« 川風の釣り旅 2011 ~ Stairway to Heaven | トップページ | 山女魚釣り依頼 2011 »

2011/05/30

オオマダラが呼ぶ雨

 先日から降り続く雨は、今朝方から大雨に。

急激な降雨量で上流に位置するダム流域の累加雨量が70mmを越える頃、ほぼ満水となっていた大倉ダムの放水ゲートは開放され、大増水となった広瀬本流はあっという間にゴーゴーと流れる濁流と化した。

 おかげで・・・・・ここ2, 3日の間、広瀬本流の水位が落ち着くまでは連夕の釣行でちょいと不足し始めてた毛鉤を巻き貯める日々。。。  

 そう云えば、、、7xと8xの先糸も買い足しとかないとナ。

 このところ早瀬に点在する目ぼしい底石には、日毎大きくなって行く 鮎のハミ跡 を多数見掛けるようになり、、、川の季節も進んでいるなぁ・・・・・と実感。

 鮎もこのサイズになると、山女魚が捉えるにはもう無理なようですから、再び水生昆虫へと山女魚の捕食嗜好も戻ってくるようです。 
そんな彼らの食卓事情も頭の隅に入れて、これからの毛鉤を準備しとかないと。。。


Dsc00216_2


 上は、この5月下旬、広瀬本流に面した自宅のベランダへと飛来して来た「オオマダラ・カゲロウ」。
先日、釣り旅用にと新たに導入した防水カメラ DSC TX-10 の接写でパチリと。

 こんなサイズのオオマダラ・ダンが、悪天気の下、夕暮れ時の広瀬本流を群れ飛ぶ光景・・・はスゴイ迫力です。
1シーズンで1度有るが無いかというオオマダラ大量羽化のタイミングに上手く行き会えれば、大山女魚との劇的な出会いも。。。

 しかし、、、オオマダラが群れ飛ぶ頃といえば、、、いつも天候が崩れているような。。。
呼ぶのかな? 大雨を。。。マダラが。

 
 この増水が落ち着いたら、水生昆虫の羽化は本格的になり・・・広瀬本流の山女魚釣りも加速していく予感。

Dsc002172


 自らの記憶に永く深く留まり続ける 「 この・・・一匹 」。

印象深い、広瀬本流の流麗な山女魚にまた出逢いたい、、、経験に裏打ちされた毛鉤の一本一本には、そんな想いと情熱を込め。。。
そして、「必ず、釣ってみせる」・・・ 山女魚釣り師の矜持 をさらに隠し技としてオーバー・ラッピングしながら。。。
 雨降り、深夜のデスク・ワーク(毛鉤巻き)は続いて行くようです。


 川面が熱狂する6月も・・・良い釣り旅を。


|

« 川風の釣り旅 2011 ~ Stairway to Heaven | トップページ | 山女魚釣り依頼 2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/51812237

この記事へのトラックバック一覧です: オオマダラが呼ぶ雨:

« 川風の釣り旅 2011 ~ Stairway to Heaven | トップページ | 山女魚釣り依頼 2011 »