« 梅雨明け岩魚 | トップページ | 立秋の岩魚 »

2016/08/05

夏岩魚 2016

 真っ青な空からギラギラな真夏の日差しが照り付けている 東北道・下り車線 。。。
エアコンのコンプレッサーが冷却側へ目一杯稼働しているせいで、、、踏み込んでいるアクセル・ペダルへのエンジンの反応が幾分鈍いようだった。

フロントウインドー越しの地表からは陽炎が揺らめき、、、遠くに見える田園の風景がゆがんでいる。。。

  先ほど通過した三本木PA付近の路側帯に設けられた気温表示だと・・・34℃。 

 
 こんな猛暑な調子だと、、、行先としていた 渓 も、釣りには厳しいだろうか ?  
 
 いや、、、それでも、、、やはり現地まで行ってみないコトには、、、何ともナ。。。 
 

そんな風に、、、冷房の風がヒンヤリと効いた運転席に一人、、、ハンドルを握りながら、、、この午後から夕暮れに掛けての毛鉤釣りを想っている。。。  


 
Dsc018132 

 宮城県・石巻市から秋田県・由利本荘市へ通じる R108 沿いには、江合川、荒雄川、役内川、雄物川、子吉川の各水系が道沿い交互に現れ、、、毛鉤釣りするには魅力的な流れが続いているんだよ。。。 諸君 !

 まぁ、、、R108沿いを走りながら、、、おっ !、、、と気になった流れを見掛けたなら、、、ダメモトで試しに毛鉤を流してみるのが・・・良いかも ?   凄いヤブ中の細流にビックリするような巨大な魚が隠れてたり。。。


 


 この午後、、、猛暑の中を目的地のY川辺に到着してみると、、、やっぱり夏休み時期なのか? 遠来のナンバー・プレートのクルマが何台も川辺に駐車中。。。 

 
 停車早速、、、エンジンからの放射熱を慕って飛来する・・・多数のアブの体当たりと噛み付き攻撃。。。 

そんなこと構わず 「このヤロ、、、アブの野郎、、、うるせーナ。。。  この~。。。 イテッ! 」 なんて云いながら、、、アブを躱しつつ毛鉤釣り支度してたら、、、

 上流から林道を宮城ナンバー車が降りてきて・・・餌釣り師と思しきニコヤカなオジサンが。。。『お昼前にコノ区間やったけど、あんまり魚が居なかったヨ。』。。。だって。 

 そう云いながら・・・クルマのトランクから、アイスボックスを引っ張り出して来て、釣果らしい魚の"ワタ抜き"を始め出した。。。 


 
 ホント~なのか ? ・・・オジサン。  今日みたいに雨降り後のこの流れなら、、、いい岩魚が沢山岸際の浅瀬やタルミに出てんだけどナ。。。  

 ま、、ダメもとで・・・オジサンの後を・・・試してみようか。。。
 

 
 Dsc018072 


Dsc018082 


Dsc018092  


Dsc018112 


Dsc018142 

 やっぱり、、、たくさん残ってたヨ、、、岩魚が。。。

先行した餌釣りオジサンはバタバタ岸際を遡行してたらしく、、、足跡まで沢山残って居て。。。
お蔭で、、、いい岩魚までついでに蹴散らしてくれてたのか ? 毛鉤を捉える魚は・・・ちょいと小振りサイズだったネ。。。
 

 さて、、、それでは、、、夕暮れの薄闇が降りて川辺の気温が下がると・・・春先から続いた少雨のせいで大発生した"アブ軍団"が雲のように襲って来るから、、、渓を脱出と。。。 

 

 こうして、、、大発生中のアブを飽食してお腹がパンパンな夏岩魚を見ることが出来たようです。
 
 また川辺から。。。   8月の良い釣り旅を。。。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

|

« 梅雨明け岩魚 | トップページ | 立秋の岩魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/64013287

この記事へのトラックバック一覧です: 夏岩魚 2016:

« 梅雨明け岩魚 | トップページ | 立秋の岩魚 »