« 鱒釣りの10月 ~ 荒雄川C&R区間 ~ | トップページ | 五月の黄昏 2015 »

2014/10/07

野暮ったい鱒釣り ~ 荒雄川C&R区間 ~

日曜の朝、薄暗い窓の外はなんだか…雲行きの怪しい天候。

台風18号接近のニュースをモニター画面上に眺めながら、、、先日の荒雄川C&R区間の釣りで鱒たちに振り切られ過ぎて、、、手持ちの毛鉤ストックに不足が出ていた「量産型マダラZAKU」をクルクル…と巻き続けている。 


以前、FlyRodders誌上で、晴れがましくもご紹介いただいた手製のNymph毛鉤「量産型マダラZAKU」。
  
シェリダン・アンダーソンの名著「フライフィッシング教書」に登場する 『 下町のビジネスマン組合がデザインしたような野暮ったさ… 』 をまさにそのまま…地で行ったような地味な印象・風貌を持つNymph毛鉤。  野暮ったさ・・・なら、、、かの世界的な名作「ヘアズイアー」Nymph毛鉤といい勝負か。 

 マダラカゲロウのNymphは全国の流れに、それこそ<量産型ZAKUのような普遍さで>圧倒的多数で生息している筈だから、流れそれぞれのマダラの生息状況に応じて サイズ・色調・流す層 をマッチさせれば・・・岩魚・山女魚・虹鱒と魚を問わずに効く毛鉤です。

鉛線ウエイトは、①シャンク半分 ②シャンク3/1 ③ノーウエイト と3区分を用意して、更にフックサイズは #12 、#14 、#16 、#18 の4サイズを組み合わせ、、、結束する 7Xの先糸 には極小のカミツブシを1コと極小のインジケーターだけ。。。


 このシステムで 「量産型マダラZAKU」 を流れに自然な状態で漂わせると。。。  それはもう。。。


時折、「量産型マダラZAKU」を探して・・・検索サイト経由で訪れてくる方がいらっしゃるので、下に画像を。
これで大まかなディティールが伝われば良いのですが。。。


Dsc012462

 

 どんよりとした雲が上空を覆った日曜の午後、、、何故か? 性懲りも無く、、、 荒雄川C&R区間の川辺に立っている老練な50オヤジ。。。

釣り疲れの感もある野暮な50オヤジが、、、さらに野暮ったい「量産型マダラZAKU」を流れの中で駆使すると、、、
 

Dsc012272


Dsc012292


Dsc012312


Dsc012352


Dsc012372


Dsc012382


Dsc012392


 こうしているウチに、、、 夕暮れを迎えると、、、 流れには シマトビケラ 、ナガレトビケラ 、そして ヒゲナガ までもが水面を走り始め。。。


Dsc012412


Dsc012422


Dsc012452 

 
 「野暮」も繰り返しそして息長く続けて行くうウチ・・・ 「粋」になる。。。

水面に浮かせたり、、、 水面下を泳がせたり、、、して、軽快でいて華やかに鱒を誘うのも良いが、、、鱒たちも50オヤジの様に連日攻められ続けで・・・ だいぶ釣られ疲れている ようです。。。

そんな時、、、地味だけど効く Nymph 毛鉤 による鱒釣り。。。はいかがだろう。


 10月の良い釣り旅を。。。


Dsc012402


 


 

|

« 鱒釣りの10月 ~ 荒雄川C&R区間 ~ | トップページ | 五月の黄昏 2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/60440108

この記事へのトラックバック一覧です: 野暮ったい鱒釣り ~ 荒雄川C&R区間 ~:

« 鱒釣りの10月 ~ 荒雄川C&R区間 ~ | トップページ | 五月の黄昏 2015 »