« 雪代の山女魚 | トップページ | 五月雨の山女魚・・・再び »

2007/05/01

五月雨の夕暮れ

 朝から曇り空となった仙台では、外出すると少々肌寒さを感じる天候でした。

連休前から春雨に続く陽気で雪代が入り込み大きく増水していた広瀬本流も、水位計テレメーターをWebで確認していると昨日から水位が穏やかに下がり始め、今朝のベランダから見えた状況では明らかに 釣りが出来る ところまで落ち着いて来ました。
 まあ、それでも未だ未だ水位は普段より高い状況ですから、探れる流れは限られて来ます。

 う~ん、ここはひとつ、、、夕方、時間が取れたら広瀬本流の羽化状況の偵察に出掛けないと・・・。
先日訪れていたM川では ヒゲナガ の飛翔を夕暮れに多数見掛けていたので、、、広瀬本流の状況も例年より前倒しで動き出している可能性を考慮しないといけません。


Dsc02138 勢い込んで朝から作業の段取りしては時間を作るべく調整に励んではみたものの・・・打合せの外出先から戻って時計を見れば、午後5時15分。
 薄暗さの増した一面の曇り空からは小雨がぱらつき、今にも本格的に降り出しそうな空模様。

 ありゃ~、、、どうしようか?  時間も時間だし、どれくらい川辺にいられるか・・・ちょっと億劫だな。。。

 いやいや、こんな天候でこそ、、、川辺ではハッチがバリバリでライズの嵐。。。だったりするゾ。。。

 
 自分の中に僅かばかり葛藤はあったモノの・・・結局、ハッチがバリバリ・・・の 誘惑 には勝てず、、、急ぎ、玄関で釣り支度を整えて川辺に走り出たのが午後5時40分。

曇天の下、川辺の夕暮れの訪れは早く、既に夕闇が視界の中へ入り込んでいた。


Dsc02142 増水した広瀬本流の分流を渡渉して、広瀬本流用の REVIEW FC-8303改 を継ぎ、DT3を巻き込んだ HARDY FeatherWeight からラインを出して、7Xの先糸へテスト継続中の ガガンボ・パラティルト をフリーノットで結束。

 パラつく雨が本格的に降り出し始めたようだ。

 分厚く増水した流れとなった広瀬本流の瀬脇・葦際の緩い流れを探って行くと、、、やはり、、、いた。
葦際の大きな底石の前で微かなライズを発見。

 すかさず、、、フロータント+シンク処理を施した毛鉤を投射して、ドリフト。。。

    モコッ! 同位置で今度はフワ・・・フワ・・・と流れる毛鉤へ吸い込むようなライズ!

 意識して、一拍送り込み、、、ラインを滑らせながら、、、穏やかなセットフック!

ドスンッ! 乗った。。。

 セットフックするや、、、山女魚は増水して流れのトルクを増した深瀬を疾り下る。

    ギューイーーーンッ。。。グングン。。。グングン。。。キューーーーンッ。。。


 雨天の夕闇を映す暗緑色の太い流れに大きな白銀が疾い動きで滲んでは明滅する。。。

 膝上まで増水の強い流れに立ち込み、7Xのティペットを庇いながら山女魚のローリングファイトに応酬。
FC-8303改が綺麗にベンドして山女魚の突進をいなしている。。。

 
 夕闇の中でネットに収まったのは、筋肉隆々で野武士のような面構えの広瀬本流・山女魚。
久しぶりの広瀬川育ちの流麗な山女魚との対面でした。

 この後も夕闇が視界を閉ざしきるまで、同様の流れにライズを探して、幾つかの山女魚と出逢うことが出来ました。


 いよいよ、、、待望の広瀬本流も始動したようです。
雪代の増水が収まり始めるこれから、、、マダラ、ヒラタ、そして、ヒゲナガが現れてきますね。。。
 
 川辺でまた。。。  そして、5月も良い釣り旅を。。。


|

« 雪代の山女魚 | トップページ | 五月雨の山女魚・・・再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/14917495

この記事へのトラックバック一覧です: 五月雨の夕暮れ:

» 時候のあいさつ 5月 【時候のあいさつ5月の文例文集】 [時候の挨拶 5月@5月の時候の挨拶文例集]
突然のTB失礼します。 手紙に関するブログを新しくオープンいたしました。 もしよろしければ遊びに来ていただけると幸いです。 それでは、失礼いたしました。 [続きを読む]

受信: 2007/05/03 10:16

« 雪代の山女魚 | トップページ | 五月雨の山女魚・・・再び »