« 7月の夕暮れ山女魚 | トップページ | 32時間 ~ 岩魚の渓 ~ »

2016/07/05

古色岩魚

Dsc017752 


 「カワゲラが群飛する夕暮れ」を追い掛け、、、僅かでも時間が見付かれば、、、川辺へと立ち続ける・・・7月。 


 先夕、、、親しいサッカー観戦仲間 ( フットボールに関る話題が酒の肴となっている飲み友・・・釣りは全くしない ) と焼き鳥屋で飲んでた席上、、、『 そう云えば・・・例の毛鉤釣りのブログを見付けて読んでみたけど、、、数日置かずに川へ行ってて、、、魚を釣り飽きるコト・・・って無い訳 ? 』 なんて話題を振られて。。。

「 う~ん、、、例えば、、、それぞれのフットボール・チームにはチームを構成する要素から導き出された・・・特徴となるゲーム・プランや戦術・戦略があり、そしてそれが所属選手達のプレーによっていかに実践され、ひいては試合が成り立って行くのか? がフットボール・ゲームの見所である様に、、、 

 自分の"釣り"ってのは、日毎・時間毎に変わってゆく川の流れの状況に応じて、、、毛鉤釣りのゲーム・プランや戦術・戦略を自らが"監督"として考察し組み立て、なおかつ"プレーヤー"として実際にそれを実践出来る・・・ってトコが何時までも飽きない理由なのかな。。。  だから面白過ぎてハマリ・・・流れと魚の様子はどうかと数日置かずに川へ行っては毛鉤を投げてるワケさ。。。   
 プレーヤーそして監督としても世界中が一流と認める アトレティコ・マドリー(リーガ・エスパニョーラ)の ディエゴ・シメオネ監督 みたいな、、、日々のゲームに熱く挑戦し続ける毛鉤釣り師が居ても良いんじゃないかナ。。。 」  

 そんないい加減な回答に、、、釣りはしない友人も何となく納得した様で、、、その後も焼き鳥屋でのフットボール談義は続いたのでした。 

 
 Dsc017682■ こんなカワイイ岩魚の幼魚が下のような古色を帯びるまで、何年懸かるのだろうか?

■ こんなカワイイ岩魚の幼魚が下のような古色を帯びるまで、何年懸かるのだろうか?
 
       

 


 この夕暮れ、、、

そんな ディエゴ・シメオネ監督 を思わせる風貌の大岩魚と突然の遭遇。。。

 野武士のような・・・趣の在る「古色」を纏った姿に思わず見入ってました。。。


Dsc017702 


Dsc017732 


Dsc017762 
 

 風雪に晒され、、、酸いも甘いも全て経験したコトが滲み出るような傷だらけの横顔。。。

決して2枚目とは云えない・・・古色を纏った大岩魚がこれまで経て来た時を想像しながら、、、この夕暮れの邂逅に思いを馳せている。。。 


 
 Dsc017772  


 
 
 それは・・・ UEFAチャンピオンズリーグ2016・ミラノでの決勝 アトレティコ・マドリー vs レアル・マドリー 戦、、、延長を戦い、なおPK戦に縺れ、、、そして準優勝に終わってしまったチームを鼓舞し続ける シメオネ監督 の"傷だらけの"横顔を思い出して。。。 

 古色岩魚 そして シメオネ監督 それぞれに感じる魅力的な横顔。。。

 

 また川辺から。。。   良い釣り旅を。。。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

|

« 7月の夕暮れ山女魚 | トップページ | 32時間 ~ 岩魚の渓 ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/63870863

この記事へのトラックバック一覧です: 古色岩魚:

« 7月の夕暮れ山女魚 | トップページ | 32時間 ~ 岩魚の渓 ~ »