« 癒しのゲーム・・・みたび | トップページ | 本日の山女魚~7/14 »

2006/07/09

本日の尺山女魚~7/8

Dsc01696 今日も仙台は雲が低く垂れ込め、一歩外に出ると肌寒さを感じる・・・そんな天候。

朝から何かと気忙しく動き回っていましたが、それもその筈、、、RiverGateのNoriさんと広瀬川本流のイブニングの待ち合わせに時間を空けるべく、仕事の連絡やらスケジューリングやらをバタバタとやっつけていました。

 しかし、何ですね、、、釣りの予定が仕事の後に在ると・・・どうしてこんなに仕事が捗ってしまうんでしょうか?
まさにテキパキ、、、アイディア閃きっぱなし、、、そんな風にして仕事は片付いちゃう訳で・・・。
 自分でも不思議に思っています。
仕事に煮詰まりを感じたら、今度からこの手を使って見ようかナ。


 そうそう、、、釣りの方でしたね。

夕方17時過ぎにNoriさんから『未だ仕事中ですかーーーーー、現場着きましたよーーーーー。』のコールが入り、捗っていた仕事を一時中止。

 出掛けに、フラッタリング・ヒゲナガ 『逢魔が時』 の本日使用分を確認したら、、、ストックが全く無いのに気付いて、慌てて緊急タイイングの時間を。。。。。Noriさん申し訳ない!

辛うじて、1本だけ巻き上げ、それをボックスに収め、やっと出撃準備完了。
1本だけって、、、少々不安ですが、まあ、それも自分らしいか・・・。

Dsc01700
 18時30分過ぎにNoriさんが待つ広瀬本流の川辺へ到着。
そこから、、、、、20分くらいお互いの近況を立ち話しつつ、地合いを待つ体制に・・・。
久しぶりに会うNoriさんでしたが、釣りに行けてない・・・と云いながらも元気そうで何よりです。

 今夕は2人とも19時30分過ぎまでの時間しか取れない事情があって、泣いても笑っても、、、30分間の一発勝負! 低く垂れ込めた雲がカーテンとなって、川面には既に夕闇が落ちていました。

 しとしとと降り出した霧雨に誘われたかのように、小型のカディスの飛行も始まったようです。 

早速、先程巻いたばかりの 『逢魔が時』 を6Xティペットへフリーノットして、ガンガン瀬に続く押しの強い深瀬が流れ込むプールのヒラキ側へひざ上までのウエーディング。。。。。そして、毛鉤を投射。

 強い流れの中ほどに頭を見せる大岩の前後そして左右の流れが微妙に変化するポイントが今夕の狙い。
強い流れにもまれたカディス達は、きっとこの岩の周りに流れ着く筈。。。

 3投射目。。。。。上流側へと大きくリーチして流芯に乗せた『逢魔が時』にフラッタリングを1アクション入れ、さらにフリードリフトすると。。。。。

 音も無く毛鉤が流れの中へ引きずり込まれて行く、、、、、
一拍置いて、そしてラインを滑らせるようにフッキング!!Dsc01704


ドスン! ギラッ!
    乗ったーーーーー!!

 読み通り、居た。。。。。やはり、ここだった。

 水面下で明滅する大きな白銀色の塊。  グルングルンとローリングファイトする特有の振幅で大型の山女魚と判る。  歴戦の HARDY Graphite-The Favorite 8' #3 (ジョイントナンバー13) が大きく撓んだまま魚を往なし続けている。

 山女魚は深瀬の中を縦横無尽に走り回り、夕闇の中を白銀の塊が美しく散っていく。

足元の緩流へ入ってきたところで多少強引にランディング。
幅広な山女魚のネットインに少々てこずりましたが、何とか、流れの中でランディング成功。

 暗がりの中を川岸まで戻り、改めて魚を確認すると、、、艶やかで体高のある幅広な尺山女魚。
体型のせいか、、、優しいイメージを持つ流麗な山女魚でした。

 そして、、、上顎には一本だけ用意出来た『逢魔が時』が収まっていました。
具合の良い鉤掛り状態にちょいと、、、自己満足です。

Dsc01702
 Noriさんとも久しぶりに広瀬川本流の川辺で一緒に釣りが出来たし、今晩はこれ以上、、、言うこと無し、、、です。

 良い釣り旅を・・・・・。
 

|

« 癒しのゲーム・・・みたび | トップページ | 本日の山女魚~7/14 »

コメント

 またまた、コメントありがとうございます。
JTKNさんには度々の立ち寄りを感謝です。

 仙台は涼しい・・・というより肌寒いくらいの朝晩ですね。   秋田は既に暑くなっているとか、、、ついに、、、あの強力なアブ軍団が登場する季節に突入しましたか、、、
 イブニングの釣りの最中、体の回りに雲のようにブンブンたかられると、言い表せない恐怖を覚えますよね。

 いや~早いとこ、アブ除けのハッカ・タイプ防虫スプレーを自分と岳父分の買いに走らないと・・・昨年はなんと、補充用徳用ボトルを2人で2つも消費してましたから。。。色々試しましたが、今のところこれが秋田産のアブには効き目抜群のようでした。
 あのツーンとくるハッカ成分が目で感じられる内は、さすがのアブ達も一定の距離を置いてましたよ。
 そう云えば、、、自分は秋田の川での釣りには、このハッカの香りがいつも一緒に付いて廻ってますね。 アブの多い時期ばかり釣りしてるからか?

 JTKNさんもこの夏、ハッカの香りで良い釣り旅を・・・。

   

投稿: 管理人・Nob | 2006/07/11 01:44

こんばんは。
またしても素晴らしい魚ですね。
体高のある白銀に輝くヤマメ。こんなのがシーズン中に何度も釣れるなんて・・・。
魚達は「逢魔が時」の魅力にとりつかれているのでしょうか。。。

仙台はそれほど暑くはないのですね。
こちらはアブがかなり出てきました。苦手なんですが。。。すでに夏の釣りになりつつあります。
って事はシーズンの半分が過ぎ去ってしまったのですね。早いものです。

残りのシーズンもぜひ良い釣りを・・・。

投稿: JTKN | 2006/07/10 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/10850261

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の尺山女魚~7/8:

« 癒しのゲーム・・・みたび | トップページ | 本日の山女魚~7/14 »