« 不思議な釣り ~ 晩秋から初夏へ | トップページ | 渇水 »

2013/05/26

5月の黄昏 2013

 初夏の強い日差しも青葉山の西に去り、、、広瀬本流は美しい夕焼けに染まった5月の黄昏。

雨が少なかったこの5月も既に下旬、、、この時期の広瀬川としては大きく渇水が続いており、釣り人そして遡上する山女魚、羽化する水生昆虫、それぞれが厳しい状況下に過ごしていました。

 しかし、、、だからこそ山女魚釣り師を自認する者なら、、、川辺に立たねばなるまい。
流れの行方を見届けるために。。。


Dsc007282


 これまでの 自らの経験 と 数多くの川辺での観察結果 、そして 多少の希望と使い勝手 を基に、広瀬本流の山女魚仕様として模索を続ける自製の「逢魔が時」、、、以前、FlyRodders誌面上に晴れがましくもご紹介いただいた毛鉤。

 この「逢魔が時」も既に2013式へとアップデートして、、、このプロトタイプを現在試用中。


Dsc007322

    ■ 「逢魔が時」 ■ 2013プロト
    この毛鉤名で検索いただく方がいらっしゃるので、画像を6/8付でアップしました。
    大まかなディティールはこれで見当が付くでしょうか?
    水流との絡み・掴み・浮き具合、そして茫洋としたシルエットで誘う・・・のが"キモ"です。
    
    手元作業がおぼつかない、老眼の進んでしまった近頃は・・・
    ① あれこれとゴテゴテにアイディアを盛り込まない、
    ② その毛鉤が狙いとする本質追及の一点突破で、
    ③ シンプルで居て、手軽に量産も効き、それでもココという場面では安定した効果が望める
     ・・・そんな毛鉤巻きをするようになってました。

    毛鉤は、その遣い手・創り手と共に、変わって行くモノなのですネ・・・。  


 この5月は、、、『こんなイメージで流れに向かいたい』とディティールへのアイディアが閃いたら・・・ちょいとクルクル巻いて・・・、それから現場に出て試して・・・、、、 『う~ん、ココがちょっとなァ。』と、また使い勝手を直しながらクルクル巻いて。。。  

 そんな訳で、、、大量羽化中(確率変動中?!)の川辺に出るから、結果、釣れてしまい・・・こんな風に際限の無い、アタマの中は"閃きっぱなし"の危険な釣りセッション・モードに突入中。

 大丈夫なのか? 俺は。。。

 まあ、正直面白すぎて・・・厭きませんね。  5月の黄昏時の釣りは。。。

みなさんの良い釣り旅を。  この5月も。


 

 

|

« 不思議な釣り ~ 晩秋から初夏へ | トップページ | 渇水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/57465936

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の黄昏 2013:

« 不思議な釣り ~ 晩秋から初夏へ | トップページ | 渇水 »