« 道草 | トップページ | 熱狂の6月 2012 »

2012/06/03

5月の黄昏

 取引先との電話による業務連絡が一段落して、、、壁掛時計に目を遣ると18時を少し回った頃。。。
晴天で迎えた5月の末日も西陽が翳り始め、広瀬本流を見下ろせる窓辺には初夏の黄昏が訪れている。

 さて、、、そろそろ、、、行くか。。。

 べランダに干していたウエーダーとウエーディング・シューズを取り込み、そのまま玄関へと移動し、釣り支度を始めている。。。  いつの間にか、生活習慣のようになってしまった『晩飯前の釣り』。

 無意識の内にも流れるようなリズムで支度は整い、、、気付けば、、、玄関口からフル装備の毛鉤釣り姿で、広瀬本流の川辺に向かって歩き出している。。。


 3月、4月、そして5月と・・・・・今シーズンは自らの業務都合で、全く川辺に立てない日々が続き、、、広瀬本流にあれだけゴーゴーと流れていた 雪代水 も、、、気付けば、いつの間にか渇水している。。。

 5月初旬にあった記録的な豪雨による大出水の影響で、広瀬本流の流れは見た目にも大きく変わって、、、改めてまた、一から流れと向き合い、山女魚の着き場を探すことになるようです。


Dsc004172


 5月最後の夕暮れ。

18時45分を廻り、水面にうっすらと夕闇が降り始めた頃、小規模な シマトビケラ・ピューバ の流下が起こり、長い早瀬が流れ込んだプールの白泡が消える辺りでこれを待ち受ける、、、散発的な浮上斑紋を発見!。。。

 ズボ・・・ッ!    ガボ・・・ッ!

流れが左右に撚れる度に、白泡の下からシマトビケラ・ピューパが走り出すのか? この魚は突き上げるようにして、ライズを繰り返していた。。。


 マダラカゲロウ#16 を8xの先糸に結束した Nymphing のシステムを急ぎリーダーから外し、、、深まって行く夕闇にかざしながら、、、改めて、6xの先糸に結び換え、そしてシマトビケラ・フローティング・ピューパ#18を結束する。。。

 フロータントを毛鉤の頭部に擦り込んで、準備完了。。。

どれ、、、行くか。。。


 Review FC-8303 に組んだ Lamson LS1.5 より、 XPS DT-3F をライズ位置までのメジャリング分だけ静かに引き出し、投射準備に掛っている。。。

 まだ、あのライズは続いている。。。

「白泡までの早瀬の筋に毛鉤を入れ、、、微かに躍らせながら、、、あのライズ位置まで持って行ければ。。。」


 12ヤード程の1投射目は流れの筋を僅かに外れて・・・・・流れ下る毛鉤の脇で ガボ・・・ッ! と捕食音が響き渡る。

 このーーーーっ!


 流れ切った毛鉤を静かにピックアップして、、、、、再び、、、12ヤードの投射。。。

 既に、、、夕闇は川面を暗緑色に深く染めて、、、目線の先に着水した シマトビケラ・フローティング・ピューパ#18 も流れに紛れ、波間に見え隠れするシルエットで識別するのみ。。。

 ティップを微かに震わせながら、微弱なドラッグを掛けながら毛鉤を躍らせ・・・・・ライズの主を誘い続ける。。。


微かに踊り続ける・・・シマトビケラ毛鉤が先程のライズ位置へ差し掛かると・・・・・。
 
       ズボ・・・ッ!!


 一拍半を送り込み・・・  ラインを滑らせるようにしてセットフック!

   グゥ・・・ンッ!    グン。。。  グンッ。。。

   乗った。。。。。


 暗緑色に染まる黄昏の広瀬本流の川面に、、、一瞬、大きな白銀色が反転し、、、疾く重厚なローリングで流れ下っていく。。。

 この首振りローリングは、、、山女魚だ。。。


 こうして、、、5月最終の夕暮れ、、、川辺へ立てない間に想い続けていた・・・広瀬本流の山女魚と出遭うことが適いました。。。


この続きは・・・・・熱狂する6月の広瀬本流で。

皆さんも6月の良い釣り旅を。。。


|

« 道草 | トップページ | 熱狂の6月 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/54862042

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の黄昏:

« 道草 | トップページ | 熱狂の6月 2012 »