« 続・宵闇にトビケラ | トップページ | 続・親子鷹 ~ 広瀬本流編 »

2009/05/08

日々是川学 ~ 第2章

 大型連休も明けて、、、業務連絡の遣り取りが捗る穏やかな5月の午後。。。

いや~・・・快調快調、、、連休のせいで進捗が滞っていた仕事もお陰でどんどん進んで行くワイ。。。
よしよし、、、、、この調子なら・・・・・夕暮れ時の広瀬本流へ立てるかな?  さあ、もう少し頑張ってと。。。

 突然・・・プルルル、、、、、と携帯へ着信。。。
ン? 電話だ。 こんなタイミングで電話とは・・・・・まさか、、、業務トラブル発生か?


Dsc02796 予期せぬ着信に焦りながら電話へ出てみると。。。。。電話の主は「サクラマスの回遊行動や希少魚類・河川保全の研究・教育」をされている『宮城教育大学の棟方准教授』でした。

電話口でいきなり・・・『今夕は広瀬本流のどちらへ行きます?』 と、、、この夕暮れも、広瀬本流の川辺に立つんだろうから、もちろん自分もその釣りへ同行するゾ・・・と単刀直入な釣りへの勧誘。。。

 こんな釣りのお誘いはいつでも大歓迎だから、、、その電話であっと云う間に准教授と川辺の待ち合わせ場所と時間は決定して。。。

 18時少し前、穏やかな夕暮れを爽やかな川風の吹き抜ける川辺へ散歩に出た大勢の一般市民に混じって、ウエーダーを着けたまま、フル装備の釣り姿で歩いて行く、目立ちすぎた怪しい自分が居ました。

 隣の写真は、広瀬川辺で既に釣りをしていた 棟方准教授 のハレ姿。。。 夢中で採捕活動に励んでいます。

左利きの西洋毛鉤釣り師を市街地内の広瀬本流河畔で夕暮れ時に見掛けたら、「棟方先生ですか?」と声を掛けてくださいね。  きっと、広瀬本流に棲むヤマメやサクラマスの今を聞けると思います。

しかし・・・・・「広瀬川学、サクラマス・ヤマメ学 」= 棟方准教授が求め続ける『川学』のリサーチ・資料採集は、こんな絶え間無い情熱に支えられていると・・・・・改めて、感服した次第。。。 素晴らしい。。。


Dsc02793 今夕も日没前後に先夕ほどは多くないシマトビケラの流下が在り、続く19時30分頃をピークとしてヒゲナガの流下も発生しました。

 夕闇の中、、、ヒゲナガの流下が始まると、6Xの先糸に結束しているテスト中の「逢魔が時・09式 水面下タイプ#8」は立て続けに深瀬の中に振り切られて。。。。。

 棟方准教授ともども、、、血圧急上昇、、、心臓バクバク、、、の記憶に残る夕暮れ時となりました。


 ここ暫くはこんなヒゲナガの釣りが楽しめそうです。

「川学・・・・・とは川楽」にも通じる、、、そんな学問・研究テーマなのかも知れませんね。
准教授ご自身も真剣に夕闇の中の採捕活動に励まれていましたから。。。

 中・高校生の西洋毛鉤釣り師の諸君!、、、進学先は宮城教育大学・・・・・是非お勧めです。
仙台・広瀬本流で「川学」を実践しにどうぞ。。。


 引き続き、5月の良い釣り旅を。。。

|

« 続・宵闇にトビケラ | トップページ | 続・親子鷹 ~ 広瀬本流編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/44944698

この記事へのトラックバック一覧です: 日々是川学 ~ 第2章:

« 続・宵闇にトビケラ | トップページ | 続・親子鷹 ~ 広瀬本流編 »