温表示は26℃。 
宮城側と比べ、一気に5℃近くも気温は下がっており、、、この夕暮れの釣りへ、、、期待は高まって行く。

 
 ま、、、ストックしていた TMC531 #16 に今朝ほど巻いた"アブ毛鉤"が効いてくれることを祈ろう。。。
目的地 Y川 の渇水が酷くなっていなければ… 良いが。。。 


 果たして。。。 
 

Dsc027272 


Dsc027242 


Dsc027292 


Dsc027332
 


Dsc027302 


Dsc027352 


Dsc027362 


Dsc027372 


Dsc027382 


Dsc027412 


Dsc027432 


Dsc027452 


Dsc027462 


 正直に言ってしまおう。。。

とあるヤブ下に位置したプール・ヒラキのポケットに定位する 40超の "潜水艦-岩魚" をこのアブ毛鉤にセットフックしていたが。。。

 7Xの先糸を庇いながら、、、これまでついぞ経験したことの無い… グリップより激しく ノサ れ続けた R.L.Winston DL-4 7'6" #3 を支え、、、 プール中を上に往ったり下に来たり、、、 "潜水艦-岩魚" との攻防 !!

 
  ヤベッ!、、、 トト…ッ、、、 コノーッ。。。

  オッ…トト。。。  ヤベ…ッ!。。。  クウーーーッ。。。
 

    こんな風にして…10分弱も魚に主導権を握られて、、、引きずり廻され。。。


 一度はプール底に引っ掛かっていた 朽ちた切り株 に潜り込まれたのを、上手く引きずり出したのだが。。。

これが百戦錬磨の "潜水艦-岩魚" だけに、一旦上流のガンガン瀬に強烈に走ってフェイクを入れ、、、再び 朽ちた切り株 へと潜り込まれたが最後。。。  儚い…7Xの先糸は、ここで耐えきれず 擦り切れ てしまったのだった。

 これまで、、、"尺超の山女魚のローリング"では全く問題と感じなかった R.L.Winston DL-4 7'6" #3 が、、、その限界を突破してロードしていた… そんな強烈な攻防でしたよ。


 ま、、、そんな訳で 40超の"潜水艦-岩魚"は秋田・Y川のプールに、、、今も泳いでいるってコトです。。。 (笑)
近いウチに、、、再び 引きずり廻されに 訪れてみたいと。。。

 
 
 また何処かの川辺から。。。

 7月そして夏休みの良い釣り旅を。。。

    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/08

梅花藻の咲く頃 ~ 荒雄川C&R B区間 ~

 
Dsc026942 


 ■ 宮城・荒雄川C&R B区間の岸辺にひっそりと自生している 「 梅花藻 (バイカモ) 」 の一群。
   美しく可憐な「梅花藻」の花言葉は… 『幸福になります』   お立ち寄りの皆さんへ 『祝福』 のお裾分けを。

   自らが、毎6月にかけて "同行二人となる山女魚巡礼" の釣り旅では、流れの同じ岸辺で僅かな面積だけに咲き続ける… この花を眺めに、、、荒雄川へと立ち寄り続けている。

   流れに立ち寄った、わずかな釣り人のみ目にすることが出来る 『小さな幸福』 。  それを探しに 荒雄川 へ旅してみるのはいかがだろう ? 

 
Dsc026962_2 


 自分が訪れる度に感じる… 荒雄川C&R B区間の"面白いトコロ"って、、、多数の支流群より供給される水量豊富・水質安定・岸辺の広葉樹中心の植生に支えられて広大な葭原が茂り、なお長大な浅瀬・深瀬にそれぞれ底石がしっかり入った流れの構造から、多種多彩な トビケラ ・ カワゲラ が多数生息しているため、シーズンを通し時間毎に何らかの羽化活動が在り、このためハッチ狙いの毛鉤釣り人には有利な流れとなっている事。

 そして、荒雄川漁協さんの放流活動による魚影の濃さも特筆すべきでしょうか。  先行者が在っても、時間をちょいと置くと魚のライズが再開するくらい…の濃さです。

 早いモノ勝ち・我先な渓流釣り… そんな気忙しさが一切無用の毛鉤釣り。
但し、毛鉤サイズだけはハッチしている水生昆虫に合わせて #16 以下 の小さなサイズ中心になってしまうのが玉に瑕か。 (笑)

