« 鱒釣りセラピー ~ 荒雄川C&R区間 ~ | トップページ | 山女魚の春 ふたたび »

2015/10/29

ずぶ濡れランディング考 ~ 荒雄川C&R区間 ~

Dsc015682 

 奥羽の山並みを越えた、、、北向きの「木枯らし」風が強い午後。。。

荒雄川C&R区間の川辺に・・・「鱒釣り中毒患者」は先日のセラピーが足りなかったのか? 、、、性懲りも無く "再び" 舞い戻っていた。


 先回の釣りでは、、、掛けた巨鱒を取り込む際 ・・・広瀬本流でふだん使用していた山女魚用・・・ネットでは鱒の扁平で巨大な魚体が見た目で明らかにネット・フレームを潜り切れず、、、

 ヒザ上水深の瀬へとウエーディングする中、、、限界まで撓り込んでいる R.L.Winston DL-4 8' #4 を右手に保持しながら・・・中腰姿勢でランディングに行った自らが、、、くそっ ! ままよ・・・と強引にランディングした瞬間。。。

 魚体の半分がフレームからはみ出たまま・・・フレームにハマった巨鱒は激しくローリングし、、、その加重と激しいファイトに、、、踏ん張っていたはずの足元のバランスは崩れ、、、ネットの巨鱒ごと右半身を水没させてしまう・・・という不手際さ。。。


 ザバッ ! ウッ・・・冷めてーーーーーっ !  くそっ !   

  慌てて・・・流れの中から水を滴らせながら上体を起こして。。。    

 竿と鱒は・・・大丈夫か ?!    

  無意識に左手で支えたネットの中で・・・・・バシャバシャ・・・・・半身だけフレームにハマったまま、巨鱒はネットの中でのた打ち回っていた。。。 

   いや、、、ラッキー !     しかし、、、なんて無様なランディングなんだ・・・「 カッコ悪りー ! 」


 羽織っていたフリースから水を滴らせながら、、、寒々しい"濡れ鼠"ズブ濡れ姿 ・・・ それでも、日没近くまで鱒釣りを続けたせいで、、、帰り道の運転中には発熱を自覚して。。。


Dsc015672 


 そんな苦い記憶がきっかけとなり、、、帰宅後すぐに 「60対応するランディング・ネット」 の導入を決めた次第。


 正直なトコ、、、これまでは『 大型フレームのネットは大きく嵩張って重くなるだけで、移動の際にも気を使うし、そんなモノを一日中背負って歩くのは勘弁ね。 』なんて・・・考えていました。

 しかし、、、荒雄川C&R区間のデケエ鱒を掛け、遣り取りしてみると、、、魚体に比してランディング・ネットのサイズに余裕が在れば、、、どのような局面でも躊躇無く、強めのランディングへ持ち込めるので・・・結果、これまでよりも取り込みまでのスピードアップが図れるコトに遅まきながら・・・気付いて。。。

 これは・・・ランディングされる 鱒 にも"優しい"ワケで。。。

 ま、私メンタル的に云えば「釣りゴコロ」にも 余裕 が出来る・・・ってコトなのかと。  デケエ鱒を掛ける度に、今度の鱒はネットで掬えるサイズか? なんて一々余計な心配しなくて良い分だけ。。。鱒との攻防に集中出来る訳ですから。。。

 個人的には、、、取り込んだ魚のサイズの大小がどうであれ、、、あれこれ駆け引きして・・・その魚を毛鉤によって魅惑し・・・引き出し、セットフックするまでが自分の毛鉤釣りの関心事の中心で、、、セットフックが上手い具合に成って・・・魚が走り出した途端、、、その「興味の色彩」は急速に薄れて行くように感じていました。 

 だから、、、出来るだけ早く取り込みたい、、、そして次の魚とまた毛鉤で駆け引きしたい・・・という自己欲求に続いていて。。。   

 そうした結果、、、魚との遣り取りが強すぎて バレ たとしても、『まだ全然ヘタクソだったナ』と。。。

 そんな・・・自己欲求の塊のような山女魚釣りの延長として・・・ 7X の先糸を荒雄川の鱒釣りで常用する自分としては、近い将来、「8X 細糸GAME」への布石として、、、 「60対応の大型ネット」導入は正解でした。


Dsc015692


 この午後も北風が強く吹き荒れてしまい、少々、毛鉤釣りするには難儀な天候でしたが、それでも風の隙間が出来ると・・・極小型のトビケラ・ピューパ・・・流下を確認出来ました。

 落ち葉が流れ始めた水面下10cmをモゾモゾ・ピクピク微かに蠢きながら流下する スパークル・ピューパ #18/ダークトーン ・・・・・これが発見した今日・午後の「荒雄川キーワード」でした。 

 荒雄川C&R区間で・・・良い釣り旅を。。。         


■ 里見さん 取材下見の釣りの最中に突然声を掛けてしまい、失礼しました。
   明日の釣り、どうぞ愉しんでお帰りください。

|

« 鱒釣りセラピー ~ 荒雄川C&R区間 ~ | トップページ | 山女魚の春 ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/62567838

この記事へのトラックバック一覧です: ずぶ濡れランディング考 ~ 荒雄川C&R区間 ~:

« 鱒釣りセラピー ~ 荒雄川C&R区間 ~ | トップページ | 山女魚の春 ふたたび »