« 6月の旅そして7月の無常 | トップページ | 一平じいさんの夏山女魚 2011 »

2011/08/05

やませ風吹く夏

 7月中あれだけ続いた厳しい暑さは、8月に入ると一転して肌寒さを感じるような冷涼な日々。

オホーツク海に居座る高気圧から日本の南海上にある低気圧・前線へと吹き込んでくる冷たい「やませ」風が、東北太平洋沿岸の地域へそんな肌寒い夏の日をもたらしている。

 不安定な天候で仙台上空では連日の曇り空続き、山沿いでは朝晩の霧雨・にわか雨が。。。

 そう云えば・・・・・ここ10年程はそうでもなかったが・・・・・自分が毛鉤釣りを始めた頃の仙台では梅雨からお盆にかけての天候って、毎夏こんな肌寒さが続いてたか?
 そうそう、、、やませ風の吹き続く夏は、低水温による水生昆虫の羽化が続くおかげで夏眠に入らないまま大型に育った山女魚釣りが愉しめたっけナ。。。と記憶にある仙台の「冷たい夏」を思い出していた次第。

 
 奥羽の山並みに冷たい「やませ風」が吹き募り、尾根沿いに低い雲が垂れ込め、ミルクを流し込んだような濃い霧雨が降り続く。。。

 夏の陽を謳歌した山の緑も今は凍え、林間に冷たい静寂が訪れている。。。8月


Dsc03530


 7月の猛暑の下、夕暮れ時だけだから・・・と、暑さをこらえてウエーダー着用で少しだけ川沿いを偵察方々歩いてみたら、、、あっという間に汗がダラダラ、、、次第に意識が遠のいて行き・・・熱中症に。


 やはり・・・なァ。。。
若き頃の自分とは、経験や知識で勝っても、体は意のままにとは行かないか。

■ 『俺は釣りが好きだから、命を賭けたくないんだよ。 死ぬと、釣りの時間が短くなるからな』
   トラウト・バム / ジョン・ギーラック ◎東 知憲 訳 ( つり人社 )    より 一部抜粋

   
 うん、、、強く・・・同感する!  賛成だ!

 そんな訳で、老い始めた体をサポートすべく沢登りの優れものウエアをあれこれ探し廻って、結局 ファイントラック社 フラッドラッシュそして フラッドラッシュアクティブスキン を見付け、早々に購入。
 
 さっそく、暑さの居残った渓に分け入り、ザバザバ・・・バシャバシャ・・・あれこれと濡れて試したけれど、着用感そして清涼感と保温性は本当に革命的。。。  
夏の暑さの下で透湿ウエーダーを着用した時の快適性は比べものにならない。

 これまでこの快適さを知らなかったコト・・・は本当に悔しいゼ!

 若き頃の自分にも、、、是非に着用をお勧めしたいと。。。声を大にして云う。
釣りに向かう時間が充実するコト請け合いデス。

肉体的・精神的に 苦しさ を感じる釣りはいけない。
時に、大モノを逃したツラサ・・・は経験してもネ。。。

 
 Dsc03533


 やませ風の吹く8月、、、天気図を眺めると・・・ふたたび夏の暑さも戻ってくる気配。

戻った夏の陽の下で、快適な8月の釣り旅を。。。


|

« 6月の旅そして7月の無常 | トップページ | 一平じいさんの夏山女魚 2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/52393494

この記事へのトラックバック一覧です: やませ風吹く夏:

« 6月の旅そして7月の無常 | トップページ | 一平じいさんの夏山女魚 2011 »