« 本日の山女魚~8/27 | トップページ | 本日の山女魚~9/9 »

2006/09/03

初秋の名月~9/3

Dsc01793

 気付いてみると、、、何故だか、お盆明けからこのところ、記事の書き込みがスローペースになってました。
まぁ、、、自分の生業である業務が最優先されますから、仕事で忙しければ当然、川辺には立てない訳で・・・。
 今シーズンも残すところ1ヶ月弱となり、出来るだけ時間を見付けて川に向かっていたいと、、、そう感じています。


 今日は、朝早くからの出張で鶴岡市にある 湯殿山スキー場 を会場に開催された 『第30回 月山ワインまつり』 制作業務。

■ 厳選した山葡萄から醸造されたという「30周年記念限定の月山ワイン」白・赤・ロゼも会場では大変好評のようでしたよ。  全国的に未だ未だこのワインは知る人ぞ知るのブランド、、、生真面目で商売下手・口下手な庄内人が月山の自然と気候で丹精込めたお酒ですから・・・本当のワイン好きを唸らせる佳品・・・ワイン好きな方、東北・山形方面に釣りにお出掛けの際は是非お試しを! 国道112号線沿い鶴岡市内沿線で販売中です。
 <月山ワインHP http://www.mmy.ne.jp/ywine/maker/tagawa/tagawa00.html >  
   以上、一部宣伝まで・・・。  

 そして、業務の帰り足、夕刻ほんの僅かな時間でしたが、今シーズン初めてとなる寒河江川の流れに立つ事が出来ました。

 上の画像は、この夕べ、寒河江川・大井沢の流れに浮かんだ月。
澄んだ秋風を思わせる冷気が降りた川面に柔らかな光を落として、、、初秋の月は夕暮れの空に舞い上がっています。  


 撮影後、異様に渇水した流れではコカゲロウへの散発的なライズが瞬間的に始まり、、、あっと云う間に終了。
そんな、ライズの終わる寸前、際どい場面で極小の毛鉤へと結び直し、一つだけ掛けたのが大型の山女魚。
18時過ぎのことでした。

 舐めるような微かなライズへ毛鉤を入れると、水面が窪む。

 一拍我慢して、ラインを滑らせながら静かに、しかし確信したセットフック。。。

   ドスッ! 乗ったーーーーー。
   ギューーーーッ、グングン、、、キュウーーーーーンッ、、、とローリングファイト。

 HARDY Graphite Marvel 7'8"#4 が綺麗にフル・ベンドして、山女魚のローリングに応酬する。
月明かりを受ける夕暮れの流れに大型の白銀が明滅しては疾走する。

 暫らくの疾走後、足元にまで寄せた大型の魚体。。。おおーっ、でかい山女魚。。。いいね~。
それじゃ、、、ネットをと、、、、、

 アレッ、、、んっ、、、何だ、、、ネットは、、、
ネットリリーサーが新調した熊鈴に絡んで外れないのか?。。。ンッと。。。ダメか。。。

 などと、、、こちらが気を取られている内に山女魚はまた流れに突進、、、おっとと

  ギューーーーウッ、、、、フッ・・・・・・・・・・

ありゃー、外れちまったか、、、、、残念残念。。。
ま、今回は「山女魚とご縁が無かった」(ブッシュマスターF=使用許諾)ようで・・・・・。

 そんな訳で、今回、山女魚の画像はUP出来ませんでした。
幅広な寒河江川の美しい大山女魚は自分の網膜だけに刷り込まれてしまいました。
不本意では在りますが、、、この点、平にご容赦下さい。


 しかし、、、寒河江の流れに浮かぶ月の方がもっと美しいか・・・?
いやいや、、、広瀬の大山女魚が棲むというあの流れに浮かぶ月もナカナカ・・・・・。

 秋風が吹く流れに浮かぶ月明かり、そして照し出された大山女魚 そんな夕暮れの光景を今シーズン中に再び実現したいものです。
 あの寒河江の大山女魚には特に・・・・・ですね。

 さあて、、、これから毛鉤を準備しようかな。。。

気付いてみると、部屋の窓にもあの月が浮かんでいました。
 
 9月も良い釣り旅を。。。

|

« 本日の山女魚~8/27 | トップページ | 本日の山女魚~9/9 »

コメント

 いや~、毎度の丁寧なコメントに感謝です。

 渇水の状況は先日、山形・庄内周辺の川や寒河江川を実際に見て確認してました。
この夏から随分と長い間、渇水の状態は続いているようですね。

 この時期、台風の襲来や秋雨前線の通過で水位が高くなり、またそれが過ぎれば急激に低くなってみたり・・・上がったり下がったりで・・・川に棲む山女魚達も大変だろうナといつも思います。

 仙台周辺の流れも同様で、そんな状況下、僅かでも水位の変動が少ない流れを探しては毛鉤を流しています。

 残り僅かとなった山女魚釣りのシーズンを指折り数え・・・仕事の隙間を縫って、流れに立とう、、、いや、立たないと、、、なんて、毎シーズンこの時期は焦るばかりで落ち着いて釣りが出来る心境では無くなってるのが本当のところ。

 何時になったらそんな落ち着きの在る秋の釣りが出来るようになるのやら。。。

 秋の良い釣り旅を。。。

 

投稿: 管理人・Nob | 2006/09/07 00:20

こんにちは。
またまたお邪魔いたします。

東北地方はほとんどが渇水なのでしょうか。
それとも日本海側だけかな?
こちらでは長いことまとまった雨が降っていません。
いつもの川は大渇水で釣りになりません。もともと小さな川なので雨が無ければ夏には水不足です。

「散発的なライズが瞬間的に始まり、、、あっと云う間に終了」・・・
日が暮れるのが早くなったこの時期にはよく目にする光景ですね。
そんな中での寒河江の大山女魚との出逢いは月に照らされてロマンティックなものでしょうね。

時間的に平日の夕刻に川に降り立つ事は叶わなくなりましたが、週末には良い釣り旅をしたいものです。

昨晩は大きな月が出ていました。すっかり秋です。
引き続き良い釣り旅を。

投稿: JTKN | 2006/09/06 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/11750818

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の名月~9/3:

« 本日の山女魚~8/27 | トップページ | 本日の山女魚~9/9 »