« 雪風の吹く頃 | トップページ | 春色山女魚 »

2010/03/06

川見

 年明け以来・・・この3月の河川解禁まで、、、晴/雨.Blogの更新は滞ったまま。
俺って・・・この間は何してたんだっけ。。。仕事漬けと言えば聞こえは良いが。。。そんな流されるまま山女魚釣師としては怠惰だった禁漁期間の過ごし方も・・・・・また、目新しいのかも。

 まあ、、、禁漁期間なりに色々とやっておく事はあるが、さほど時間的に切羽詰らないので釣りへのモチベーションはダラダラに。 

ウエーダー、ウエーディング・シューズ、フライライン、ウインドストッパーのアウター・シェル、、、etc とヘタリ始めてローテーション更新時期に入った道具・アイテムは順次入れ替え、さらに消耗していたティペット、リーダー、シンカー、フロータント類の補充も一通り、完了していたが。。。

 そう云えば・・・暫く迷った挙句、ドラッグの初期滑り出しの優秀さに惹かれて 広瀬本流用のR.L.Winston WT804-TMF へ WaterWorks F2XLT というフライリールを十数年ぶりに調達したり。。。
 
何せ・・・極小サイズ(#20~22)毛鉤 に 8Xの先糸 なんて組合せで「広瀬本流のデケー!山女魚」を狙う場合(雪代明けの時期に)、セットフック後の強烈な首振りローリング + 長息で重厚な走り が命取り、、、そんな細糸システムを上手くカバーリングしてくれる糸送りの秀逸なドラッグ・システムが不可欠と。。。
 試して見ると・・・ドラッグ・ダイアルを開放から締め込んで行き40~45度の位置が自分のシステムには良いようでした。  細やかなギアの歯数によるラチェット音も密やかに、永く川辺の相棒として愛用出来そうです。。。
  

 さて。。。ダラダラしてる間に今シーズンも気付けば「解禁」。

Dsc03035 取り急ぎ、雪代の入り始めた川でも見て萎えていた気持ちを奮い立たせようか?と県南の名流M川へ。

 久しぶりにウエーダーを身に付け、いきなり膝上の遡行を続け、、、運動不足で衰えた太腿の筋肉がピクピク悲鳴を上げ始めた頃、辿り着いたこのスポットに単発の水シワのようなライズを発見!

 
 まあ、、、、、結果は聞かんで下さい。
あくまで・・・・・川の下見なんだから。。。

 雪代が収まり始めた夕暮れ時はユスリカも幾らか濃い目に流下していたし、、、もう川の中では本番モードなのかも?

自分同様、ダラダラ・モードの皆さんは、急ぎ、極小毛鉤を巻くべし!!


以上、解禁の川見は終了。

週末の良い釣り旅を。。。


 

 

|

« 雪風の吹く頃 | トップページ | 春色山女魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/47734783

この記事へのトラックバック一覧です: 川見:

« 雪風の吹く頃 | トップページ | 春色山女魚 »