« 白昼のライズ・リング~最上白川 | トップページ | ライズ夜景 »

2008/06/02

ナガレトビケラの教え

 明るい曇り空の下、吹いてゆく風にも・・・6月の暖かさ・・・が戻って来たようです。
そんな陽気に誘われ、、、作業の手を休めてWeb上の 広瀬川本流 のテレメーター水位を確認すると。。。おっ、、、こいつは、、、週末は長雨の為、あれだけ跳ね上がった流水量も穏やかな回復モードへ向かっているようです。

 気温も久しぶりに上向きだし、、、仕事も捗ったので、、、この夕暮れ・・・様子見に出掛けてみるか。。。

昨日、最上白川へ釣り旅に出たばかりだと言うのに、この春新調したウエーダーとウエーディング・シューズは乾く暇も無く・・・・・我ながら、正直、、、呆れています。。。


Dsc02481 18時30を回った頃、、、広瀬本流の川辺に到着。
低く垂れ込めた雲が上空にあって、夕闇は早めに訪れそうだった。。。

 昨日の最上白川の川水で濡れたままのウエーダーを急いで身に付け、広瀬本流では馴染みになった Hardy Graphite Marvel 7'8"#4 に DT#4を巻き込んだ The Prince 5/6 の道具建て。。。
全長で15ftとなった7Xのリーダーシステムの先糸には、増水によるナガレトビケラ、シマトビケラの集中羽化を意識した#16のヘア・カデイスをフリーノットで結束して準備完了。  昨日の最上白川でのナガレトビケラへのライズ・シーンが記憶に強く残っていた。。。

  さて、、、この夕暮れの集中羽化はあるだろうか。。。


 時計が19時を少し回り、早めの夕闇が川面に垂れ込めてくる・・・・・

 川面を走り始めた ヒゲナガ・アダルト の姿は・・・ごく僅かだが、深瀬プールの頭に泡立つ白泡の切れ目そして反転流に・・・山女魚達の密やかなライズの気配を強く感じている。

 瀬頭の上空にはガガンボが大量に湧き出ているが。。。ライズは見えない。

 未だ水位が高いのか? それとも・・・・・。
迷う内に、左手の甲へ気配を感じて目を遣ると、、、、、ここに居るゼ!、、、、、とばかりにナガレトビケラの姿が。。。

 なんと、、、この夕暮れに山女魚達が待っていたのは・・・・・お前なのか?


Dsc02480 夕闇の中、静かに膝上までウエーディングして立ち位置を決め、増水で白泡の沸き立つガンガン瀬と瀬脇の緩流の境に僅かに出来た反転流を目指して#16ヘア・カデイスを投射。

 夕闇を映し込む水面へ毛鉤が乗り、続く微弱なフラッタリングで・・・・・一発だった。

一拍送り込み、ラインを滑らせるようにセットフック! 

   ドス・・ンッ!!   乗った。。。

暗がりの水面下に大きな白銀が反転し、重厚なローリングに続く疾い動きでガンガン瀬の流芯へと突進する。 
 
   グン・・・グン・・・・・  ギュウーーーーーッツ・・・・・

大きく撓り込んだ Hardy Graphite Marvel が美しくロードされ、7Xの先糸に留まった山女魚をいなし続ける。

 こうして、、、幾度かの危険な疾走をかわし、、、ランディングするとネットに収まっていたのは、筋骨隆々で幅広な広瀬本流の山女魚。  増水に乗じて羽化して来る ナガレトビケラ・ピューパ をたらふく食べて肥え、銀ピカで流麗な魚体が印象的でした。


 読みが当たり嬉しい・・・反面、、、昨日の最上白川での経験が無かったら今夕の山女魚との出逢いも無かった筈ですから、、、そんな場面がまた広瀬本流にも在る事を教えてくれた ナガレトビケラ に再び感謝です。

 
 さて、これから・・・記憶が薄れないウチに ナガレトビケラのピューパ&アダルト を巻き貯めようかナ。。。。。

引き続き・・・6月の良い釣り旅を。。。


|

« 白昼のライズ・リング~最上白川 | トップページ | ライズ夜景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/41409344

この記事へのトラックバック一覧です: ナガレトビケラの教え:

« 白昼のライズ・リング~最上白川 | トップページ | ライズ夜景 »