« いぶし銀・・・寒河江川・大井沢C&R区間 | トップページ | 濡れたがる釣り師?~ 荒雄川C&R区間 »

2008/11/07

立冬 ~ 荒雄川C&R区間

 11月に入り、何かと気忙しさが募る日々。  来る日毎に夕暮れ時も早まっていることを仕事場の窓から実感しています。  

 そして、暦ではいよいよ「立冬」を迎えて、2008年の荒雄川での漁期もあと残すところ僅か。
諸々の事情により、、、自らの思惑通りに川辺へと立つことができなかった今年の釣り旅も、、、まさに土壇場。
だから、なおさらに川辺へ立ちたい欲求が募るばかり。。。

 そんな折、昨日の昼のニュースで「冬入りは11/7」と聞いて、、、何故か? コカゲロウのハッチ・シーンが脳裏をよぎり・・・そして、釣り心は沸き立ち・・・・・

結局、本日・朝から勝手に休みを宣言して、、、荒雄川へ向かっていました。


Dsc02625 しかし、、、なんだか、、、そんな悪だくみが天に聞えたのか? 川に向かって走り出した途端に、、、フロントガラスにはポツ・・・ポツ・・・ザー、、、と強い雨降り。  これこそ・・・出ばなを挫く雨。

寒冷前線の東北接近に伴い宮城県北部の大気が不安定になってしまったようです。

 しかし、、、そんな雨なんかに負けないぞ!と心を引き締め、、、更にクルマを進めて行くと、、、今度はゴーゴーと吹きつける強い北風が加わってキタ。。。

 まあ、それでも何とか荒雄川に行き着いたけれど・・・・・16時30分過ぎまで終日、こんな荒れ模様の天候下での釣り。

吹き荒れる雨風で、しっかりウエイトを噛ました シマトビケラ・スパークルピューパ#16 が吹流しのように真横へと流れてくのだから、川辺で難儀してましたよ。。。

 そんな悪天候下でも、、、短時間の内にコカゲロウは集中的にハッチして、大鱒はこれに熱狂してましたね。

浅場に流下してくるコカゲロウやシマトビケラを捕食する大鱒を見付け、、、気付かれぬようコッソリ忍び寄り、、、一発必中で極小毛鉤を流し込んで、、、これをライズさせる。。。
水しわのような微かな斑紋のライズ・・・・・ピャッ!・・・・・なんてフォームには要注意。  掛けてみるとデカイですから。

 

Dsc02636_2
日並さえ落ち着いていれば、まだまだ荒雄はコカゲロウの釣りで愉しめそうです。

11月の良い釣り旅を。。。


   

 

|

« いぶし銀・・・寒河江川・大井沢C&R区間 | トップページ | 濡れたがる釣り師?~ 荒雄川C&R区間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/43041670

この記事へのトラックバック一覧です: 立冬 ~ 荒雄川C&R区間:

« いぶし銀・・・寒河江川・大井沢C&R区間 | トップページ | 濡れたがる釣り師?~ 荒雄川C&R区間 »