« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/24

夏日の山女魚

 日本海にあった高気圧から吹く風は奥羽山脈を越え、、、「フェーン現象」に伴う"熱風"となって太平洋側に吹き降り、、、先の日曜日は、宮城県内の気温も「夏日」の陽気。。。

 晴天となった強い日差しも相まって、、、5月下旬の気温とは思えない [ ギラギラな暑さ ] には毛鉤釣りに出掛けようとする意気も挫け、、、渇水を続ける広瀬本流をベランダから眺めてるだけ。。。

そんな風に昼過ぎまでデスクに向かって不足している毛鉤を巻きながら・・・いったい何処の流れに行けば暑さの影響が薄いのか?・・・思案していましたよ。

 ま、、、ダラダラしながら自宅で涼んで居ても仕方ないか? と重い腰を上げたのが午後2時を廻った時分。。。


この時刻からクルマを走らせて、夕暮れの釣りまでに辿り着けるのは、、、フェーン現象による気温上昇の影響が比較的に薄い奥羽山脈の向こう側 ( 日本海側 ) の山形北部・秋田南部辺りの流れだろう・・・そんな状況分析だけで、愛車BJFWが東北道に乗ったのは午後2時半ころ。


 通過中の東北道・三本木PA付近の温度表示が 30℃越え となってたのに驚きながら、、、さ~て、、、これからどうするよ ?   何なら・・・岩手・北上山地周辺の流れまで行くのもやぶさかではないが。。。 

 ハンドルを握りながら・・・東北道をカッ飛ぶクルマの中でふたたび思案中。。。 

 いや、、、待て、、、岩手・北上山地の心当たりの流れも 田植期 + 新緑期 の渇水とこの「フェーン現象」のギラギラ気温ではちょっと厳しいだろう。。。   ここはやはり、、、奥羽山脈の向こう側じゃないのか?  初志貫徹だろうヨ。。。

 そうか。。。  ま、当たってみるか ?  
 
 
こうして、、、クルマは東北道・古川I.Cを降り、R47へと合流して、、、新庄・鳴子温泉方面へと向って走り続け。。。

さらに、、、鳴子温泉手前を走るクルマのハンドルを握りながら・・・三度目の思案中。。。

出来れば、、、日陰の流れなら良いナ。。。  緑のトンネルの中の涼しい流れ・・・と。。。 
これまでの釣り旅の記憶がアタマの中でフル回転している。。。 

     

 挙句、、、R108号・湯沢方面へとR47から更に分岐したのが・・・午後4時直前。  
いやはや。。。夕暮れの釣りに・・・そんな事してて間に合ったのか ?                       


 いや~。  それでも・・・なんとか・・・夕暮れまでに三度目の思案で目的地となった秋田県側の川辺まで辿り着き、、、僅かな時間でしたが夕暮れの毛鉤釣りが出来ましたヨ。。。

 「論より証拠」・・・ 山女魚達の画像でどうぞご確認ください。。。


Dsc016672 


Dsc016702  


Dsc016712 


Dsc016732 


Dsc016752 


Dsc016782 


Dsc016792 


Dsc016832 


 
 この夕暮れの毛鉤釣りは駆け足で叩き上がったせいで・・・自ら雑な釣りした結果、、、日没直前に行き当たったプールのヒラキに位置した石影のライズを狙い通りのドリフトで・・・明らかな尺越と見えた「デケ~山女魚」を掛けたものの・・・深まる夕闇の中の取り込みを焦った挙句、、、、、ランディング寸前でバラシて。。。

 くう~~~ッ ! ・・・ この~~~ッ ! と深く深く・・・自ら痛恨する夕暮でもありました。。。


ま、、、メンタル的・時間的にドタバタと落ち着きが無い釣りすると・・・良いコト無い・・・って見本のような出来事でしたね。


どうぞ落ち着きのある・・・ 良い釣り旅を。。。
 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/22

5月雨の夕暮れ

 奥羽の山並みに掛かった「今にも振り出しそうな雨雲」を振り仰ぎながらクルマを飛ばし、、、山形側へと峠越えして、、、この夕暮れも川辺で釣り支度。。。

 川風もたっぷりな湿り気含みで傍らを吹き過ぎて行くが、、、夕暮れの雨は降りそうで・・・未だ降らない・・・なんともあいまいな空模様となった「五月雨」の釣り。


Dsc016422


 この春もまた、更新購入していた「H28年度・山形県共通入漁証」を・・・そろそろ山形の流れで活用しないと・・・そんな腹積もりで居たトコに、、、中国料理「楓林~ふうりん~」マスターS氏から耳寄り情報が。。。