「山女魚・岩魚の毛鉤釣りを試してみたいが…」 そんな方なら、、、どうぞ 荒雄川 で毛鉤釣りの"竿初め"をお勧めします。  きっと、印象的な毛鉤釣り始めが経験出来ると思いますよ。 
 
 

Dsc027062


 

 さて、、、大雨のニュースが飛び交った先の金曜は、東北南部・宮城も同様に空模様はぐずついた雨降り。

本格的な雨振りになっちまう前に… 行くか ?  そう思い立ち、毛鉤釣り支度を乗せた SUBARU / SG9 を走らせたのが、午後1時を廻った頃。


 雨雲が低く垂れこめた東北道・古川ICを降りた頃から、、、ポツ、ポツ… と雨粒がフロントウインドーに落ち始めて。
そのまま、R47を走って岩出山の道の駅を過ぎた頃には、本格的な雨模様。。。

  う~ん、、、やはり"雨師"らしく、今回も雨中の毛鉤釣りになっちまうのか。

鳴子温泉の先でR108へと分岐して宮城・秋田の県境越で、秋田・Y川の某支流でのイブニングに立ち寄るつもりだったが… 道路情報を伝える電光ボードには「この先、R108は午後3時まで県境のトンネル通行止」の表示が。。。


  ま、、、仕方ない… 本格的な雨振りとなっている 荒雄川C&R B区間 でちょいとだけ様子見して行こうか ??  

 
 
Dsc026912 

Dsc026892 
 


 ちょいとだけ… のつもりだったが、、、先行者の足跡が多数残っている、、、深瀬に続くヒラキの底石が作る流れの筋へと… 様子見で投射した トビケラ毛鉤 #16 が、、、ドリフトも間も無く、、、いきなり水中に引き込まれ。。。


  この光景を見送って、、、 1拍半おいてラインを持ち上げながら丁寧にセットフック !


    グウ…ンッ。。。  乗った !
   

    水面下に大きな白銀色が反転し、、、続く、、、振幅の大きなローリング。。。


  こいつは… 良いサイズの山女魚だ !   


先年、修理が上がって来た R.L.Winston DL-4 8' #3 は激しくロードして、、、ベストシーズンを迎えた 夏山女魚 の疾く重厚なローリングに応酬している。   先ほど結んでいた 7Xの先糸 は持つだろうか? 

 

Dsc027092

 


 なんと、、、この雨降りが、、、フレッシュな雨水が、、、荒雄の流れに活性をもたらしたのか ?

未だ、夕暮れまで時間も在るのに、、、流れの中ではトビケラ達が活発に動き出したようだ !!


  ならば… この先も試してみないと。。。   立ち寄るつもりだった 秋田・Y川のイブニング は、また別のタイミングに。。。


 先糸には、新たに トビケラのフローティング・ピューパ (ぶら下がり) タイプ となる手製の毛鉤 「逢魔が時 #18」をフリーノットで7Xの先糸へと結束して。。。  

 どれ、、、じゃ、、、マジで行くか。。。
 
 

Dsc027012 


Dsc026992
 


Dsc027102 


Dsc027122 


Dsc027132 


Dsc027142 

 本格的な雨降りとなった荒雄川の流れに、、、極小型トビケラの集中した流下は日没まで継続。。。

そして、、、R.L.Winston DL-4 8' #3 は激しく撓り込み続け。。。  時に、流し込んだ 「逢魔が時 #18」が7Xの先糸もろとも振り切られる始末。。。


 
 沸騰し熱狂が加速して行く時に… 魚たちの画像を撮る時間も惜しくて、、、デケエ! 山女魚のライズが連発した時刻は、、、撮影を中断 !      

 雨天の夕闇色に染まった暗緑色の川面直下に セットフックに成功した巨きな白銀色 が大きく明滅しながら下流へと走り下る様、、、を残念ながらこの文章でお伝えするのみ。。。 


 

Dsc027152 

 


 こうして、、、この雨振りとなった夕暮れも 荒雄川 とその岸辺に咲く 梅花藻 より祝福を受けたようです。

いつか荒雄川の岸辺でお会いしたいものですね。

 


また、何処かの川辺から。   7月の良い釣り旅を。


    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 

 

 


  

  
  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