« 晴招く竿 雨呼ぶ竿 | トップページ | 東風・・・山女魚風 »

2008/07/16

広瀬モンスター

 既に7月も15日を数え、、、仙台では、強い夏の日差しに暑い日が続いてました。

どうやら・・・今年の梅雨は残念ながら少雨に終わりそうな様子。  おかげで、事務所から見える広瀬本流も一旦は先日の雨降りで水かさを上げたモノの・・・それ以降、連日続いた夏の日差しに再び干上がり始めて。。。

 豊かな水の流れに黄昏の涼しい川風が吹かないと、、、ヒゲナガそして自分にとって、、、川面へ向かうには躊躇する"腰の重い"夕暮れ時になってしまうようです。。。  

 ここでさっと一雨、、、いや二雨くらい欲しい、、、そんな状況でした。。。


 

Dsc02524 実は・・・先夕の雨中の釣りで、、、印象深い出来事が。。。

 夕闇に包まれた雨降りの中、ヒゲナガ・ピューパが走り出し、、、激しいライズが始まると。。。

増水するガンガン深瀬のヒラキ側で副流が交わり、お互いの流れがせめぎ合う1メートル四方のスポットへ、波間で パシッ! と銀色が弾けるような、、、用心深さありありのごく微かなライズを発見!

 こいつは・・・デカイ山女魚かも、、、、、ずぶ濡れのままで夕闇の流れを凝視続けていると。。。。。

少し間隔を置きながら、、、そのライズが同じスポットに再び起こったのを確認して・・・・・『逢魔が時』#8を投射!

 10ヤードほどの距離をまたぎ、、、静かに毛鉤が着水し、、、続く微弱なフラッタリング動作で誘うと・・・・・
銀色が瞬いて・・・『逢魔が時』#8が波間に姿を消し、、、続いて6Xの先糸がグウ・・ンッ!と強烈に押さえ込まれ、、、、、「雨」のMarvel 7'8"#4が手元から大きく撓り込んだ瞬間。。。

 ブッツ・・・何ともいやな感触を残して、、、そのまま先糸とリーダーの結び目がブレイク!!

これまで広瀬本流の山女魚狙いでは絶対の確信を持ったリーダー・システムが、、、いとも簡単にブレイクするなんて!
だらり・・・と足元に跳ね返って弛んだラインに呆気にとられ。。。

なんてこった!   寒河江での二の舞だぞ! ちくしょーーー!

くそー、、、デケエー・・・今のは。。。ああ。。。

  デカイ・・・デカイ・・・。。。広瀬本流にも[モンスター]級が居たというのか?

 寒河江本流に[モンスター]を探して通い込んでいた頃、、、幾度か経験した[モンスター]のライズに続く、流れの抵抗+大型魚体の重量+想像を超える瞬発力・・・によるライズ~セットフック直後の瞬間的なライン・ブレイク。。。
 
 ヘタクソ・・・とあざ笑うようにして2度3度と目前で60超巨体を翻してジャンプし、悠然と流れに戻る超弩級の虹鱒。。。

 いつも諦めかけた頃に突然現れる[寒河江モンスター]・・・そんな楽しくも辛い記憶が蘇ってました。。。

Dsc02522
 先夕の出来事は、、、安直にアプローチした山女魚釣り師の痛恨にも似た感情として、深く心に刺さり・・・・・このまま、姿見ず「広瀬モンスター」は甘酸っぱい記憶の中に居座ってしまうのではないか?と恐れ。。。

 時間を置いて・・・アイツの鉤掛かりの記憶が薄れた頃、条件の許す限り、再びあの流れ、あのスポットに戻ってみよう。。。と 
 
 <難しい魚を狙い続ける釣りにこそ挑戦する価値がある> 釣り師として尊敬する ジョージ・アンダーソン はそう云ってなかったか?   先回のシステムでアイツと渡り合うんだ。。。再び、自分の釣りを取り戻す為に。
そう自分に言い聞かせながら・・・毎晩、『逢魔が時』を念入りに時間を掛けて巻き込み、、、、、ライン・クリーニングして、、、、、再び、[広瀬モンスター]と自分の時合が満ちるのを待ち続けました。


 そして、本日、、、20時過ぎ。。。
水量の落ちた広瀬本流のあの流れに待ち続け・・・・・ヒゲナガ・ピューパの僅かな流下が始まると、、、

 アイツは、、、流し込んだ 『逢魔が時』#8 を再び捉え、、、続いて、夕闇を写す川面に水柱が沸き立ち、、、

 今度は、、、、、セットフック直後の難しい瞬間をかろうじて切り抜け、、、、、

 「雨」のHardy GraphiteMarvel 7'8"#4 は激しく撓り・・・・・The Prince 5/6 の長息で激しい逆転音が川面に響き渡って。。。

 念願し続けた・・・[広瀬モンスター]と対面を果たすことが出来ました。。。


Dsc02525_2

鮮やかな体側の虹色の帯と力感を表現する砲弾型の魚体、、、そして強烈な疾走を生み出す巨大なヒレ。。。
重厚で強烈だったローリング・ファイト。。。

 汗が引き、息を呑み続けた数々の瞬間。。。激しく・・・強烈な・・・威厳ある[広瀬モンスター]との記憶は永く胸に留まるようです。

 ライトを点しながら両手で支え、静かに見ていると、息を整えた[広瀬モンスター]はその巨大なヒレを拡げ夜景の中で飛ぶように一蹴りして、、、厳かに広瀬本流の棲家へと戻って行きました。

 「いつか、、、また、、、ここで」


 今夕の釣りも広瀬本流から祝福されたようです。

7月の良い釣り旅を。。。

 

 

  

|

« 晴招く竿 雨呼ぶ竿 | トップページ | 東風・・・山女魚風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/41847951

この記事へのトラックバック一覧です: 広瀬モンスター:

« 晴招く竿 雨呼ぶ竿 | トップページ | 東風・・・山女魚風 »