« 往く夏の川風 2013 | トップページ | 歓喜と焦燥と »

2013/09/03

秋雨の豊穣

 9月を迎えると、日没の時刻が日ごと加速するように早まり、、、山女魚釣りが愉しめる有効時間も本当に短くなって、、、 あと幾日、川辺に立てるか? 釣り心にそんな切迫感も現れて。。。

 秋に降る一雨ごと、、、流れに生気が蘇り、、、そして川辺には朝晩の肌寒さも戻って・・・いよいよ、秋のシーズン終盤戦も本格的になって来たようです。

 秋の夕暮れ時の流れで集中的に流下する極小型のトビケラ・パターンをまた巻足しておかないと・・・。
いや、、、コカゲロウ・パターンも無くなってたか?  あれっ!・・・Hookを切らしてたか。。。

 こんな風にして、深夜の毛鉤巻き作業も忙しくなってました。


 Dsc007752


 物寂しげな霖雨の降る、この夕べ。

昨夕、強く降った雨でそろそろ川も・・・そんな下心ありあり・・・で、様子見とばかりに釣り支度して、夕暮れの川辺へと駆け付けていました。

 薄暗いつづら折れの林道をへッドライトを点して走り抜け・・・辿り着いた山沿いの流れは、ミルクを流し込んだような低い雨雲に覆われ、、、さらに小雨も混じって、、、いくぶん早い薄暮を迎えようとしているタイミングで川辺へ到着。。。

 
 はたして・・・水位も僅かに戻り。。。

プールのヒラキでは、、、先日の雨に誘われた小型のトビケラ・ピューパの流下だろうか、、、散発的なライズが始まっている。。。


 クルマから走り出て、、、早速、いつもの釣り支度を。
竿を継ぎ、、、リールを取り付け、、、ラインをガイドに通して、、、引き出した7Xの先糸には・・・ココロ決めていた・・・トビケラ毛鉤#18をフリーノットで結んで。。。いざ!

 あっ!・・・という間の釣り支度。  
いや、、、このライズの模様を見たら、、、誰でも・・・そうなるハズ。


Dsc007872


 ヒラキに定位して、流下してくるトビケラを貪り食う山女魚、、、プールの巻き返しでライズを続けていた岩魚、、、
投げ入れた小型の毛鉤に激しく飛び付いて。。。

  雨降りとなった秋の夕べの印象的な毛鉤釣り。。。
午後6時過ぎには薄暗さも増し、、、続くライズの中、ついにヒゲナガの飛翔を目撃。。。秋の流れの豊穣


 
 僅かに40分だけの釣りでしたが、、、雨の中駆け付けた自分を流れは祝福してくれたようです。

『訪れる寂寥』を秋雨の中に実感する・・・そんな 寂の釣り旅 をまた。。。
 

 みなさんも良い釣り旅を。

 

|

« 往く夏の川風 2013 | トップページ | 歓喜と焦燥と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/58123602

この記事へのトラックバック一覧です: 秋雨の豊穣:

« 往く夏の川風 2013 | トップページ | 歓喜と焦燥と »