« 秋色の夕暮れゲーム | トップページ | 夕暮れの秋山女魚 »

2007/09/16

岩魚の渓~夕暮れゲームふたたび

 今朝も相変わらず、、、自宅ベランダから見える広瀬本流は強い白濁の水色で流れ続けています。
自分の記憶に在るここ10年程は、これほど長期に渡り、増水後の広瀬本流に厳しい濁りが続いたのは無かったこと。 

 これまでの様子から・・・9月中に毛鉤釣りをまともに出来るまでに水色が澄み、そして水棲昆虫達の羽化サイクルの正常化を期待するのは正直、難しいのかもしれません。  例年なら、ちょうど今頃から朝晩に自宅ベランダへ姿を見せる秋羽化のヒゲナガが全く見えないのも気になります。

肝心の大倉ダムの放流水が澄み始めるのは一体、何時頃になるのか? 自分には見当が付けられない・・・そんな状況でした。

 ホームグラウンドである広瀬本流の不調は、日々の生活リズムにも大きな影響が出てしまう自分としては、何とか、早期の復調を祈り続けるばかり。。。。。しかし、山女魚達にとっては川辺が喧しくなくて大助かり!なのかも?。。。。。


 
Dsc02283  さて、晴天の真夏日の休日となった今日は、そんな広瀬本流の事情もあり、昨夕に続いて何処かの川辺まで遠出してしまおうか?なんて目論んでみましたが、片付けなければいけない家事・雑用を思い返せば、やはり無理な相談。

 まあ、何時もの休日のように、午後の幾分早めに出発して、遠い記憶に在る広瀬川の支流を幾つか 巡礼 してみよう・・・と。  大倉ダムから流れる大倉川との合流点より上流の広瀬川なら、きっと水色も澄んでいるはず。
いつも立ち寄る流れから少しだけ足を延ばせば・・・きっと美しい水色と山女魚に逢えるでしょう。  熊鈴をチリチリ鳴らしながら、木漏れ日の涼しげな渓を一人遡行して、毛鉤を射つ。。。。。のは久しぶりながら、やはり、イイもんです。  よし、決めた! そうしよう。

 う~ん、、、そんな釣りならやっぱり、、、新川、、、だよナ。
大倉川・ダム上の流れもまた、山女魚の美しさにとても魅力があるのですが、ナニせ・・・熊出没情報・・・があの流域は秋口の今時分に多いからね。。。。。最近、家畜舎に侵入して、子牛が1頭被害にあっているし、 単独行の自分は「君子危うきに近寄らず」。。。。。です。

Dsc02277
 午後4時。  新川の川辺到着。
まだ幾らか水位は高めでしたが、水色と川辺の様子は記憶に在る美しい新川のまま。。。

 昨夕に続いて HARDY J.E.T 7' #4 にDT#4を収納した The PRINCE 5/6 を合せ、7Xの先糸にはクリップル・スタイルで仕上げた ビートル #16 をフリーノットで手早く結束して、浮力剤を毛鉤と先糸へ、、、そして準備完了。  

 さあ、どんどん行こう!

川岸の砂地には連休を物語る多数の足跡。  昨日、今朝方、そして真新しい昼過ぎのもの・・・まで。

 さあ、どんどん釣ろう!

ポイント毎に先行者の足跡の立ち位置を確認して、竿抜け・・・となってそうな早瀬の中の底石で変化するポケット、ザラ瀬の岸際のヤブ下、深瀬に続く真新しい倒木のキワ、、、普通の釣り人なら敬遠しそうな何の変哲も無いポイントだけを選び遡行して行く。

 出逢うプールごとにはヒラキ側のカケアガリだけを狙って・・・・・。

  モヤ・・ッ!

 ドリフトしていた#16のビートルが水面下に押さえ込まれて、、、、、

  一拍送り込んで、セットフック!

   グンッ、、、、グンッ、、、、
   グウーーーッツ、、、、

 乗った。。。。。

   しかし、、、水を切り分けて走る糸の先には、白っぽい魚が。。。

Dsc02281_2
 ジンクリアな水色の中を走り回っていたのは岩魚。
この後も、山女魚が定位するはずの位置で、、、岩魚、、、岩魚、、、そしてまた、今度は尺岩魚。

 自分が望む山女魚は一切姿を見せず、川の中では岩魚達ばかりが狂乱した夕べ。

 ヒゲナガが舞ったイブニングの夕闇の中、遡行の最後に出会った深瀬頭の白泡の切れ目に起きたライズの主は40オーバーの岩魚。   水シワと間違えるような微かなディンプル・ライズでクリップル・ピューパ#12を吸い込み急速潜航したものでした。


 一匹は一匹・・・・・釣り人は贅沢を言わない。。。。。らしいです。

しかし、山女魚釣り師と自負する自分にとって、、、、

 『 山女魚 なのか 岩魚 なのか それが問題だ 』 なんですね。

新川の山女魚達はどうやら早めの産卵期に突入してしまったのかも・・・と気掛かりでした。
う~ん、、、、、これは、また次回の夕べまで宿題だナ。。。明日にでも早速。。。確認作業か?


 皆さんもどうぞ良い釣り旅を。。。。。


|

« 秋色の夕暮れゲーム | トップページ | 夕暮れの秋山女魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/16468231

この記事へのトラックバック一覧です: 岩魚の渓~夕暮れゲームふたたび:

« 秋色の夕暮れゲーム | トップページ | 夕暮れの秋山女魚 »