7月に入っても仙台では“山背風”による肌寒さを感じる日が続く。
梅雨空の下、イヴニングの広瀬本流において夕暮れ山女魚。

美しく整った輝く魚体から、現在の広瀬川の河川環境は容易に想像出来るだろう。