« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/15

NymphFlyの焦燥

 仙台にも桜前線が届き、そして一昨日は40ミリを越えた春の長雨、、、その後、、、発達した低気圧の通過に伴う真冬のような強い北風と寒気の訪れ。。。
 目まぐるしく急変動する寒暖の波は水生昆虫の活動にも影響して、この春の山女魚釣りを難しくしています。

 ここ数日、ナカナカ思惑通りに行かない広瀬本流の大増水した模様を眺めながら、溜まっていた業務・雑用・家事を淡々とこなすだけ。。。 そんな、釣りゴコロが鳴かず飛ばずの春の日々。。。

 仕事、天候、用足し、家事、、、何らかの理由で川辺に立てない時の、、、ヒリヒリと迫り来るような焦燥感。。。
こんな精神的にヒリヒリする春・・・を既に30以上も数えながら、再びこのシーズンも。。。

 ホント、、、危ない状況なのかもしれません。  

 
Dsc03118 さて、、、この夕暮れ、、、
そろそろ我慢も限界だぞ! 大増水中でも、風が強いとか、さらに寒気も居座って居ようが、、、断固として俺は川辺に立つ!

ヒリヒリ・・・な焦燥を振り払いに、遣り掛けの仕事を切り上げてクルマに飛び乗って。。。

 寒々とした曇空の下、北風に東北道の路肩に設置された吹流しが真横にピン!と伸びている・・・そんな天候の夕暮れ時。
雨による増水が最も早く解消する里川・Y川辺に駆け付けていました。

 しかし、、、期待したY川ですら・・・未だ平水より10cmの増水。
それでも、釣らずばなるまい。。。  釣りゴコロはヒリヒリ云うのだから。。。


 ヘビーウエイトのフリースにウインドストッパーのソフトシェルを重ね着して、防風と防寒を・・・・11月の荒雄川辺のような出で立ち。 

R.L.Winston DL4 8'#4 に組んだ WaterWorks ULA F2XLT から XPS/DT4 を静かに引き出し、、、
8Xの先糸にフリー・ノットでウエイトを施した#16オオクママダラ毛鉤を結束して、、、さらに極小のカミツブシ、、、そして手製のインジケーターを60cm上に取り付け、、、

 山女魚が待つ底波に毛鉤を挿し入れて誘う・・・そんなNymphFlyの釣り。


Dsc03116 10ヤード先の増水した深瀬のヒラキで底石による流れの巻き返しへ毛鉤が差掛かると、、、
途端に・・・ツ、ツー・・・とインジケーターが走って。。。


 今夕も増水した川辺でいくつかの流麗な山女魚と出逢う事が出来ました。


 未だ二十歳の頃、毛鉤釣りに対して日毎ヒリヒリ・・・な焦燥を抱える自分が本気で入れ込んだNymphFlyの釣り。
どうやら、この春強く感じているヒリヒリ・・・はNymphFlyの釣りに再び惹かれている影響なのかもしれません。

 懐かしき情熱の山女魚釣りを再び。。。


 良い釣り旅を。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/10

夕暮れ山女魚

 週初めに降った春雨による増水が川辺に春を連れて来たようです。

穏やかで暖かな日が続き、、、先の釣り旅から一日も欠かさず・・・夕暮れ時の僅かな時間を縫って、ライズ巡礼の釣り旅に出掛けていました。


Dsc03103_2


 夕暮れの川面には、ユスリカに混じり、ガガンボ、ヤマトビケラ、マダラカゲロウ、コカゲロウ、といった名優達も加わり、、、山女魚釣り師に本格的な春の訪れを感じさせる賑ぎやかさ。。。

 来る日もそのまた次の日も、、、釣りゴコロがカラカラに乾いた山女魚釣り師のウエーダーは濡れ続けて・・・・・仙南の名流、M川、K川、そして、、、名取川支流のM川、K川、・・・・・

