« 早春のライズ巡礼 | トップページ | 本日の山女魚~4/6  »

2007/03/31

ライズ招きの水仙

Dsc02048
 彼岸から続く家族揃ってのインフルエンザ騒ぎ、そして4月から始まる制作業務の至急作業で・・・ここ暫らくは通り掛りの川辺へ立ち寄り、ちょいの間を様子見するだけの毎日。。。

 川辺に立っていない日々はやけに仕事中のタバコの消費量が増え、ストレスが肥大していくばかりで如何したものか・・・と悩んでは、気付くとまたタバコに火を付けて。。。の無限ループモードに。

思考構造がハングするのは既に時間の問題といった精神状態でした。  ホント、、、釣りバカに付ける良い薬が在ったら欲しいとこです。   その後、良い釣り旅を続けてますか?


 あれから、仙台周辺の流れでは、、、先週末の低気圧通過に伴う強い南風と雨降りによる増水は水棲昆虫達の活動の引き金になったのか、その頃を境として日毎騒がしくなって来たようです。


Dsc02043
 雨の予報となった今夕、朝から取り掛かっていた制作作業が一段落したので、今にも泣き出しそうな曇り空の下を車を飛ばし、昨年から春先のライズ巡礼地として目を付けている里川に出掛けてみました。

 先の吹雪となった折にも楓林・S氏と立ち寄ってみた農場裏のプールに車を止めて眺めていると・・・ライズを発見!

     パシュッ!

 くう~っ、、、釣りストレスを背負い込んだこちらを尻目に、いかにもリラックスしたフォームで・・・さらにまた一発・・・ライズ!

     コポンッ!

 う~っ、、、川の様子だけ見てM川堰堤下で本番・・・と考えてましたが、心地よく甘く耳に響くあのライズ音!
そして、、、さあ、遊んで下さいと誘わんばかりの・・・ライズフォーム。。。

さらにまた一発・・・ライズ!

     ピシャッ!

 時計はもう直ぐ午後4時30分になるところ。
川面にハッチしている姿は見えないがあの水面直下に摘むようなライズの様子だと、ガガンボか大型のユスリカの流下が始まっているようだ!


 M川堰堤下の様子も見たいが、、、このライズもやりて~。。。
その時、プール流れ込みに位置する底石がゴロゴロする流芯下層でいかにも大型らしい魚影が一瞬ギラッ!と鈍い白銀色を放った・・・。  イイのが流下するピューパを捕食してる~~~!


 急にライズの数が増えたようだ!  流れの上下あちらこちらにライズが見える。
 コポンッ!  ピシャッ!  パシュッ!

 プツリ!!   自分の中で釣り心のスイッチが入ってしまった。
有無を云わずウエーダーを装着し、毛鉤竿の支度をするが早いか、あっという間に先糸へミッジ・パラティルトのガガンボ-タイプを結束して川辺へと駆け付ける。


Dsc02045
 先糸と毛鉤へのフロータント+シンク処理を施し、29年目の愛竿HARDY Graphite-Marvelで今夕の一投目。
スローなモーションからラインを送り出しそしてレフトカーブ続く上流側へのリーチ。。。

 極小毛鉤を複雑に歪んで流れるフィーディング・レーンに乗せ、直前、対岸のテトラ際に見えたライズへと流し込んで行く。。。

          モコッ!

 無意識の内に、一拍送り込んで極小毛鉤特有のセットフック!

グンッ!。。。乗ったー。。。


  狙い通りのライズ位置で春色を纏った美しい山女魚が出てくれました。
今春、この川では初めての山女魚でした。

それから、いくつもいくつも続くライズと遊ぶ内に、、、暗くなった空から柔らかな大粒の春雨も降ってきましたが、雨具を付ける時も惜しくて、ズブ濡れのままで山女魚達が熱狂するライズの見えなくなるまで夢中で釣り続けました。


 山女魚達のライズも収まり夢中の釣りから醒めての帰り時、フト、、、気付けば足元には一面冬枯れ色に沈む中、一点だけ麗しい八重の水仙が咲いていました。

もしかすると、、、その花色である黄色が幸運のライズを招いたのかも・・・と帰り道の車で思い当たりました。
柔らかな春雨が降る夕闇の中に咲いたライズ招きの水仙。。。

 皆さんも出掛けた先の川辺で幸運色と出逢えますように・・・。
そして、この春も良い釣り旅を。。。


|

« 早春のライズ巡礼 | トップページ | 本日の山女魚~4/6  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/14475097

この記事へのトラックバック一覧です: ライズ招きの水仙:

« 早春のライズ巡礼 | トップページ | 本日の山女魚~4/6  »