« 黄昏ライズリング 2010 | トップページ | 夕暮れ山女魚 »

2010/04/03

ライズ巡礼2010

 早いもので3月1日の河川解禁から既に1ヶ月が経過。。。
毎年3月は鈍っていた足腰の筋力回復を兼ねた川辺のライズ巡礼が自分のスケジュール。

 しかし、この時期は、年度替りの業務打合せと事務処理、それに息子達の進級に伴う学校諸事のコトまで、、、目白押し。

 息子達が通う小・中学校からのお便り・書類の山を見ながら・・・親父が息子達にしてやれる事なんて・・・ホント、飯食って寝ての繰り返しばかりで、、、ちっぽけなモンだ、、、とここに至って痛感している次第。

 もしも、親父の通信簿が在ったなら、、、5段階評価で「オール1」だろナ、、、なんて一人語りしていると。。。
亡きカミさんの笑い声が近くに聞こえたような。。。


Dsc03085

 さて、ライズ巡礼の話。。。

3月末に訪れた寒気が去り、前線に伴う暖かい雨が適度に降って、期待しながらライズ巡礼に駆け付けて見れば・・・ いよいよ川辺は活気を取り戻して来たようです。

昨日、そして本日と午後遅くから夕暮れ時、タイミングを見計らってあの川そしてこの川と・・・春の記憶に残る川辺に立ち寄って見れば。。。

 水生昆虫の羽化に伴う、山女魚達のライズが! 川面を揺らして。。。

 パシャッ!、、、、、   ピシャッ!、、、、、


 くう~っ。。。  ライズしてるヨ!
こいつぁ、、、、、一発で出さないと。。。


R.L.Winston DL4 8'#3 に組んだ Lamson LiteSpeed 1.5 から XPS/DT3 を静かに引き出し、、、7Xの先糸にフリー・ノットで結束した極小毛鉤を確認して、、、エアリアル・ロールで流れにラインを乗せて送り出す。。。 


Dsc03077 深瀬に続いたプール・ヒラキの夕暮れを写す川面にはユスリカが走っている。。。

 また一つ、、、穏やかな山女魚のライズ!


 ライズ上手のフイーディング・レーンを目指して10ヤードの投射。

背後の枯れ葦を躱しながらバックキャストでラインを後方高く投げ上げて滞空させ、続くフォワードキャストで川面に影を映さぬようにレフトカーブそしてリーチ。。。

 極小毛鉤 #22は目指す川面に着水して、、、、、続く50cm程のドリフト。。。

瞬間、、、、、微かな水シワのようなライズ!


ライズを見送りながら一拍置いて、、、ラインを滑らせるように心持強めのセットフック!

 グウン・・ッ。。。  乗った。。。

 暗緑色の水面直下に白銀が反転し、疾いローリングで川下を目指し駆け下って行く。
後を追うようにラインが水面を切り進み、、、R.L.Winston DL4 8' #3 が大きく撓り込んで、山女魚に応酬する。。。


 この春は、チューリップが好きだった亡きカミさんを想いながら夕暮れのライズ巡礼を続けて行こうと思います。

それぞれが思い描く春の良い釣り旅を。。。


 

|

« 黄昏ライズリング 2010 | トップページ | 夕暮れ山女魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/47980665

この記事へのトラックバック一覧です: ライズ巡礼2010:

« 黄昏ライズリング 2010 | トップページ | 夕暮れ山女魚 »