 ライズ巡礼に立ち寄ったそれぞれの川では、春色を纏い始めた美しい山女魚達がシーズン始まりの挨拶に顔を見せてくれて。。。


Dsc03100_2


Dsc03097


Dsc03090


 そして、、、この夕暮れは、今シーズン初となった広瀬本流・山女魚との再会。。。

Dsc03107


 さあ、、、この山女魚が、、、加速する釣り心に期待の灯を点してしまったようです。
ゆっくりこのテキストを書き込んでる時間も惜しいくらい、、、新たに試したいアイディアが今夕の山女魚で閃いてしまって。。。

 しかし、、、明日の羽化時間に備えて・・・今夜も、あと3本毛鉤を巻いたら早寝しようか。。。
うっかりしてると、マダラのハッチを逃してしまうから。


 4月の良い釣り旅を。。。  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/03

ライズ巡礼2010

 早いもので3月1日の河川解禁から既に1ヶ月が経過。。。
毎年3月は鈍っていた足腰の筋力回復を兼ねた川辺のライズ巡礼が自分のスケジュール。

 しかし、この時期は、年度替りの業務打合せと事務処理、それに息子達の進級に伴う学校諸事のコトまで、、、目白押し。

 息子達が通う小・中学校からのお便り・書類の山を見ながら・・・親父が息子達にしてやれる事なんて・・・ホント、飯食って寝ての繰り返しばかりで、、、ちっぽけなモンだ、、、とここに至って痛感している次第。

 もしも、親父の通信簿が在ったなら、、、5段階評価で「オール1」だろナ、、、なんて一人語りしていると。。。
亡きカミさんの笑い声が近くに聞こえたような。。。


Dsc03085

 さて、ライズ巡礼の話。。。

3月末に訪れた寒気が去り、前線に伴う暖かい雨が適度に降って、期待しながらライズ巡礼に駆け付けて見れば・・・ いよいよ川辺は活気を取り戻して来たようです。

昨日、そして本日と午後遅くから夕暮れ時、タイミングを見計らってあの川そしてこの川と・・・春の記憶に残る川辺に立ち寄って見れば。。。

 水生昆虫の羽化に伴う、山女魚達のライズが! 川面を揺らして。。。

 パシャッ!、、、、、   ピシャッ!、、、、、


 くう~っ。。。  ライズしてるヨ!
こいつぁ、、、、、一発で出さないと。。。


R.L.Winston DL4 8'#3 に組んだ Lamson LiteSpeed 1.5 から XPS/DT3 を静かに引き出し、、、7Xの先糸にフリー・ノットで結束した極小毛鉤を確認して、、、エアリアル・ロールで流れにラインを乗せて送り出す。。。 


Dsc03077 深瀬に続いたプール・ヒラキの夕暮れを写す川面にはユスリカが走っている。。。

 また一つ、、、穏やかな山女魚のライズ!


 ライズ上手のフイーディング・レーンを目指して10ヤードの投射。

背後の枯れ葦を躱しながらバックキャストでラインを後方高く投げ上げて滞空させ、続くフォワードキャストで川面に影を映さぬようにレフトカーブそしてリーチ。。。

 極小毛鉤 #22は目指す川面に着水して、、、、、続く50cm程のドリフト。。。

瞬間、、、、、微かな水シワのようなライズ!


ライズを見送りながら一拍置いて、、、ラインを滑らせるように心持強めのセットフック!

 グウン・・ッ。。。  乗った。。。

 暗緑色の水面直下に白銀が反転し、疾いローリングで川下を目指し駆け下って行く。
後を追うようにラインが水面を切り進み、、、R.L.Winston DL4 8' #3 が大きく撓り込んで、山女魚に応酬する。。。


 この春は、チューリップが好きだった亡きカミさんを想いながら夕暮れのライズ巡礼を続けて行こうと思います。

それぞれが思い描く春の良い釣り旅を。。。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »