« ライズ招きの水仙 '08 | トップページ | 川風の釣り旅 »

2008/04/05

黄昏ライズリング

 先週末~週初めに掛けて訪れた寒気が過ぎれば、、、ふたたび仙台は早春の陽気に包まれ、ほんのりした春の暖かさも戻って来ました。

 Dsc02446 夕暮れに余韻を引くような春らしい暖かさには未だ程遠いですが、この何とも・・・「川風の絶妙な暖かさ」は難しいライズの攻略を夢見る毛鉤釣人を奮い立たせます。

 今夕もそんなシーンを目指して、川辺に駆け付けると・・・。

  午後6時15分、、、山影に西日も覆われ、夕闇が川辺に忍び寄ってくる。。。。。

  藍色に沈んでいく薄暮の川面にはひっそりと始まった山女魚達のライズ。。。。。

    パシッ! 、、、   ふたたび ピシュッ! 、、、


 HARDY / Paracona The Marvel 7'6"#4 から繰り出される #22のガガンボ・パラティルト がライズ・リングの上手30cmに投射され、水シワの複雑に絡み合う暗緑色の川面をゆったりと流れ下って行く。。。

 微かに判別できる極小の毛鉤。。。

    ピシッ! 。。。 毛鉤に向かってライズは起きた!
  

 一拍送り込み、ラインを滑らせるようにして穏やかなセットフック動作。

    グンッ! 。。。。。 乗った!


 水面は弾け、薄暮の中に白銀を散らせながら山女魚は疾った。


 
 桜花を未だ見ない早春の夕暮れに起きる、ごく僅かな時間だけの濃密なライズ・ゲーム。
幻のような 『山女魚達の黄昏ライズリング』 を皆さんはご存知だろうか?


 さて、、、今夜もこれから急ぎの毛鉤巻きをするようです。
いよいよ、アツクなって来たようです、、、川辺と、、、山女魚と、、、そして自分が。。。

 良い釣り旅を。。。 
  

 

|

« ライズ招きの水仙 '08 | トップページ | 川風の釣り旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/40767958

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏ライズリング:

« ライズ招きの水仙 '08 | トップページ | 川風の釣り旅 »