« ライズ招きの水仙'09 | トップページ | 夕暮れの衝動 »

2009/03/30

酔い巻き毛鉤

 日本海に低気圧が停滞した影響で、春に向かっていた仙台周辺の流れも週中から続いた寒気とこれに伴う強風の影響で大きくスローダウンしてしまい、、、冬の装いへと逆戻り。。。

 先週末、仕事を早めに切り上げてクルマを走らせ、春先のシーズン初めに「ライズ巡礼先」として訪れてみる幾つかの流れに立ち寄ってみましたが、、、、、この寒さで雪代も止んでしまい、強い北風が川面を波立たせて、ジンクリアな水色の渕底に見通せる山女魚達は、季節の急変に緊急避難の模様。。。。。
真冬のような寒さの中、水底で凍える山女魚達が気の毒になって、、、竿を出さずに冷え冷えとした夕暮れの川辺から引き揚げていた次第。


 昨夜は取引先の送別会に招かれ、、、慣れない乾杯の音頭なんて取っているウチに・・・・・勧められ注がれるままにビール、焼酎、日本酒と・・・3種混合の深酒モードへ突入!  

 大ジョッキの焼酎水割り3杯目辺りでハッ!と我に返り・・・・・そういえば、、、深夜のデスクワーク(極小サイズ毛鉤巻き・他業務)も在るから、、、一本締め後は更に盛り上がり、ワイワイと2軒目へ向かう大酒飲み集団から密かに離れ、急ぎ帰宅して、激しく酔いも回って怪しい視界の手許でデスクに向かい作業開始。。。

 しかし、、、あれだけ酔っていたのにも係わらず、#22のミッジ・パラティルトの仕上がりは日頃と変わり無く・・・・・酔い回りで手許に迷いが無いからか?却って、スッキリとして惚れ惚れする程。。。我ながら驚くくらいの仕上がりダ。。。

 う~む、、、、、って事は、普段も酔っ払って毛鉤巻きしていた方が仕上がりも良いとか?


Dsc02720 深酒 + 深夜~夜明けの酔っ払い作業 がタタって・・・・・不覚にも、目覚めたのが午後2時30分。。。あちゃ~、、、やっちまったヨ!
 家事、雑用をバタバタと済ませ、クルマが走り始めたのは午後3時を大きく回った頃。

渋滞する市内の幹線道路を避け、目指す里川まで近道しようと東北道に上がってみれば・・・・・昨日スタートした「どこまでも1000円」の影響でこちらも渋滞気味、、、のんびり走行車線で流しながらクルマを走らせ、川辺の到着が午後4時過ぎ。。。

 西日の差し込む川辺で、今シーズン初めてとなる 「雨」のHardy Graphite-Marvel 7'8"#3/4 を丁寧に継ぎ、リールシートの The Prince 5/6 に収まった XPS・DT4 を引き出す頃には、今夕、試してみる釣りのイメージが浮かんでいる。 

 8Xの先糸にはフリーノットでTMC102Y・#21へ極薄くそして軽いイメージに巻き込んだ ソフトハックル・イマージャー のパターンを。。。 その上30センチ程に極小のカミツブシを1個だけ取り付けて。。。


 先夕、薄暮の川面を微かに揺らしライズを続けていた山女魚・・・・・底石による反転流が複雑に絡んで水面が大きく揺らめき、長いドリフトが難しい流れに極小のカディス・ピューパだけを選択し続けた魚。。。


 強い川風が夕暮れの川面を撫で付け、さざ波に揺れる水鏡・・・・・そして、波間の微かなライズ!

 モヤッ・・・、、、、、  再び、、、モヤッ・・・


 あの山女魚だ・・・・・今夕も。。。

ライズを下流側に見る位置まで静かに移動して、再び、リーダーと先糸、そして毛鉤の結束を確認する。。。
ライズまで10ヤードほど、、、複雑に歪んでは流れる深瀬の中ほどで、不規則な、、、そして断続的に起こるライズを待ち続けている。

 薄暮を迎え、、、次第に川風が弱くなると。。。

 モヤッ・・・、、、、、  再び、、、モヤッ・・・


 よ~し、、、頼むぞ。。。
左手に収めていたラインと先糸を開放し、暗緑色の流れに馴染ませて行く。

 エアリアル・ロールで水切り音を立てぬよう静かにラインをピックアップし、バックキャストはルーズなループでラインを後方高く滞空させる。
続く、切替しのフォワードキャストでラインを整えながら、ライズの上手1mへと。。。

 狙い通りの位置でカミツブシが微かな着水斑紋を起こし、毛鉤は流れに乗ってドリフトして行く。


極小のソフトハックル・イマージャーが先のライズ位置に差し掛かると、、、暗緑色の水面下に鈍い銀色が反転した。。。

 同時に、、、微弱なテンションが掛かったまま流れて行く先糸が急に張り増したのを感じ、、、静かに効いて見ると。。。

 グウーーーッ、、、と定位する山女魚の重さがティップに乗って・・・・・ 山女魚が食い上げている!

バット側のトルクで穏やかに確信を込めたセットフック!

 グン・・・ッ!   乗った!!

静かに流れる暗緑色の深瀬の中に反転する山女魚の白銀色が明滅し、、、早春の夕闇の背景に映り込んでいる。。。

 この後も難しい流れに起きた幾つかのライズを同様に捕れて、、、酔い巻きした極小毛鉤は・・・なぜか?バツグンの働き。。。


 夢中で川辺に立つウチ・・・・・フト、気付けば、夕闇と共に指先がかじかむ寒気が川辺へ訪れていました。
見上げれば、雲の無い晴天の夕暮れ空。。。  放射冷却が始まり、今夜も寒さは厳しくなりそうです。


 4月を迎えれば、、、再び、暖かさが戻ってくるようです。
山女魚達も川辺に訪れる春の陽気を待ち侘びているのでしょうか。


 皆さんの「酔い」釣り旅?を・・・。

 


|

« ライズ招きの水仙'09 | トップページ | 夕暮れの衝動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/44508271

この記事へのトラックバック一覧です: 酔い巻き毛鉤:

« ライズ招きの水仙'09 | トップページ | 夕暮れの衝動 »