« 五月雨の夕暮れ | トップページ | 3cmの誘惑 »

2007/05/03

五月雨の山女魚・・・再び

 いよいよ、5/3を迎えて大型連休も後半戦に入りましたね。
今回の休みは天候にも恵まれてますから、きっと出掛けた先の川辺でライズに沢山出会えているのでは・・・。

 良い釣り旅を愉しんでますか?


 五月晴れとなった今朝の仙台、市街地のケヤキ並木には若葉が芽吹き始めて、、、街中を爽やかな風が吹き抜けています。  そして、川沿いにある自宅兼事務所のベランダから見える広瀬川・本流は、この陽気で雪代も一気に入り、さらに一昨日の雨降りも影響したせいなのか? 昨日より水位が10cm近く上昇していました。

 う~ん、、、この陽気だと、、、この夕方には 今季初のヒゲナガの飛翔 が期待できそうだが、、、雪代による増水だと水位と水温がマズイかも・・・・・。
また、仕事から戻った夕暮れ時に川辺の偵察へ出ようか?

 Dsc02146 
 クライアントとの制作打合せより戻ったのが午後5時。
日増しに延びて行く春の穏やかな夕暮れ時は、西洋毛鉤釣り師の心にも 『まあ、じっくり・のんびりいこう・・』 と
語り掛けてくるようです。

 coffeeを一杯飲んでから、いつものように玄関先でウエーダーを装着し、人通りの多い国道沿いを歩いて広瀬本流の川辺へ。。。

 しかし、、、川辺で広瀬本流用の REVEW FC-8303改 を継ぎ、HARDY FeatherWeight からDT3Fの毛鉤糸を通す内に急に日が翳り、薄暗い雨雲からの小雨が落ち始め、更に強い風が吹き始めました。


 あちゃ~、、、また五月雨の中の釣りになるか?
こいつは、本格的に降り出さない内に目ぼしい流れのハッチ状況だけでも確かめないと・・・・・。

 7Xの先糸へ昨晩手直ししてテスト期間も終盤に入った ガガンボ・パラティルト をフリーノットで結束して一昨日確認していた主だったポイントを探って行く。

 しかし、、、水が高すぎる。  一昨日の水位から10cm以上も上がっているのでは・・・。

 増水する本流へ分流していた流れが合流してくるプールを通り掛った際に、それぞれの強い流れが交わるスカム・ラインで散発的なライズを発見。。。

殆ど微かな、、、水シワのようなライズ!   ピシュッ。。。

再び、、、、、パシュ。。。


 Dsc02147
双方の流れがヨレル度に流下してくるガガンボイマージャーでも吹き上がるのか?  水面直下で鋭いライズが起きている。  良いサイズの山女魚のようだ。。。

 もう時計は午後6時20分。。。雨雲で早まった夕闇が視界を遮り始めていた。

流れのスリックを読んで、立ち位置を確認し、今一度毛鉤と先糸へ浮力剤を施し、確認したライズ位置まで12ヤードの投射。。。

 スローなモーションからバックキャストでループスピードを調整し、、、
続く、レフトカーブ、そして上流側への大きなリーチ、、、パドルメンド、、、

 フワ・・・フワ・・・とスカムラインの筋に毛鉤はドリフトして入っていく。。。

もう一度フリップしてメンディング、、、、、いいぞ、、、、、


 モワッ!  先のライズ位置で吸い込まれるようにして毛鉤は姿を没した。。。


Dsc02145
意識的にタイミングを一拍送り、ラインを大きく滑らせながらバット側のトルクを使って穏やかなセットフック!


   グンッ 、、、 ドスンッ!


  乗った!。。。。。


  グンッ・・・グンッ・・・グウーーーッ、、、グン・・・ギュウーーーッ、、、

  太い流れの広瀬本流に棲む山女魚ならではの重厚なローリングファイト!

FC―8303改 はグリップ上から綺麗に弧を描いて、山女魚のローリングに応酬している。
水を切って走るラインの先で増水した流れの暗緑色に大きな白銀が滲んでは明滅する。

 夕闇の中、丁寧に遣り取りの後、ランディングしたのはコンディションが整った広瀬本流の山女魚でした。


 この連休中、広瀬本流は水位さえ収まり始めれば、ライズを狙っての釣りが出来そうです。
帰り足の途中、僅かでしたが夕闇の中を流れに舞うような ヒゲナガ・アダルト も確認出来ました。

 いよいよ・・・広瀬川・本流でも本格的な季節を迎えたようです。

残る連休中も良い釣り旅を。。。


|

« 五月雨の夕暮れ | トップページ | 3cmの誘惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/14941506

この記事へのトラックバック一覧です: 五月雨の山女魚・・・再び:

« 五月雨の夕暮れ | トップページ | 3cmの誘惑 »