« 5月晴れの山女魚 | トップページ | 5月雨の夕暮れ »

2016/05/17

5月の夕暮れ 2016

 雪が少なかった冬を越えた・・・この5月も半ばを過ぎ、、、いつものシーズンより広瀬本流の水の落着き方が速まっているせいなのか?  それに伴って・・・水生昆虫の活動も早まっているように感じてました。 

すでに、、、午後~夕暮れにかけての広瀬本流 (中流域) の川面では、、、モンカゲロウの羽化活動が本格モードに突入しているようです。


Dsc016252 

        
 深瀬のヒラキ岸際、、、そしてプールのカケアガリなど、、、少し上手の砂底より モンカゲロウのNymph が多数浮上し、そのまま流下しながら羽化する様子は圧巻です。   

昨夕、広瀬本流の川辺に立ち、、、そんなモンカゲロウの羽化する様子を眺めていましたが、、、気温が急降下する日没直前の一時はそれこそ紙吹雪が舞うくらいの勢いでした。

 そんな羽化途上のモンカゲロウの流下を待ち構えていたのは・・・大きなウグイ達ばかりでしたが。。。

 その後、夕闇が降りてくるのに伴い、、、冷たい川風が流れ始め、、、竿を握っている手指が痺れる位に気温が急激に低下したからか、、、水生昆虫の羽化活動も止んでしまい・・・ 期待していた 川面を走らせて誘うトビケラ毛鉤の釣り は 巨大ウグイ の連発モードとなってしまいました。。。  残念。 


 

 まぁ、、、そんな事情も在り、、、「メンタル」仕切り直しの釣りに・・・仕事を早めに切り上げ・・・今夕は、日没までの2時間だけ広瀬川・上流域の川辺へと駆け付けていた次第。

 
 もう5月も半ばを過ぎたからと・・・沢登り用タイツにスパッツ+ウエーディング・シューズという初夏~秋仕様で流れに足を踏み入れてみたら、、、 ウ・・・ッ ! 案外、、、水がつ、、、冷てぇ~。。。 ちょいと早すぎたか ? この渓歩き仕様の軽装は。。。

 R.L.Winston DL-4 7'6" #3 を丁寧に継ぎ、リールシートに組んだ Waterworks Purist 1 より長めに取った 6X の先糸を引き出し、、、これに手製のトビケラ毛鉤 #16 をフリーノットで結束。


 さて、、、行くか。。。  
 


Dsc016272 


Dsc016282 


Dsc016312 


Dsc016342 


Dsc016372 


Dsc016382 


Dsc016402 

 夕暮れの暗緑色を写した水面に流れる トビケラ毛鉤 へ浮上波紋。。。

   1拍半を送って・・・ラインを滑らせるように穏やかなセットフック。。。   


    グウ・・ンッ    乗った !   

    水面の直下に白銀が明滅している。 

 

こんな風に・・・幾度も R.L.Winston DL-4 7'6" #3 は美しいベンディングでロードして、、、5月の渓に棲む 山女魚 そして 岩魚 の鋭く重厚なローリングに応酬していました。

 
  この5月も、、、そろそろ忙しくなって来たようです。   「川通い」そして「毛鉤巻き」に。。。

5月の良い釣り旅を。。。 

ブログランキング・にほんブログ村へ


|

« 5月晴れの山女魚 | トップページ | 5月雨の夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/63642722

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の夕暮れ 2016:

« 5月晴れの山女魚 | トップページ | 5月雨の夕暮れ »