« 川風の釣り旅 | トップページ | 山背風と下り特急 »

2008/04/27

雪代と代掻きニゴリ

 先週末まで波状攻撃のように訪れていた春雨前線は三陸沖に去り、この日曜日は待ち望んだ春の陽気が仙台上空に戻っていました。

このところ続いていた雨降りと雪解による出水、そして上流に位置する大倉ダムの緊急放水まで重なった広瀬本流はこの時期よく見る[ フロートが溶けたクリームソーダ ]色の流れ。。。これが平常の倍まで水かさを増して流れ下っており、未だ釣りに出るのは躊躇われる状況。


  
 さて・・・どうすっかナ、、、広瀬本流はまた後日のお楽しみにして。。。
やっと確保した休日は良い陽気になったんだから・・・久しぶりに近所の里川へ「ライズ巡礼」に出掛けてみるか。。。

Dsc02457

 薄手のフリースを羽織ったままだと、ジトッと汗ばむ午後の陽気に期待しながらクルマを走らせて行くと、道沿いの田圃では"代掻き"作業の風景があちこちに。。。そう云えば、耕運機やトラクターが農道を我先にと走っていたっけ。。。

 ありゃ! こいつは・・・・・。  マズイな・・・・・。

良い陽気になって喜んだのは、、、山女魚釣り師である自分だけではなかったようで。。。
まさに農作業するには最適な天候。。。


 案の定、、、アテにしていた里川辺に到着してみると、代掻きの強いドロニゴリが入っている。。。ついでに草取りされた葉っぱやら枯れ葦の類まで川面一面に。。。

 しまった!
て、、、コトは、仙台近郊の里川は何処に行っても同じ?

 まあ、毎春の連休前後はこうなる。。。と判っているのですが、その年の陽気によっては、この時期が若干ずれ込むようで、今年は例年に比べて1週間から10日ほど早まっているような気がします。


Dsc02455 仕方ないナ、、、ライズ狙いは諦めて、、、山女魚たちの視界が幾分でもマシな瀬のヒラキだけ叩いて探ってみよう。。。そんな流れなら、きっと毛鉤にも反応してくるに違いない。。。

 先糸にフリーノットで結束していた#18のクリップル・ダンを外し、このニゴリ水へ僅かでも目立つように1サイズアップした#16のクリップル・ダンに結び代え浅瀬に頭を見せていた石周りを探っていくと、、、ニゴリの中から山女魚が忽然と姿を現し、流れ下る毛鉤を穏やかな動作で捉えに掛かる。

  モヤ・・・ッ!

 山女魚が反転して 一拍 + 4/1拍 まで我慢して送り込み、ラインを滑らせながら聞くようにセットフック!

   グン・・・ッツ!   乗った。。。

 ニゴリの浅瀬を見えない山女魚は疾い動きで流れ下って行く。。。

   グン、、、グングン、、、キューーーウンッ   重厚なローリング。。。

 Review FC-8303改 が美しいベンディングで撓り込んでいく。。。


 こんな風にして、今日は幾つかの山女魚と出遭う事が出来ました。
楽しみにしていた「ライズ巡礼」ならぬ想定外の「代掻きニゴリ巡礼」になってしまいましたが、山女魚達はそんな流れにも自らの居場所を見付けていたようです。

 こうして、本格的な春が宮城の流れにもやって来たようです。
このままG.W期間中も田植え作業となるでしょうから、遠出の釣り旅で立ち寄る予定なら、予備候補の流れも心積もりが必要でしょうか。

 良い釣り旅を。。。

 

 

|

« 川風の釣り旅 | トップページ | 山背風と下り特急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/41015067

この記事へのトラックバック一覧です: 雪代と代掻きニゴリ:

« 川風の釣り旅 | トップページ | 山背風と下り特急 »