 S氏からの情報だと・・・普段訪れている広瀬川の流域から、ちょいと足を延ばすことになるが・・・届いた情報を確かめるため、、、五月雨の夕暮れに、、、県境の峠越えを決行していた次第。


 訪れた流れは、宮城側の流れ同様、新緑期特有の「渇水」状況。

ま、、、流れに点在する石周りのポケットを叩き上がりながら様子見か。。。

 釣り上がりの相棒 R.L.Winston DL-4 7'6" #3 を丁寧に継ぎ、リールシートに組んだ Waterworks Purist 1 より長めに取った 6X の先糸を引き出し、、、これに手製のトビケラ毛鉤 #16 をフリーノットで結束。


 じゃ、、、行こうか。。。 

腰にぶら下げた 熊鈴 も渓に流れる湿気のせいか? 響きの音色も普段より鈍いようだった。。。 
 


Dsc016432 


Dsc016452 


Dsc016492 


Dsc016522 


 幾つか出たところで、、、五月雨が降り始め。。。

渓には「5月の夕暮れ」が急ぎ足で訪れている。。。  急がねば。。。


 
Dsc016542 


Dsc016552 


Dsc016592

 

 深瀬のヒラキから良いサイズの岩魚が出たところで、、、その先はナメのゴルジュ状になった通らず。。。

気付けば、、、五月雨はいつの間にか止んでいたようだった。

 よし、、、川通しに折り返して、、、釣り上がった折に目を付けていた プール へ戻ろう。。。 
 

----------------------------------------------------------------------------------


 

 黄昏時の"ほの暗さ"が次第に濃くなって行くプール川面に、、、モンカゲロウの流下が始まっていた。。。

   ポク・・・ン・・ッ !   ふたたび   モヤ・・・ン・・ッ !


 水面直下でモジルような穏やかなライズ・リング。。。

   そんなライズをモンカゲロウ毛鉤#10で、、、1つずつ丁寧に攻略して。。。


Dsc016602 


Dsc016632 


Dsc016652 


 
 夕闇が 毛鉤 の行方を隠してしまうまで、、、五月雨がもたらしてくれた 熱狂の毛鉤釣り は続いたようです。


お立ち寄りの皆さんにも 五月雨の僥倖 がありますよう。。。
良い釣り旅を。。。  


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/17

5月の夕暮れ 2016

 雪が少なかった冬を越えた・・・この5月も半ばを過ぎ、、、いつものシーズンより広瀬本流の水の落着き方が速まっているせいなのか?  それに伴って・・・水生昆虫の活動も早まっているように感じてました。 

すでに、、、午後~夕暮れにかけての広瀬本流 (中流域) の川面では、、、モンカゲロウの羽化活動が本格モードに突入しているようです。


Dsc016252 

        
 深瀬のヒラキ岸際、、、そしてプールのカケアガリなど、、、少し上手の砂底より モンカゲロウのNymph が多数浮上し、そのまま流下しながら羽化する様子は圧巻です。   

昨夕、広瀬本流の川辺に立ち、、、そんなモンカゲロウの羽化する様子を眺めていましたが、、、気温が急降下する日没直前の一時はそれこそ紙吹雪が舞うくらいの勢いでした。

 そんな羽化途上のモンカゲロウの流下を待ち構えていたのは・・・大きなウグイ達ばかりでしたが。。。

 その後、夕闇が降りてくるのに伴い、、、冷たい川風が流れ始め、、、竿を握っている手指が痺れる位に気温が急激に低下したからか、、、水生昆虫の羽化活動も止んでしまい・・・ 期待していた 川面を走らせて誘うトビケラ毛鉤の釣り は 巨大ウグイ の連発モードとなってしまいました。。。  残念。 


 

 まぁ、、、そんな事情も在り、、、「メンタル」仕切り直しの釣りに・・・仕事を早めに切り上げ・・・今夕は、日没までの2時間だけ広瀬川・上流域の川辺へと駆け付けていた次第。

