« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/06/09

渇水

 雨の少なかったこの5月。
6月を迎えても相変わらず好天が続き、ベランダから見える広瀬本流は大きく水位を落としていました。

 どうした訳か? 毛鉤釣り師にとって「雨の降らない6月」は、変化に乏しい・・・水位の増減に伴った水生昆虫の羽化に全く期待の持てない・・・何とも味気の無い日々となる訳で。

 この6月、夕暮れ時の広瀬本流の川面の静けさと云ったら・・・そりゃあ、寂しいモンです。。。
始まったか?・・・あっ! という間に「打ち止め終了」ってナ具合で。。。


Dsc007302

 まあ、、、こんな時は水源の森を偵察方々、ちょっとイタズラしに。。。


 
Dsc007352


 しかし、、、案の定と言うのか? もちろん、、、広瀬本流上手の渓流域の流れも大きく渇水しており、辛い状況は一緒。。。

 
 匍匐前進・・・抜き足、、差し足、、忍び足で渓を遡行しながら、中腰の姿勢で通常なら在り得ない立ち位置から毛鉤の遠距離投射。
遠浅になったザラ瀬のヒラキの石周りに定位した、超敏感・山女魚・岩魚に8Xの先糸に結んだ20番の毛鉤をピンスポットで打ち込んで行く。。。


 Dsc007332


Dsc007362


Dsc007402


Dsc007422

 長い時間を無理な姿勢で遡行したせいなのか?  翌日は腰痛が辛くて・・・この好天続きをポヤくこと、しきり。

まあ、それでも・・・熊鈴をチリチリ鳴らしながら、単独行の渓歩きも悪くないナァ・・・と実感。


 渓風に乗って聞こえてくる春ゼミの鳴き声にも、そんな釣りは祝福されたようです。

引き続き、6月の良い釣り旅を。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »