« 蝉時雨の夕暮れ | トップページ | 6月の山女魚巡礼 »

2018/05/30

山女魚巡礼 ~ 荒雄川C&R区間 ~

 夏日となった晴天の午後遅く、、、SUBARU / SG9 を走らせている。
東北道~仙台南部道路~仙台東部道路~仙台北部道路を経由し、先ほどふたたび東北道へと合流したところだ。

 アップダウンそしてコーナーの多い道を走っていると、、、ある一瞬、初夏の強い陽差しがボンネットにギラッと反射して・・・ それはセットフックした山女魚が水面下に反転する際の”白銀色”を思わせるのだった。


 南へ、、、北へ。  そして西へ、、、東へ。。

この季節を迎えた山女魚釣り師は・・・まことに”悩ましい”。 
それは自らの心に描く流れが一斉に毛鉤釣りのベストシーズンに差し掛かっているからでもあり・・・。

 天候、水位、そして雪代の治まり具合、水生昆虫の羽化状況・・・ 仲間内でそんな事前情報が飛び交い、これを自らの経験に基づき分析してみると、、、幾つもの候補、、、期待出来る 川・渓 が脳裏に浮かび上がって来る。


 そんな訳で、、、この夕暮れの山女魚釣りの目的地を決め、一旦、路の上となったものの・・・ クルマを走らせている道々の様子に当初の見当が変ってしまい、、、結局、仙台市街地を高速道路で一周するように回り込んで北へ・・・と向かった次第。

 ま、この午後はそれくらい 毛鉤釣りするには絶好の日和 だったという事で、どうぞご勘弁を。 (笑)
 


Dsc026072


 
 午後3時30分を少し回った頃、、、クルマは 古川IC を降り R47 に合流。  
そして、鳴子温泉方面へと向かって。。。

夕暮れを迎える前に、、、僅かな時間でも、、、道々の傍らに在る心当たりの流れの様子を見ておければ・・・。  


 こうして、、、今夕の最終目的地となった 荒雄川C&R B区間 に到着したのが午後5時直前。。。

途中、、、荒雄川では毎度、立ち寄らせてもらう 大久商店さん ( 仲間内の通称だと"キノコ屋さん" )で、今シーズン初めての挨拶ついで「年券」を買い求め、、、何時ものおばさんから「 あら、しばらくぶりだったな~。 秋以来だったか?  何? これから釣りするの? 」なんて声掛けされて。。。 

 この夕暮れの釣り・・・果たして。。。 

 

Dsc026112 


Dsc026092 


Dsc026152 


Dsc026182 


Dsc026142 


 荒雄川C&R B区間 ・・・ 5月の夕暮れ。

この午後のモノと思しき先行者の足跡が川辺に残っており、、、西陽が川面に残る時間帯は目ぼしいポイントでは魚っ気も無く。。。沈黙。。。   

 まぁ、、、これでは、しかたねぇ。
それならと・・・ 普通なら通過してしまうような・・・ 平瀬・チャラ瀬の脇、、、葦際の石周り、、、そしてこのヒラキ側に位置している石周りのポケットを拾いながら様子見して。
 


 この後、、、日没の残照だけが山影に映る黄昏時刻に。。。   水生昆虫が一斉羽化。。。 

夕闇の暗緑色に映る荒雄の川面に辛うじて漂い流れる・・・ トビケラ毛鉤 #14 を 筋骨隆々の山女魚 がそっと捉えて。。。
 


Dsc026212 


Dsc026222_2 


 
 今シーズン初めとなった 荒雄川C&R B区間 でしたが、、、荒雄川の 美しい山女魚 に再会することが出来ましたよ。

 陽の残るウチは・・・ミドリカワゲラを模した明色系ライト・トーンの全体のシルエット細めな毛鉤 #16・#18 サイズが、、、そして黄昏時は大型のカワゲラ、ヒゲナガも飛び交いましたから、、、2サイズほど大きいボリューム感の在る毛鉤が、、、それぞれ効いたようです。  ご参考まで。。。


 

Dsc026252 


 また何処かの流れから。。。
 良い釣り旅を。

    


 

ブログランキング・にほんブログ村へ 


 

 

 

|

« 蝉時雨の夕暮れ | トップページ | 6月の山女魚巡礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/66774069

この記事へのトラックバック一覧です: 山女魚巡礼 ~ 荒雄川C&R区間 ~:

« 蝉時雨の夕暮れ | トップページ | 6月の山女魚巡礼 »