« Review+HARDY=? | トップページ | 暦(こよみ) »

2005/12/22

冬至の過ごし方

 そう云えば・・・今日は冬至でしたね。
明日からは少しずつ夜が短くなって行く、、、つまり、一日毎に春へと向っていく訳で、ちょっぴり新鮮な気分でキーボードへ向っています。

 先程、カレンダーを読み返していて気付いたのですが、ちょうど6ヶ月前にあたる夏至の前後は 仙台市内を流れる広瀬川本流 がベストシーズンの頃だったのですね。
そうか、季節の進行は本当に瞬く間のコトだナ!と今更ながらに驚いてました。_MG_0433

 右側の写真はRiverGate・ノリさんに夏至を目前に控えた頃、広瀬本流の夕暮れ時に撮影していただいたものですが、改めて見返していると、05シーズンをこの1カットが総括してくれているような気がしています。

 湿気を含む川風はそれまで山側から吹いていたものが、夕暮れの一時ピタリと治まり、そして海側からの風向きに変わる時、ヒゲナガのハッチの幕開けとなって・・・・・それまで沈黙していた川面が沸き立ち始める。

ガンガンに流れる深瀬の流芯を漂うフラッタリング・カディス「逢魔が時」に忍び寄る大きな影。
音も無く#6・2Xファインのフックが姿を消し、続いて山女魚特有の激しいローリングのファイト。
Hardy−FeatherWeightの逆転音。 糸鳴りしながら水を切って走り回るライン。

 腰まで水に浸かりながら山女魚とのファイト。    足元定かでない暗がりの中でのランディング。
そして・・・・・高揚の一瞬。    

 そんなシーンを思い出していると、また釣り旅を・・・と心が立ち騒いで来ましたネ。
釣りに出られない時は、そんなイメージの中のシャドー・フィッシングもまた楽しいです。

 先程のニュースでは、日本海側が大雪と暴風による大荒れの天候だと伝えてました。
魚達も今は一休みのシーズン。 雪代に磨かれた春を待つだけ。

せめて、フライボックスの整理でもしながら、冬至明けを指折り過ごしましょうか?

 

|

« Review+HARDY=? | トップページ | 暦(こよみ) »

コメント

MANI-HANAさん、初コメントをありがとうございました。
 リールの逆転音がお好きとのコト。
先のFeather-Weight代替購入の際に気付いたのですが、現在の主流はディスク・ドラッグ=無音系へと移ってしまっている様で、店頭で手に取ってみた各社の製品も殆どがこのタイプでした。
 Hardy製のラチェット・ドラッグの甲高い逆転音・・・なんて表現はそのウチ、無音世代の毛鉤釣り人には判らなくなって行くんだろうナ~としみじみ感じています。
 時間を掛けて使い込んで行くと、このラチェット音にも変化が出て来たりして、なお愛着の泥沼へと嵌まり込むんですけどネ。
 これからも、どうぞお立ち寄り下さい。
楽しみに待っています。

投稿: 管理人・Nob | 2006/01/29 20:30

はじめまして こんにちは
逆転音が好きな身にとって、とても共感できるエントリでした。
暖房の前で、カリカリやりながらやまめへの思いを募らせています。
また寄らさせていただきます

投稿: MANI-HANA | 2006/01/27 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116556/7779978

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至の過ごし方:

« Review+HARDY=? | トップページ | 暦(こよみ) »