« 6月の夕暮れ | トップページ | 川辺の幸福色 »

2007/06/03

ヒメフタオカゲロウの流れで・・・

Dsc02226
 業務休みとなった今日は、朝からの曇り空。
う~ん、毛鉤を流しに出掛けるのには良い釣り日和ダ。。。クルマを走らせて、何時も試している自宅周辺より上流側の広瀬本流の様子を確かめてみようか?。。。ここ暫らく立ち寄ってなかったから・・・

 そんな風にフト思い立ったのは・・・午後2時過ぎ。

釣り支度の一式をダッフル・バッグに放り込み、これを車に積み込んで自宅を出発したのは午後2時30分を廻った頃でした。

 広瀬本流沿いには立派な国道も走っていますから、心当たりあるポイントを通り掛る度に路肩へクルマを寄せては流れの様子を伺って行くと、、、う~ん・・・水位・水色も良さそうな状況だし、これなら見て来たどの流れでも山女魚は出て来そうです。。。

 問題は、、、流れの羽化状況か。。。山女魚達が水面に向かって上ずって居てくれると良いが。。。
ひとつ、、、以前通い込んでいた葦原沿いに長く続いている深瀬のポイントまで走って、久しぶりに反応を試してみよう。。。
あの流れなら、、、水棲昆虫の大きな流下さえあれば多くの山女魚がライズするに違いない。


Dsc02217 目指す流れに到着してから釣り支度を手早く終え、それこそあっという間に川辺へ立っていました。
そして、、、渡渉しようか、、、と足を流れに入れてみると・・・小魚の大きな群れがワッ!と足元から走り逃げています。。。。。

 ん~、、、何の稚魚だ?  なんだか凄い数で走り回ってるぞ!
改めて、、、足元を覗き込むと、、、実は稚魚なんかじゃなくて、、、それは羽化も間近かな ヒメフタオ・カゲロウ の終齢ニンフの群れでした。
 丁度、いつもの防水カメラだから・・・と水中で近接撮影したのが左の画像。  画像の中に4匹のヒメフタオが居るのが解りますか?

 いや~泳ぎが素早いから魚では・・・と思ったら、、、実はヒメフタオだったか。。。
もう間も無くハッチするのか。。。こいつらがまた、釣りを面白くしてくれるかな。。。

 もっぱら陸上羽化のヒメフタオですが、この夥しい数がスピナー・フォールとなる場面を想像すると、やはり山女魚達は熱狂するに違いありません。   よしよし、、、この流れもこれからはマークしておこう。。。


Dsc02220 この後、夕暮れまで流れの様子を伺いながら、気になる流れにコカゲロウ・イマージャーを暗示する極小の毛鉤を流して、幾つかの美しい山女魚と出会うことが出来ました。

 しかし、、、今夕は大規模なハッチも起こらず、川面に目ぼしい山女魚のライズも見えなかったのが気になります。   ハッチが少ない為、山女魚が上ずって居ないだけなら良いのですが。。。 
本来のこの流れなら、、、山女魚によるもっと多くのライズを目撃しているはず・・・。

 しばらくは、この流れの様子を注意深く見続けてみようと思います。

 良い釣り旅を。。。


 


|

« 6月の夕暮れ | トップページ | 川辺の幸福色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/15305241

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメフタオカゲロウの流れで・・・:

« 6月の夕暮れ | トップページ | 川辺の幸福色 »