« 雨の功名 ~ 荒雄川C&R B区間 ~ | トップページ | 7月の夕暮れ ~ Live Unplugged ~ »

2017/06/29

同行二人 ~ 月布川 、荒雄川C&R B区間 ~

Dsc021652


 

 また私事になって、誠に恐縮ですが・・・。 

東日本大震災発生の前前年だった2009年の6月、癌を患い… 大手術を幾度も受ける永い闘病の末、44歳で儚くなった 我がカミさん の命日が「6月25日」。 


  あの日から、、、もう… 8年にもなるか。。。  夏のような暑さが訪れた日だった。。。

  何かと気遣いし過ぎるくらいの カミさん だったから、、、 山女魚釣りバカな旦那に迷惑かけぬよう… 彼岸へ往く日をわざわざ"広瀬本流の川止め期間中"にしてくれたのか? と思い当たって。。。 


毎日、家を出る前に、、、そして帰宅してから、、、カミさんの遺影に向かい、線香を手向けているが… 自分にとって 『 6月の山女魚釣り旅 』 は、そんな 優しく気遣いのあったカミさん との 『 同行二人の旅 』 にもなっていて。。。


 

Dsc021562 

Dsc021552 


 山形・最上川水系の月布川は、、、身重になっていたカミさんと以前の愛車 MAZDA / Roadstar NA6CE でドライブついでの 夕暮れ時の釣り旅 で訪れた流れ。

 なんともロマンチックな 「七夕畑」 という流れの傍らに在る集落名。
  
薄暮の訪れた、、、月布の川辺から見上げると… 古いコンクリート橋上に停めた Roadstar の脇に立ち、流れの中で釣りに夢中な旦那を心配そうに見守っていた カミさんの姿 が記憶に深く残っている。。。
  


Dsc021592 

Dsc021572 

 先年の大出水の爪痕も未だ癒えていない、、、復旧護岸工事もやっと終えたばかり、、、 

そんな傷跡を残した 月布川 でしたが、、、、カミさんと訪れた時のような晴天の夕暮れに… 護岸工事の影響が少ない区間を選んで入り、優しい顔をした山女魚に出会うことが出来ました。
 


 
Dsc021612 

 秋田市出身のカミさんの里帰りは、山女魚釣りバカな旦那の為に毎度 R108 を経由してのルート。。。

春夏秋冬、、、幾度も往復したから、、、運転席から目ぼしい流れが見えれば、、、クルマにカミさんを待たせ… R108沿いの流れの入渓点を偵察行動。。。

 本来、、、沢山の荷物を載せる事を前提としない MAZDA / Roadstar NA6CE だから、、、カミさんの里帰り荷物一式、そして自分の着替え・毛鉤支度一式がトランクに収まらず、、、シート後方のわずかなスペースにまで荷物を押し込んで、、、カミさんの膝の上にまで、、、こうして片道260kmのロングドライブするのが毎度のことだった。。。

 まぁ、、、そんな『同行二人の旅』をR108沿いの 荒雄川 は見聞きしていた… というワケで。。。 
 
 

Dsc021662 

Dsc021622 

Dsc021632 

Dsc021692 

Dsc021702 

Dsc021682  

 月布、、、そして荒雄、、、どこまでも流れを遡って行きたくなる… 美しい6月の夕暮れ。

それぞれの夕暮れに、、、新たな 『同行二人』 となる釣り旅が記憶されました。。。
 

 また、何処かの川辺から。   良い釣り旅を。 

 

 
■ 『同行二人』釣り旅 の際にドライブBGMとなっていた佳曲

   徳間Japan 勤務時代 に耳馴染みとなった Mr.森重 の歌声を…あなたにも。 


   SNAKE HIP SHAKES (ZIGGY) / DEAR MY FRIEND

   

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 


|

« 雨の功名 ~ 荒雄川C&R B区間 ~ | トップページ | 7月の夕暮れ ~ Live Unplugged ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/65470200

この記事へのトラックバック一覧です: 同行二人 ~ 月布川 、荒雄川C&R B区間 ~:

« 雨の功名 ~ 荒雄川C&R B区間 ~ | トップページ | 7月の夕暮れ ~ Live Unplugged ~ »