« 五つの夕暮れ | トップページ | 夏岩魚 2016 »

2016/07/30

梅雨明け岩魚

 7月に入り、梅雨空の下で涼しいくらいの天候が続いていた東北・・・にも「梅雨明け」ニュースが流れ、やっと真夏らしいムシ暑さが戻って来たようです。 


しかし、そうは云っても・・・この暑さで鮎が育つ! と喜んでいる鮎釣り師 ( 註: 川風の釣り旅メンバーである 中国料理 楓林 のS氏、そして ブッシュマスターF は鮎釣りもやります )・・・ではない「山女魚釣り」だけの自分は、、、梅雨明けと同時に訪れた厳しい暑さに、少雨による渇水が続く流れと、、、そこに棲む魚達の様子が気になるばかり。。。

 川鵜がまた飛んで来てんじゃないだろか? とか・・・  この暑さでは、日没時のトビケラの羽化も止まってんじゃないか? とか・・・  
心配掛けてくれてた息子達も次第に手が掛からなくなっちまったと思ったら、、、今度は流れの心配 ?
 親馬鹿 ならぬ 釣りバカ の杞憂。。。

ま、、、こんな暑い日は仕事終わりの夕暮れに涼しい風の吹く「渓」で様子見しながら、、、夕涼みするのが良いだろう・・・と毛鉤釣り支度のまま川辺へと駆け付けていましたよ。


 
Dsc018042 


Dsc018052 


 
 結局、、、涼しい予定だった渓でも、、、一旦、毛鉤釣りを始めたら流れに夢中になり・・・大急ぎでアチコチと遡行しまくったモンだから、、、ドロドロの汗まみれ。。。


 渇水していた木陰のプールで、、、ユルユルと流れの筋が当たる岩盤の窪みへ、、、張り付くように定位していた大岩魚を#18のトビケラ毛鉤で誘い出して。。。 

 

Dsc018062 

 

 静かな夏の夕闇を映した水面へ浮かぶ極小トビケラ毛鉤に、、、大岩魚の吸い込むように微かな浮上斑紋。。。
 
 
  これを一拍半見送り、、、   ラインを滑らせるようにして穏やかなセットフック ! 


      グウン・・・・・ッ !     乗った !!


 R.L.Winston DL-4 7'6"#3 を支える右肘に掛かって来た、、、その重量感。。。 
毛鉤竿はグリップのすぐ上から美しいベンディングでロードしながら大岩魚の強烈なローリングに応酬している。。。

      こいつぁ、、、デケェ・・・岩魚だ。。。


 そんな大岩魚を丁寧に遣り取りして取り込んだ頃、、、涼しい風がそよそよ・・・と鼻先を過ぎて行き、、、真夏の夕闇が降りた渓に 宵の涼風 が吹き始めたようです。。。 

 

 また、川辺から。。。   夏の良い釣り旅を。。。 

  

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 五つの夕暮れ | トップページ | 夏岩魚 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/63985092

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け岩魚:

« 五つの夕暮れ | トップページ | 夏岩魚 2016 »