« 追憶の川風 | トップページ | 落ち葉 ~ B川の秋記憶 »

2009/09/15

山女魚釣り依頼

 9月もそろそろ半ばに差掛かり、、、父子3人での危うげな“キャンプ暮らし”もこのところは僅かずつ、生活のリズムを取り戻せてきたようです。

 毎夕食、親父が作る山屋仕立ての荒っぽい献立に文句を言わず「美味い!」と云ってくれる・・・心優しい中一の長男と小四の次男には心より感謝を!

 しかし、今晩の炊き込みご飯の仕上がりには自分でもナカナカ・・・と。。。自己満足。  まあ、この勢いで雨降り予報となった明晩は鍋モノでも行くか?  そんな、怪しげな夕食を試して見たいという奇特な方は食材とエプロン持参でどうぞ! 

 食味役となる父子3人は味付けにウルサイので、少しばかり料理の腕に覚えの在る方のお出でをお待ちしています。


Dsc02828 先日、宮城教育大学の棟方准教授から、いきなりこんなメールが、、、

『 明日より9月末までオレゴンに出張です。
  広瀬川の残り期間を佐藤さんに託します。
  ・・・ヤマメの釣果がありましたら、写真の記録を・・・。 』

 う~む、、、このところの少雨続き、そして大倉ダムの放水が僅かとなって大きく渇水している市街地内の広瀬本流にて山女魚を探して欲しいとのご依頼。。。

 この夏中は、父子3人での危うげな“キャンプ暮らし”で全く広瀬本流の川辺には立てず、肝心の毛鉤竿ですらお盆明け直後の秋田・B川での釣り以来は触れていない状況。。。

 さて、どうしたものか?  仙台市街地、広瀬本流の9月の山女魚釣りか。。。。。

フム、、、棟方准教授の依頼に答えるには、ちょいと「リハビリ」をせねば。。。

 視界がおぼつかない夕暮れ時、秋羽化のシマトビケラが大量に舞う暗闇の中、毛鉤竿の微細な撓りから感じ取れる毛鉤投射の正確度とポイントまでの距離感、、、、、そんな山女魚狙いの為の勘所を錆付いた自分の釣りへ取り戻さねばなるまい。。。


Dsc02842 翌夕、押し迫った仕事を15時に“強制終了”して、夕飯の支度時間となる17時までの2時間は、ヴァン・モリソンをバックミュージックに愛車で東北道をカッ飛ばして、県南の山女魚の銘川・K川にて毛鉤投射の正確度を。

 往復の移動で実質45分だけのK川での釣り。

馴染みの川辺を遡行し続け、毛鉤投射の際の竿の撓りが記憶に蘇った瞬間、、、10ヤード先の流れを跨いだガンガン深瀬頭の石裏から忽然と姿を現し、、、川面を流れるシマトビケラのパラティルト#16毛鉤を音も無く捉えた大型の山女魚。。。

 セットフック直後から R.L.Winston DL4 8'#3 が大きくノサレ続け、ガンガンの流れの水面下を巨きな白銀色が疾く重厚なローリングで流れ下って行く。

 ラインは川面を疾い動きで切り進み、、、山女魚が更に下流側のガンガン瀬へと突進するのを R.L.Winston DL4 8'#3 竿一杯にタメてこれに応酬する。。。

 夕暮れの中、一人対一匹の激しい攻防。


Dsc02847 そして昨夕、心優しい息子達にドライブへと付き合ってもらい、16時30分から、夕飯の支度時間となる18時までの1時間30分は、名取川支流・K川にてポイントまでの距離感をリハビリに。

 再び、往復の移動で実質45分だけの釣り。
息子達を夕闇に包まれ始めた車内で待たせるダメな父親。。。

 馴染みの川辺にシマトビケラの流下を待ち続け、夕闇の中、毛鉤投射の際のポイントまでの距離感が記憶に蘇った瞬間、、、15ヤード先のプール流込みの白泡の切れ目にリラックスしたライズを繰り返し、、、川面直下をドリフトして行くシマトビケラのスパークルピューパ#18毛鉤を忍者のように忍び寄って捉えに掛かった大型の岩魚。。。

 セットフック直後から R.L.Winston WT-TMF 8'#4 が大きく撓り込み、、、美しいベンディングカーブでロードしながら岩魚の重い疾走へと応酬を続ける。。。

 夕闇の中、一人対一匹の静かなる攻防。


 こうして、いよいよ、、、米国・オレゴンに出張中の棟方准教授の依頼に答える準備が整ったようです。

9月の夕闇の中、広瀬本流・八幡付近、一雨の増水が入ってシマトビケラの大量流下、そして、、、、、自分と山女魚の時合が満ちる。。。  広瀬本流を取り巻く輪が完結する瞬間に再び巡り合えれば。。。


「 広瀬川遊漁シーズンの最終月となる9月。

日一日と日没も早まり、、、山女魚釣り師は残された時に急かされるように夕暮れの川辺へと向かう。。。

 移り行く季節への寂寥・・・・・

全ては充足すべき釣り旅であったろうか?と自らに問いかけてみる。

 川は眠らず、、、そしてまた、心の釣り旅も続いて行く。。。 」


 心して・・・9月の良い釣り旅を。 皆さんも。。。


|

« 追憶の川風 | トップページ | 落ち葉 ~ B川の秋記憶 »

コメント

ハナパルさん そして Noryxさん のコメントに感謝します。

いよいよ明日から秋の大型連休。
良い天気が続きそうです。

お二人それぞれの良い釣り旅を祈っています。 

投稿: 管理人・Nob | 2009/09/18 15:55

お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。
ちょこちょこ覗いて見てはNobさんのブログを心待ちにしておりました。
私も今年は色々な事があり未だ整理がつかぬままにいますが、釣りには今までに無いくらいの時間を使うことが出来た一年でした。

自分たちの生活や身の回りは凄いスピードで変わっていきますが、広瀬の流れは変わらずそこにあります。
今シーズンも残すところ2週間、よい釣行が出来ればと思います。

そうそう、私も単身ですのでエプロンと差し入れもってキャンプ生活を覗きに行って見ようかな(笑)
いずれお逢いできることを楽しみにしております、でわ~。

投稿: Noryx | 2009/09/18 11:56

前回、コメントさせて頂きましたハナパルです。広瀬川本流西洋毛鉤釣再開おめでとうございます。自分も、今度のシルバーウィークが今年最後の釣りになると思います。友人作のバンブーロッドと自作のランディングネットを、引っ提げ広瀬川水系、名取川水系の川辺に立ちたいと、思います。いつかお会い出来る事を楽しみにしております。

投稿: ハナパル | 2009/09/16 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/46214606

この記事へのトラックバック一覧です: 山女魚釣り依頼:

« 追憶の川風 | トップページ | 落ち葉 ~ B川の秋記憶 »