 
 もう5月も半ばを過ぎたからと・・・沢登り用タイツにスパッツ+ウエーディング・シューズという初夏~秋仕様で流れに足を踏み入れてみたら、、、 ウ・・・ッ ! 案外、、、水がつ、、、冷てぇ~。。。 ちょいと早すぎたか ? この渓歩き仕様の軽装は。。。

 R.L.Winston DL-4 7'6" #3 を丁寧に継ぎ、リールシートに組んだ Waterworks Purist 1 より長めに取った 6X の先糸を引き出し、、、これに手製のトビケラ毛鉤 #16 をフリーノットで結束。


 さて、、、行くか。。。  
 


Dsc016272 


Dsc016282 


Dsc016312 


Dsc016342 


Dsc016372 


Dsc016382 


Dsc016402 

 夕暮れの暗緑色を写した水面に流れる トビケラ毛鉤 へ浮上波紋。。。

   1拍半を送って・・・ラインを滑らせるように穏やかなセットフック。。。   


    グウ・・ンッ    乗った !   

    水面の直下に白銀が明滅している。 

 

こんな風に・・・幾度も R.L.Winston DL-4 7'6" #3 は美しいベンディングでロードして、、、5月の渓に棲む 山女魚 そして 岩魚 の鋭く重厚なローリングに応酬していました。

 
  この5月も、、、そろそろ忙しくなって来たようです。   「川通い」そして「毛鉤巻き」に。。。

5月の良い釣り旅を。。。 

ブログランキング・にほんブログ村へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/10

5月晴れの山女魚

 大型連休の最終日となった日曜の夜明け前。

午前4時にセットしていた携帯の目覚ましアラームは、枕元で静かにバイブレーションしている。。。

   「 よし、、、すっきりと目覚められたし、、、久しぶりに・・・行くか。 」

あいにく、、、この連休中は業務スケジュールに カンヅメ だったが・・・この日も午前中のみが自分の自由になる時間。  この午後から、また仕事の準備に掛からねばならない。。。


当日、市内で開催される「仙台国際ハーフマラソン」 そして 連休最終日の交通混雑 を考えると、、、この時間内で近郊の広瀬流域へ道路状況を気にしながら往復するよりも、、、スムーズな移動が出来る東北道を利用し、少し足を延ばした流れで釣りする方が時間的にも読みやすいだろうと・・・そんな心積りで早起きしてみた次第。  

 
 愛車BJFWは、、、少し強い風の吹く、、、あかつきの東北道を快調にカッ飛ばして南下して行くが・・・果たして。。。 

 

Dsc016132 

 東北道・白石IC で 東北道 から R4 へ合流して、、、この時期、そしてこのタイミングなら・・・と目論んでいた仙南の山女魚の銘流 K川 へ。。。

 
早朝から、流れの周辺では農作業が始まって、、、 あぜ道には田植え機材を積み込んだ多くの軽トラックが行き交っている。

 この様子だと、、、流れに入る代掻きのニゴリで・・・釣りにはキツイ状況か ?


 
Dsc016152

 


 心配しながら、流れの様子を伺うと、、、本格的な代掻き作業前の時刻だったから、未だ薄ニゴリの段階。。。

さて、、、それでは このニゴリがキツク なる前に、、、急いで釣り上っていくか。。。 

 

 R.L.Winston DL-4 7'6" #3 に組む Waterworks Purist 1 より 7X の先糸を引き出し、、、これに手製のNymph毛鉤 「量産型マダラZAKU」 #16 をフリーノットで結束する。

 河川環境が良好な、、、流れの葭原が発達し、、、そして水生昆虫の多彩なK川だから、、、この手製のNymph毛鉤 「量産型マダラZAKU」は、何時でも K川に遡上して来る山女魚達 のお気に入りだ。。。

  「よしよし、、、こんなササ濁り程度なら、、、瀬のカタとヒラキだけ狙って。。。」 

 

Dsc016182 


Dsc016202 


Dsc016212  

流れに定位した山女魚から極小のインジケーターへ届いた微かな魚信を拾って・・・ 幾度か R.L.Winston DL-4 7'6" #3 は大きく撓り込み、、、グッグッ・・・とコシのある K川の山女魚の遁走 へと応酬した。。。


 5月晴れの山女魚釣りも久しぶりに訪れた K川 から、、、祝福されたようです。 
 

Dsc016232 


 
 この連休明けは流れもまた静かになりますね。    5月の良い釣り旅を。。。 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »