« 雪代と代掻きニゴリ | トップページ | 5月の春雷 »

2008/05/12

山背風と下り特急

 昨日は朝から低い雨雲が仙台上空に垂れ込め、シトシトと体に纏い付くような霧雨が降っていました。
そんな天候の下、クルマを走らせた国道48号・白沢沿いの電光板は・・・ 気温7℃ / AM12:30 の表示。

 5月も半ばへ差し掛かっているのに、三陸沖から冷たく湿っぽい東風~「山背風」が吹き込むと仙台は強く冷え込んで暖房器具が必要な早春の寒さが戻って来ます。


 先週中ば、、、下の息子が学校から貰って来た「強烈な嘔吐下痢症」は、瞬く間に家族全員へと感染し、週末は自分も酷いフラフラな体調で辛いの何のって。。。そこに加え、こんな寒さ、、、下り・超特急な腹具合に響いてくるものがありました。

 本来、釣りに出る場合じゃない。。。とグッと堪え明日からの業務へ備えるのが、プロフェッショナルな仕事人としての努めでしょうが・・・「5月の雪代明けにむざむざと寝ているのは山女魚釣り師ではない」・・・と言うのが自分の本音。。。いや、方針。

 運転しながら、一旦は・・・・・峠を越え、晴れ間が出て暖かな山形側の川を訪ねて見ようか?、、、そんな風に考えてましたが、、、国道に沿って流れる 広瀬川支流の新川 が水色・水量も良さそうな状態。

 まあ、、、日曜で釣り人も多いか?、、、期待せずに川の様子見だけ。。。
立ち寄る度、橋の上から見る 山女魚のライズ・シーン が橋下の平瀬に在るだけで、、、体調不良な自分としては和みますから・・・。 

 
Dsc02462
 川辺に着いてクルマから降りてみると、霧雨に早春の寒さ。。。
そんな寒さの中、釣り人らしきクルマは4台、、、直後に、林道をさらに奥へと急ぐ2人乗りの小型四駆が釣具メーカーのステッカーも鮮やかに追い越して行きましたから、都合5台か?  

 いや~、、、新川は今日も激戦だ。。。


 ミッドウエイトのフリースを手早く羽織り、いつもの橋上のライズ鑑賞ポイントへ立ってみると・・・・・やってる!

流れからまばらに浮上する ヒラタカゲロウ をヒラキに定位した山女魚達は穏やかに捉えている。

  モコッ! ふたたび  パシャッ!

 ライズしている山女魚はみな8寸くらいの良いサイズ。。。


 くう~っ、、、いいね~っ。。。やってみようか?
いや・・・しかし、、、下り・超特急な腹具合が。。。

  橋下の平瀬では  モコッ! ふたたび  パシャッ!

 くう~っ、、、いいね~っ。。。やってみようか?
いや・・・しかし、、、下り・超特急な腹具合が。。。

Dsc02460 こんな具合で30分はモンモンと橋上でライズを眺めた挙句、、、体調を忘れて、、、釣りすることに。。。。。BOXティッシュは忘れずベストに押し込んで。


 あんなに参っていた筈の体調も釣りを始めると・・・・・上り・下りの兆候が無くなり、川歩きは足元フラフラでしたがクルマからそう離れない流れを試すことが出来ました。

本音では「5月の雪代明けにむざむざと寝ているのは山女魚釣り師ではない」と豪語した若き頃の自分の体力を羨ましく実感したそんな日・・・・・。  
 
しかし、、、敢えて、若き自分に向かって反論しよう、、、『本物の山女魚釣り師とは釣るべき魚と自らの時合いが満ちるのを待てる者なのだ』と。。。。。経験と場数を踏まえ、少々老いた自分が笑って答えている。


 今しばらく、自らの時合いを待ち続けてみましょうか?
良い釣り旅を。。。 


|

« 雪代と代掻きニゴリ | トップページ | 5月の春雷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/41186811

この記事へのトラックバック一覧です: 山背風と下り特急:

« 雪代と代掻きニゴリ | トップページ | 5月の春雷 »