« 本日の山女魚~8/9 | トップページ | 昨日の山女魚~8/24 »

2006/08/11

真夏の竿初め~8/10

Dsc01770
 今日は山形で打合せの為、お昼過ぎから出掛けていました。

晴天の下、車を転がしながら奥羽山脈を横断している山形道の宮城・山形県境を跨いで走る長いトンネルを抜けてみると、、、目に飛び込んで来たのは 只今の気温30度 の道路表示・・・。

ありゃー、これでは山形まで降りたらもっと暑いナと。。。。。予想通り、実際の山形市内はムシブロ状態でした。

 そんな暑さの中、思った以上のペースで媒体との打合せも終了して、後は仙台に向かって帰るだけ・・・。
日も西の空に未だ高い状態だし、帰りに掛かるにはちょぃともったいないかナ・・・。

 よしよし、こんな事もあろうかと、、、先日、ネットオークションで落札したばかりの HARDY JET 7'#4 と毛鉤道具一式をトランクへ積み込んで来ています。

ふと、、、時間はあまり無いけれども、例年一度は立ち寄ってみる山形側のY沢へ行ってみよう・・・と閃きました。

 車を走らせ、一年ぶりにY沢の取水堰堤下に到着してみると、、、記憶の佇まいはそのままに、底石の珪藻は少し焼け始めていましたが、水量・水色は共に良い感じです。
 昨年もやはり同じようにここへ立ち寄った折、オオカワゲラが大量ハッチするイブニングに40オーバーの大岩魚と夕闇の流れの中で攻防した感覚・・・・・が、流れの様子を眺めるうちに鮮明なイメージとして蘇ってきました。

 そんな岩魚をまた、、、釣るんだ。。。

駐車したばかりの熱を放射する車の周りにはウシアブがブンブンと数匹飛び回っていますが、本人は既に釣りモードに突入していますから、平然とウエーダーを用意して釣り支度に掛かってました。。。

 今回が自分にとっての竿初めとなる HARDY JET 7' #4 へ MARQUIS#5 と DT4F の道具立て。
ラインを通して振って見るのも初めてでしたが、ラインの乗った感触はバッグンです。。。やはり、手に入れて良かった。。。。。
  
 早速、、、ヤブを漕ぎ、堰堤上のポジションのみ攻められる堰堤下の枝の茂みに隠れた落ち込みに向かって毛鉤を投射!

 毛鉤は茂みの下できれいにターンして、白泡に乗って下流にある流れに顔を出す岩の巻き返しへと向かって行く。。。。。

いきなり、、、、、岩の下から丸太が浮上した、、、、、と見る間に、、、、、毛鉤を音も無くスポッ!と吸い込んだ。

フッキング動作を意識してこらえ、この丸太が反転して沈んで行くのを見てから、、、、、ラインを滑らせるようにフッキング!!

 ドシンッ!と肘に魚の重みが・・・・・     乗ったーーーーー

ゴンゴンと首振りしながら流れに乗り、、、丸太は岩陰へと突進。。。
JETのバットパワーと5Xティペットのテンション一杯でこれをこらえる。。。

 枝の茂みにラインを取られないようにして、、、おっと、、、危ない。
丸太は堰堤直下の白泡へと潜り込む。

 チラッと上から見えた魚体側面の白点。。。  良いサイズの岩魚だ。。。

白泡の下からも引きずり出して、流れに魚を乗せては疲れるのを待つ。  そんな攻防の繰り返し。。。

 岩魚に疲れが見えた頃合を計って、ラインを引き絞り、そしてフッキングの状態を確認して、JETのバットパワーを使って堰堤上まで空中を抜き上げた。。。 ぐうーーーっとしなり込むJETが静かにそのグラス独特の反発力を見せ付ける。 
それっ! イケーーーッ、、、、、 

 スローモーションの様に大きな岩魚は空を駆け上って。。。足元へ飛び込んだ。。。

バシャン、、、バタン、、、バシャッ、、、、  左手に有り余るこの尺越えの岩魚を押さえ込む。
いやー、、、デケー岩魚! 竿初めにラッキー、、、しかし驚いたね。  JETもこんな一発目にビックリしたろうナ。。。アハハ。。。

  取り敢えずは、、、いつもの撮影をと・・・・・。

 左手にいつものようにホールドしてからカメラを構えると、、、、あっ、、、ヤバ、、、バシャバシャ、、、、、
グルッと全身のパワーを振り絞って岩魚は暴れ、左手のホールドから水に戻ってゆく。

 ティペットを静かに手繰り寄せ、もう一度、、、、、トライをと、、、、、これでO・・・Kえっ、、、エッ、、、、、バシャバシャ・・・・・ジャボッ。。。。。バシャッ。。。。。

またまたグルッと全身のパワーを振り絞って岩魚は暴れ、今度はティペットが暴れた弾みで足元の葦に絡まり、撮影を前に意図せぬリリース敢行。。。。。  ありゃ~残念残念。  まあ、、、いきなりのドラマはそんなもんか!

Dsc01768
 この後、流れの状態を確認する為、しばらく釣り上がってみましたが未だ西日が強い時間帯。
汗だらけ、クモの巣だらけになって遡行して行くと。。。
背後にフト、、、気配を感じて振り返ってみると、直ぐ後ろの高台から大型のカモシカがこちらをジッ・・・と眺めているのが見えました。

 カモシカの視線は・・・この暑さの中で釣りに来て、馬鹿じゃないの!・・・と云ってるようです。
川辺に涼みにでも降りてくる途中だったのかもしれません。

 きっと彼らの渡渉点に立って自分が釣りしてたんでしょうね。  失礼しました。

これを潮時とY沢から上がり、僅かに車が行きかう道をブラブラと戻り足。
こんなに早く川から上がるのも久しぶりです。  遠い街の明かりもちょうど灯り始めたようです。

 奥羽山塊に棲む岩魚に出会った暑い夏の夕暮れ。
山女魚釣り師は本日夏休み・・・の釣りでした。

 ガツガツしない岩魚釣り・・・も愉しめましたよ。
楽しい夏の釣り旅を。。。

    

|

« 本日の山女魚~8/9 | トップページ | 昨日の山女魚~8/24 »

コメント

 毎度のコメント感謝します。

久しぶりに遠出した釣り、それも岩魚狙い・・・山女魚釣り師の休日・・・でした。

 JTKNさんも、そのイメージの中の釣り旅で大山女魚、大岩魚を沢山釣り上げているのでしょうか?
 そんな旅もまた、心愉しいと思います。

 朝靄の川辺、夕闇の流れをああ攻めるでもない、、、こう流すでもない、、、とあれこれ戦略を練りながら眠りに付くと、、、回復効果は抜群です。

 是非、お試し下さい。
 

投稿: 管理人・Nob | 2006/08/12 00:19

毎度おじゃまします。

「釣りに行きたいというモチベーション」をかなり刺激される釣り旅ですね。
丸太のような尺を越えるイワナとのドラマ。。。
私も行きたいなぁ!!

真夏の釣り旅、ますます楽しんでください。

投稿: JTKN | 2006/08/11 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/11377442

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の竿初め~8/10:

« 本日の山女魚~8/9 | トップページ | 昨日の山女魚~8/24 »