« 五月雨の山女魚釣り 2018 ~ 雨師の5月 ~ | トップページ | 蝉時雨の夕暮れ »

2018/05/12

5月の夕暮れ山女魚 ~代掻きニゴリ~

 Img_04052 

 昨日まで降り続いた 肌寒さの伴う冷たい雨 も上がり、、、今日は朝から陽差しも見えた仙台周辺。
まあ… 農家の皆さんが田んぼに出て作業するのには、全く誂え向きの日和になった訳で。。。


 普段、、、この夕暮れの毛鉤釣りに出ようか… なんて突如閃いた自分が ~5月初めに出掛ける釣り場を検討した際に最も注意している~ のは、、、この農作業 (田んぼの代掻き・田植え作業に入るタイミング) なのだ。

特に、今年のように暖かな日が続いた春だと… 農作業の着手タイミングも幾分早まっていて、、、こいつぁ…と期待していた川辺に到着してみたら、、、早朝からの農作業に伴う キツイ泥ニゴリ が一気に入って、、、毛鉤釣り自体が難しくなって居たり。。。

 そんな失敗を繰り返してる内に、、、偶然、読みが当たり、、、立ち寄ってみた渓でライズがバリバリの良い釣りが出来たり。。。

まぁ、5月前半に立ち寄る"米どころ・東北の河川"での毛鉤釣りには 「農事暦」 についての知識も必要だと… 自分は痛感している訳です。(笑)  

 お立ち寄りの皆様におかれましても、そこんトコの事情について… くれぐれもご注意ください。 
 


 
Img_04022 

 
 さて、、、そんな前振りまでしていた 自分の「農事暦」的な "読み" が… 今回も外れてしまい。。。

田植えに伴うキツい泥ニゴリが流れ込んだ… 宮城県南を流れる 山女魚の銘川・K川 の畔で、、、ついでに強風まで吹き荒れた、、、夕暮れの釣り。


  どうすっかナ… と途方に暮れていましたよ。(笑)


 ま、、、ゴーゴーと吹き続ける"奥羽おろしの西風"はともかく、、、 農作業に伴うニゴリなら、、、 夕暮れ時には収まるだろう… と。


そんな、ヤマ勘的な3手先の深読みで、、、結局、、、釣り支度して川辺へ。  果たして。。。 


 
Dsc025802 


Dsc025842 


Dsc025852 


 白濁する流れでしたが、、、そんな悪条件でも、、、流れの中には、山女魚たちが 摂餌するポケット が在るんですね。

夕方遅くまで、、、葦が密生する岸辺から瀬のヒラキにかけて… 幾分ヘビーなマダラのハッチが続き、、、日没前後に瀬頭の石回りで大型のカワゲラのハッチが散発的に発生した流れ。。。

 そんな状況下、、、ニゴリの影響が薄い、、、くるぶし~ひざ下深の瀬のヒラキの石回りに… 山女魚達は定位して、、、ニゴリの中… マダラも大型のカワゲラも識別してエサ取りしていたようです。。。


 白濁した緩流へと流し込んだ 手製のNymph毛鉤「量産型"マダラ"ZAKU」 を山女魚が捉えると、、、極小にシェイプしたインジケーターが消し込んで行く。。。  

   一拍食い込ませての… セットフック !!   

   グン… グン…   続いて、、、山女魚のローリングが竿先へ伝わって来る。
 

 それでも、、、白濁のニゴリ下では浅がかりによるバラシ、手元でのバラシが多発して。。。  

 きっと、山女魚達も疑心暗鬼しながら流下して来る 餌 と モノ を口を使って咥えながら…識別していたのでしょうか??
 

まぁ、、、ずぼらな自分は 手製のNymph毛鉤「量産型"マダラ"ZAKU」 #16 を マダラ・イマージャー として日没過ぎまで釣りしてましたが、、、 この夕べの状況下なら ワンサイズ大き目な クリップル系の乾式毛鉤 ( ドライフライ ) の選択肢も在ったハズです。

 きっと、、、その選択ならバラすことも圧倒的に少なかったかなぁ。(笑) 


 
Dsc025862
 


 美しい5月の夕暮れに。   また何処かの川辺から。

 良い釣り旅を。。。 
 
 

Dsc025892


    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ 


  


|

« 五月雨の山女魚釣り 2018 ~ 雨師の5月 ~ | トップページ | 蝉時雨の夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/66709540

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の夕暮れ山女魚 ~代掻きニゴリ~ :

« 五月雨の山女魚釣り 2018 ~ 雨師の5月 ~ | トップページ | 蝉時雨の夕暮れ »