« 渇水 | トップページ | 秋雨の豊穣 »

2013/08/29

往く夏の川風 2013

 先の6月の記事投稿より ・・・牛越橋の下を沢山の水が流れ・・・
気付けば、、、 山女魚釣り の季節も既に終盤へと差し掛かっていました。。。

 先年11月に逝った・・・岳父を供養する山女魚釣りの旅、、、自らの時間が許される限り、、、あれからも密かに続いていました。


 「 一匹一匹を吟味して・・・釣れ! 」 

川辺に立てば・・・釣り心の何処かで 『一平じいさん』 の言葉が蘇り、、、
丁寧に打ち続ける毛鉤の一投射ごとに、、、在りし日の岳父の釣り姿が想い出されていました。

 『もっと、、、上手だ。。。』   
   『おおっ!  イイ魚だナ。。。』
     『熊鈴着けてたか? 熊出るぞ』

そんな、、、彼岸に居る 岳父 の何気ない声援が川風に乗り、、、釣り場に立つと・・・いつも肩越しに聞こえて。。。


Dsc007702_2


 岳父の新盆となったこの夏・8月、、、高校2年そして中学2年になった息子たちと共に、、、亡きカミサンの小さな遺影も飾られた秋田の岳父宅へ帰省。

 僅か1泊だけの滞在でしたが、、、とんぼ返り日の早朝、、、岳父のお気に入りだった馬場目川へ・・・山女魚釣りに。。。


Dsc007712


早朝から馬場目川を釣り上がり、、、 ムシ暑い夏の日もさらに強まって、、、 汗まみれとなった自分。
   「 フーッ・・・ いくつかイイのが釣れたし・・・ そろそろ、引き上げるか?」 

 そんな時・・・ふと、肩越しに聞こえて来た。。。 岳父の声。
 『 もっと、、、上手のヒラキだ。。。 』

 そこは、岳父と共によく通った入渓点から数えて、、、幾つ目の深瀬だったか。
ドピーカンの夏空の下、、、夏の強い日差しが照り付けた、、、 漬物大の底石が並ぶ流れ。。。

   「 親父さん、、、ここで、、、本当にデカイのが出たら・・・塩焼きにして・・・ お供えしますゼ! 」

半信半疑、、、 8Xの先糸へ クリップル・ビートル #19 を新たに結び、、、 
深瀬ヒラキに頭を僅かに見せる底石の前へ、、、そっと、、、丁寧に投射すると。。。

 なんと・・・ デカイ のが、、、 夏の強い日差しが照り付ける流れに悠然と現れて、、、

穏やかに流れる クリップル・ビートル を、、、  もそっ、、、と吸い込んだ!


Dsc007842


 マジで。。。
 
半信半疑で静かに潜行した山女魚を見送って・・・  一拍半を送り込み、、、、、

 ラインを滑らせながら、、、 穏やかなセットフック!

  
     グゥン・・・ッ!     乗った。。。

    夏色に輝く川面の直下に巨きな白銀色がウネリ、、、 そして急速に反転した。。。
 
    山女魚だ。。。   こいつァ・・・デケェ。。。  


 R.L.Winston DL-4 7'6" #3 が大きく撓り込んで、、、疾く重厚なローリングでさらに下流へ突進する大型の山女魚へと応酬している。


 大山女魚と遣り取りする肩越しに、、、夏の川風に乗って・・・岳父の声がふたたび聞こえたようです。

 『おおっ!  イイ魚だナ。。。  そっと・・・大事にイケ。。。 』


 
 これからも、、、山女魚釣りの名手だった岳父の声と・・・また、山女魚の釣り旅を。

立ち寄っていただく皆さんの良い釣り旅をと・・・川辺より祈りながら。。。


|

« 渇水 | トップページ | 秋雨の豊穣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/58088785

この記事へのトラックバック一覧です: 往く夏の川風 2013:

« 渇水 | トップページ | 秋雨の豊穣 »