« 一平じいさんの夏山女魚 | トップページ | 再会 ~ 寒河江川・大井沢C&R区間 »

2008/09/29

美味しい水道水

 9月に入って直ぐにカミさんの大手術という私用で、また、同時に進行して行くタイトスケジュールの緊急業務で、沸騰したままの気慌しい時間を過ごしていると、、、進んで釣竿を握ろうとは思わぬまま・・・フト、、、気付いてみれば広瀬本流の漁期も残り僅かの“ドタン場”となった9月末。

 考えてみると・・・晴/雨ブログはライターが釣りに行かなければ、記事も更新出来ない訳で、、、今回、約一ヶ月に渡った長期の休筆について、毎度楽しみにお立ち寄り頂いておりました各位・皆様に、お詫び申し上げます。


 昨日は、一ヶ月ぶりに無事一旦退院の運びとなったカミさんを迎えに、入院先だった静岡・三島まで日帰りで新幹線の往復。
暫くぶりで病室に顔を出すと、入院前よりふっくらした顔で出迎えてくれたのでちょいと安心。

 カミさんは長期入院中あまり他人と話が出来なかったせいか?さっそくあれこれ手術後と入院中の出来事を話し始めている。  4階にある病室の窓から、直ぐ傍に東海道新幹線の頻繁な往来が、そして遥か遠くに雲がかった富士山が見えていた。

 TBSでこの夏、癌治療特集のO.Aの中で大きく紹介された執刀医のY先生が全国から殺到する多くの患者さんを診療される中、激烈に多忙な時間を割いて、退院して行くカミさんのこれからの治療方針について説明下さる。

 全国を飛び歩くY先生が持ち歩いている上装丁のマル秘診療ノート?に図解入り手書きでびっしり書き込まれたカミさんの診療記録を開きながら 「うん・・・そうやね、、、いろいろあれから検討してたが・・・先の手術でもう一歩のトコまで、、、根治する手前まで病巣部を追い込んでるからね、、、もすこし仙台で放射線治療してもらって、もう一度、11月には戻ってもらって手術して残ったトコ取らなイカンが、がんばろか。」と希望が感じられるありがたい言葉を掛けていただき、カミさんと一緒にトンボ帰り。


 朝、出掛けの仙台市内の気温が10℃と少しの肌寒さ、そして到着地・三島は20℃を大きく超えて半そでの薄着が丁度良い陽気。  それでも、三島で乗ったタクシーの運転手さんは「今朝から寒くなって・・・」と云うんだから、、、日本はやはり広かったか。。。

 そう云えば。。。カミさんの手術の際、立会いに秋田から遠出頂いた岳父と食事をしに三島駅前の食堂に立ち寄った折、ありふれたコップで出されて来た「水道水」が大変美味しいのに岳父ともどもビックリ!
 当地の方々は何時もの「水」でも、遠来の秋田や仙台の人間が「美味い水」と感じたのだから、、、きっと三島は良いトコロだ・・・と実感。

 何たって、ペットボトルに詰めて売っても良い様な「富士の天然伏流水」が水道の蛇口を捻れば何時でも飲め、そして料理に使える・・・そんな土地なのだから。  きっと流れに棲む魚達もイイのが揃ってるハズ・・・そんな風に、いつの間にか岳父とは釣りの話題に。。。

 まあ、三島には「狩野川」とその支流群、そして湧水で有名な「柿田川」が流れているから、当地の毛鉤釣師もそれぞれの方法で楽しんでいるか?


Dsc02592 心優しきカミさんから「久しぶりに行ってみたら・・・」と背中を押され、遅ればせながら、、、午後からの僅かな時間でしたが、山女魚の名流・K川へ「秋のライズ巡礼の釣り旅」を。

 フト、、、久しぶりに広瀬本流を訪ねてみようか?と、、、しかし、、、流れに立ち、この夕暮れ広瀬本流に起きるであろう山女魚達のライズを待つまでの時間が自分には在りませんでした。

『 悠々として急げ 』 いつかTV・ドキュメンタリーで巨匠・開高 健が紹介した名句。
日一日と・・・この秋も深まり、吹いて行く川風は強くなってきたようです。

 急がねば。。。 自分も。。。 

秋の良い釣り旅を。。。


|

« 一平じいさんの夏山女魚 | トップページ | 再会 ~ 寒河江川・大井沢C&R区間 »

コメント

 はじめまして、川の名はさん。
コメントならびに励ましの言葉ありがとうございました。

 奥様がうちのカミさんと同じ病だとコメント中にあり、気になっておりました。
主治医より厳しい内容の状況説明を受け、肉体的にも精神的にも大変落ち込んだ時期、辛い日々を抜け殻のように過ごしていた自分を救ってくれたのは、釣り旅に出た先に在る川の中で無心にライズを繰り返す山女魚達の姿でした。
 生きることに向かって一心であることは山女魚も人も同じなのだと気付いた時、少し心が軽くなって、そこからカミさんの治療に対して、積極的に向かえて行けたような気がします。

 お互い広瀬本流の川面に毛鉤を流すうち、いずれ何処かでお会いする機会も在るのではと思います。

その日まで、川の名はさんの良い釣り旅を祈っています。

投稿: 管理人・Nob | 2008/10/07 01:00

はじめまして。今シーズンにこのブログを知り拝読しています。
このところ鮎に興味が移ってフライロッドを振ることがなくなっていましたが、
来シーズン、広瀬川のどこかの瀬でお会いできるのを楽しみに、
また毛鈎を巻いてみようと思います。
同じ病気を抱えた愚妻も、私が釣りに出ずに引きこもることは望まず
背中を押してくれますが、今年は雨と仕事が交互に邪魔をしてくれました。
なかなか思うようにはいかないものです。
奥様のご回復と完治を心からお祈りします。


では、良い釣りを!

投稿: 川の名は | 2008/10/05 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/42627772

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい水道水:

« 一平じいさんの夏山女魚 | トップページ | 再会 ~ 寒河江川・大井沢C&R区間 »