« 毛鉤釣りの科学? ~ ひらめき★ときめきサイエンス | トップページ | 十五夜の渓 »

2013/09/12

黄昏のライズ巡礼 ~ 2013 秋

 見る者の心に染み入るように・・・穏やかに降った秋雨の止んだ夕暮れ時。

少し汗ばむような残暑に昨日までの秋雨がもたらした強い湿気で、、、エアコンを効かせたクルマのフロントウインドーには大気中の水分がミストの様に水滴となって、、、時折、ワイパーを作動させながら、、、川へのドライブ。


 9月を迎え、、、日一日と日没時刻が早まり、、、山女魚釣り師は残された時に急かされるように夕暮れの川辺へと向かう。。。

 移り行く季節への寂寥・・・・・
このシーズンも・・・全ては満足すべき釣り旅であったろうか? と自らに問いかけてみる。

 記憶に在る川は眠らず、、、  

そしてまた、、、この黄昏も、、、山女魚を追い掛ける釣り旅は続いている。。。 


Dsc008172


 シーズン終了まで残り時間僅かとなってしまった今夕も時間を遣り繰り算段して 黄昏のライズ巡礼 へと出掛けていました。

 薄暗さが増し始めたつづら折れの林道をへッドライトを点して走り抜け・・・辿り着いた山沿いの流れへの到着は17時を少し廻った頃。

 雨降りだった先夕より水位は明らかに下がっており、、、夏場の渇水した頃と同じような少々厳しい川の状況。

  この様子では、、、日没頃に集中して起きる、極小型のトビケラ・ピューパの流下待ち、、、か。
  まあ、、、あせらずのんびり行こうか?


夕暮れの川辺で、いつもの釣り支度。

R.L.Winston DL-4 7'6"#3 を丁寧に継ぎ、、、Lamson Litespeed 1.5 をリール・シートへ装着し、、、クリーニング・メンテナンスを終えたばかりのDT3Fをガイドに通して、、、引き出した7Xの先糸には・・・先夕も活躍していた・・・ショート・シャンクのトビケラ毛鉤#18をフリーノットで結べば。。。  手馴れた準備は完了!

 さて、、、後は、ライズを待つだけさネ。。。

タバコを一服と。。。  フーッ、、、ウマイね。。。


Dsc008132


 
 18時直前、、、薄暮の下で、、、突然トビケラ・ピューパの流下が始まった。
集中的にライズを続ける山女魚の強い気配をこの深瀬から感じている。

 
 ザラ瀬が流速のある深瀬に変わる辺りの対岸からいやらしく大きなヤブが張り出し、、、川面を隠している。
このヤブが途切れた深瀬ヒラキの駆け上がりに・・・  明らかに大型と確信する山女魚の微かなライズが時折、川面を揺らしている。。。

 待ち続けた・・・自分に強く込み上げてくる夕暮れの興奮。。。   そして、忘れかけていたライズの熱狂。。。

   
 秋の早い黄昏が訪れ、、、暗緑色に染まり始めた川面に、瀬音に混じって感じる、、、不規則なライズの反射音だけが微かに響いてくる。。。


 あの山女魚が出るとすれば・・・・・一発目で。。。
やり直しは効かない。。。


 コンチネンタル・スタイルの幾分ルーズなループによるバックキャストでラインを後方高く滞空させ、、、続くフォワードキャストでループをコントロールしながら・・・ トビケラ毛鉤を目線の先へ。。。10ヤードの投射。

  緩やかなライトカーブ、、、 そしてリーチ。。。  
 
  ヤブの切れ目、、、深瀬の流芯の筋に毛鉤が乗り、、、 ヒラキにある目指すライズ位置へ。。。

  
    そうだ、、、、  ソコで。。。

 
    シュポッ。。。    毛鉤が吸い込まれるように。。。    黄昏の川面に起きた・・・ライズ。


      んっ!  小型だった・・・のか?


  一拍半を送り込んで、、、、、 ラインを滑らせながら、、、 穏やかなセットフック!

  
     グゥン・・・ッ!     乗った。。。
    

     グゥン・・・  グゥン・・・グン。。。
 

     暗緑色の黄昏の川面の直下に巨きな白銀色がウネリ、、、そして急速に反転した。。。

 
 
  やはり、、、大型の山女魚だった。。。     こいつァ・・・ デケェ。。。  


  R.L.Winston DL-4 がキリキリと・・・強く大きく撓り込み、、、疾く重厚なコシのあるローリングで下流へと突進を試みる山女魚へと応酬する。


Dsc008152


 遣り取りをする内に、、、流れの中に自分の姿と想いが溶け出し、、、それが糸の先で力強くファイトしている麗しい山女魚の姿に重なって。。。。。
 その瞬間だけ、季節への寂寥感が薄れ、ひたすら毛鉤釣り・山女魚釣りへと向き合う無心の自分が居ました。

 秋の黄昏に・・・美しい山女魚をひとつ掛ける度に激しく高揚して行く山女魚釣り師の釣りゴコロ。  

この夕べのライズ巡礼も、流れから祝福されたようです。


 未だ流れの中では秋羽化のトビケラが本番中、、、
それでは、、、これから、、、急ぎ毛鉤巻き作業に取り掛かることにします。


 9月の良い釣り旅を。。。
 


|

« 毛鉤釣りの科学? ~ ひらめき★ときめきサイエンス | トップページ | 十五夜の渓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/58181015

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏のライズ巡礼 ~ 2013 秋:

« 毛鉤釣りの科学? ~ ひらめき★ときめきサイエンス | トップページ | 十五夜の渓 »