« 早春のマダラ | トップページ | 黄昏ライズリング »

2008/03/30

ライズ招きの水仙 '08

 3月もいよいよ過ぎようかと云うこの週末、仙台上空は冬型の気圧配置による寒気団に覆われ、おまけに本州南岸を東へ移動してくる低気圧の影響で雨~曇り~晴~曇~雨~晴・・・とめまぐるしく移り変わる天候。

 そんな折、強めに降る春雨の中を予定の仕事で峠越えしていたら、3合目から先はフロントガラスを打つ雨が見る見る白いミゾレに代わり、、、冬が戻って来たような山の景色でした。


 明けて、、、朝から春の日差しが眩しい今日は久しぶりに業務予定が入っていない1日中フリーな休日。。。
う~ん、やっぱりココロが弾みますネ。。。何てったって1日が自由に使えるんだから。。。

 さて、、、「ライズ巡礼の川」は何処にしようか?
この寒さが残っているうちは何処の流れでも雪代もさほど気にしなくていい筈だから。。。

そうだ、、、先回の釣りでちょっと心に引っ掛かっていた・・・流れに雪代が入る前の時間帯・・・って、、、もしや。。。


Dsc02438 先回も訪れている目当ての里川に到着したのが午前11時。

 昨春見つけていた 『ライズ招きの水仙』 がこの春も川辺の同じ位置に鮮やかな黄色い花を綻ばせています。

よーーーし、、、また今日も・・・ライズの呼び込みをよろしく!

 先日の春雨の名残なのか? ごく薄く笹ニゴリが入って水位が先回よりも5cm程上がっている川面には今朝ハッチしたばかりのガガンボとコカゲロウが飛び回っていました。

 週末降り続いた春雨が水仙の開花と水棲昆虫の羽化を促していたようです。
うん、、、この様子だと、、、これから。。。

 Review FC-8303改 にDT#3を巻いた HARDY FeatherWeight を組んで、7Xの先糸へ#20のガガンボ・クリップルをフリーノットで結束する頃には ナミヒラタカゲロウ の姿が続々と川面に現れ始めていました。


 時間と共に激しくなっていく羽化の様子。
これを横目に暖かな日差しに照らされた川辺でタバコを一服しながらライズを待ち続けていると。。。


  突然、、、始まった!

  ピシャッ!、、、、、  ピャッ!、、、、、

瀬頭に位置する石裏の緩流に浮上してくるガガンボ・イマージャーに向かってライズを始めた山女魚の姿が。。。

Dsc02441

 これを・・・待っていた!

 左手に押えていた先糸と#20ガガンボ毛鉤を開放して、山女魚に悟られないよう川辺と平行した1往復のフォルスキャストでライズ位置まで10ヤードほどのラインを引き出し、、、そして、ライトカーブ+僅かに上流側へのリーチ、、、投射。

 先程のライズ位置より50cm上手に毛鉤は着水し、、、ドリフト。。。

   水ヨレに先糸が捕まる前に小刻みなパドルメンド。。。  もう一度。。。

 ライズ位置に差し掛かって更にそこから毛鉤が流れ出ようとする刹那。。。
水底から山女魚が姿を見せ、早いパッセージで毛鉤を捉えた!

  ピシャッ!!

 反転して行く山女魚を一拍見送り、、、ラインを滑らせながら穏やかなセットフック。

  グンッ!。。。。。乗った。。。。。

   グン、、、グン、、、キューーウンッ、、、

  重厚感のある山女魚特有のローリングファイト。
   


Dsc02445 薄い笹ニゴリとなった川面下に山女魚の白銀が明滅して Review FC-8303改 が美しく撓り込んで行く。

 ランディングしてみると、どの山女魚もが側線沿いに薄紅を入れて春色を纏い、桜の咲く本格的な春を待ち焦がれているようです。

 この後も時間の経過と共にさらに オオクママダラ そして 極小型のカディス が羽化の顔ぶれに重なり、雪代が本格的に出始めた午後1時30分過ぎまで、、、山女魚達と自分は春の川で熱狂していました。


 春の陽だまりにひっそりと咲いた 『ライズ招きの水仙』 の霊験に、この春もまた助けられました。
お立ち寄りの皆さんにもこの霊験が届きますように。。。

 春の良い釣り旅を。。。 

  

|

« 早春のマダラ | トップページ | 黄昏ライズリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/40695755

この記事へのトラックバック一覧です: ライズ招きの水仙 '08:

« 早春のマダラ | トップページ | 黄昏ライズリング »