« 山女魚 来る ~ 広瀬本流 | トップページ | 黄昏の魔弾 ~ 広瀬本流 »

2014/05/10

5月の黄昏 2014 ~ 広瀬本流 

 カレンダー通りに連休・・・とは「問屋(業務)が卸してくれない」・・・自分の黄金週間。

まあ、、、毎年のコトですが、、、ここ数年は息子達それぞれの部活の試合スケジュールがさらに複雑に絡み合って・・・ナカナカ、釣り本位な時間も取れない状況に。。。

 そんな混沌とした時間を何とかやり繰りして、、、黄昏時ほんの僅かな時間、、、毛鉤竿片手に自宅裏の川辺へと走り、そして流れの様子を伺うのが・・・只今の"密かな"愉しみ。


 刻一刻と西に陽が傾くにつれ、広瀬本流の川面の表情も変わって行く。。。

ほんの先ほどまで、まるで生気の無かった川面に、ひとつ・・・また一つ・・・と羽化してくる水生昆虫が姿を現し始めると、暗黒色の川面へ魅入られるようにして山女魚釣り師は、危ない何かに傾いて行く。。。  

 そんな「逢魔が時」の誘い。   山女魚釣りの深み「危険な淵」へと。。。

5月の黄昏はそんな魔性を含んだ川風を連れているようです。
ゆめゆめ 「危険な淵」 には近づかぬよう。。。どうぞご用心を。


Dsc009362


Dsc009382

 先夕も、下の息子の部活仲間「ガク」君・・・毛鉤釣りを始めたばかりの中学生の釣り友・・・と川辺に立ってみたら、、、早速、海沿いの町から大学進学で引っ越して来たばかりだという青年に「毛鉤釣りに興味が在って・・・」と話し掛けられ、、、それから毛鉤釣りの面白さをアレコレ話し込んでしまい。。。

 結局、、、 50オヤジ + 18学生 + 14中坊 という 釣りバカ・トリオ が、黄昏時の広瀬本流の川辺に立ち続けていた次第。

 でも、、、その帰り足、広瀬本流のヒゲナガ大量羽化のハシリを目撃出来たのは・・・僥倖でした。


Dsc009372


5月の黄昏は、そんな釣り師同士の出会いも連れて来るようです。

また川辺で。。。  良い釣り旅を。


|

« 山女魚 来る ~ 広瀬本流 | トップページ | 黄昏の魔弾 ~ 広瀬本流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/59614941

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の黄昏 2014 ~ 広瀬本流 :

« 山女魚 来る ~ 広瀬本流 | トップページ | 黄昏の魔弾 ~ 広瀬本流 »