« 地震後のライズ夜景 | トップページ | 夏雲 と Marvel »

2008/06/21

川止め

 岩手・宮城内陸地震から7日を数えて、、、激しい本震の記憶を呼び起こす幾度かの強い余震。。。
揺れを感じる度、ハッ!と身構え続けたこの一週間は生活のリズムが狂いっぱなしでした。

 昨日、東北地方が梅雨に入り、C&R区間のある一迫川や被災地の河川に出来た土砂ダムの復旧工事へ大雨の影響が心配されるニュースも流れており、、、まだまだ仙台に住まいする自分としては気の抜けない日々が続きそうです。


 蒸し暑さを感じた午前中、仕事の打合わせのためカレンダーを確認してみたら、明日は「夏至」・・・渓流区を除く広瀬川本流全域が 川止め期間(※6/21~6/30) に入る日でした。

  いや~、、、地震のコトで、川止めの件をすっかり忘れてた! 
 
 先夕、釣竿片手に広瀬川本流へ立ち寄り地震後の流れを確認していたものの、、、明日から10日間は広瀬川本流域での釣りが出来ない、、、こいつは川止め前に夕暮れ時の羽化の様子を見ておかねば!

そんな訳で、急遽スケジュールのやり繰りをして、夕暮れの川辺に立っていた次第。。。


Dsc02489

 19時過ぎに川辺到着。

 広瀬本流はこの時期の平水位。
日没時刻を迎えたが、曇り加減の西の空に未だ残照があり、釣り支度するには十分な明るさだった。  
ゆっくりと Hardy Graphite Marvel  7'8"#4 を継ぎ、DT4を巻き込んだ The Prince 5/6 をセットし、引き出した6Xの先糸にはフリーノットで『逢魔が時』#8を結束する。  

 先夕はヒゲナガの羽化も疎らだったが今日はどうだろう?


 19時45分を過ぎ、気配を殺して静かに膝上まで深瀬の中に立ち込み、夕闇が深く垂れ込めた水面を注視していると・・・ガンガン瀬に続く深瀬の波間に音も無く微かな 銀 が煌めくのを感じていた。

 山女魚だ。。。

 流れの同じ位置に、また僅かに時間を置いて、、、再び微かな 銀 が煌く!!


 夕闇の中、左手に収めていた『逢魔が時』#8を開放し、ラインをフリップして流れに送り込む。
水切り音を立てぬようエアリアルでのロール・ピックアップ、、、そしてライズ位置まで12ヤードの投射!

 フォロースルーで大きく上流側へのリーチ、、、そしてパドルメンド。。。。。もう一度。。。

微弱なフラッタリングで『逢魔が時』がドリフトし、、、そして先のライズ位置に入った・・・・・と感じていると、、、

  水面に微かな 銀 が煌めいた!!


Dsc02490
  ドス・・ッ!  乗った。。。。。

魚は#8の『逢魔が時』を一飲みにし、重厚なリズムのローリングでガンガン瀬の流芯に突進して行く。

  こいつは・・・大型の山女魚だ。

Graphite Marvel は大きく撓み込み、グリップまでロードしながら山女魚の強い疾走に応酬する。
激しく張り詰めたラインの先が闇に沈む流芯のむこう側に延びていた。。。。。


 幾度かの危険な瞬間を切り抜け、闇の中ツルツル滑る底石の深瀬に腰まで入りながら、、、ランディングすると。。。筋骨隆々の幅広な広瀬本流の山女魚。
 眩しいくらいの白銀を纏ったコンディション抜群の本流山女魚でした。

 この後も同じようにして夕闇の中のライズを確認しては『逢魔が時』を流し込み、幾つかの流麗な山女魚そして野生化した虹鱒と遊んでいました。


 さて、、、この記憶で、明日からの 広瀬川本流・川止め期間 を乗り切ろうと思います。

しかし、、、我慢できない場合は・・・・・G池でまた癒しの釣りか? それとも足を伸ばして寒河江モンスターに逢いに行こうか?
 いやいや・・・ヤハリ、溜まってる仕事が先だナ。。。もちろん。。。

 皆さんは引き続き6月の良い釣り旅を!


|

« 地震後のライズ夜景 | トップページ | 夏雲 と Marvel »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/41595689

この記事へのトラックバック一覧です: 川止め:

« 地震後のライズ夜景 | トップページ | 夏雲 と Marvel »