Dsc01322

 

  introduction of 晴/雨  

 

 この夕暮れも、、、釣り竿を片手に川辺へと向かっている。

それは、幼少の頃に芽生え、激動した青年時代を経て、白髪が目立ち始めた現在に至るまで、ブレることのない「釣りへの情熱」。

 

  16の春、毛鉤釣りに出会い、対象魚である…山女魚(やまめ)…の存在を知る事となる。  美しい魚だと感じた。 自らが釣って手にしてみたい魚。。。

  18の冬、不思議な縁あって  英国 Hardy Brothers (Alnwick) Ltd. - INSTRUCTOR’S COURSE  を successfully pass する。   毛鉤釣りの歴史に名を残す名門との印象的な邂逅。  西洋毛鉤釣りにおける名手との心に残る出会い。

 

 技法・道具に囚われない 毛鉤巻き、投射方法、川歩き、水生昆虫や流れの知識 … 全ては美しい山女魚を毛鉤で釣るために、想い・学び・実践しなければと「毛鉤釣りのハート」がさらに沸騰し、、、こうして今日まで。

そんな燃え尽きない釣りへの情熱は、いつのまにか、流れに棲む生き物そして釣り人との出会いを求める 「西洋毛鉤による山女魚釣り師の旅」 へと昇華して行くことになった。。。

 

 また明夕も … 川辺の釣り旅を。    佐藤Nob  

Dsc01194

P9090393

PHOTO by  Den.Satou

 


 

■ 「 晴/雨釣倶楽部 ~ はれあめつりくらぶ 」は、宮城県仙台市を流れる 広瀬川辺 に集う釣り人同士・・・釣り場ではそれぞれが孤独になりますね・・・の情報交流 と 震災からの復興・広瀬川の観光振興 を目指して、佐藤Nobが執筆管理している Blog の名称です。

  名称では倶楽部と任意団体を装っていますが、、、架空団体です。(笑)

  釣り好きで「俺も入れてくれ・・・」とご希望なら、どなたでも 晴/雨釣倶楽部 の自称メンバーになれます。  但し、先年実施していた「3本の毛鉤」企画の際に、ご協力いただいた方には 特製の 晴/雨 赤バッヂ を贈呈しておりましたので、この方々が本当の 晴/雨釣倶楽部メンバー なのかも知れません。

  開設当初は、あくまで仙台の釣り仲間・知人の範囲における情報提供を想定しておりましたが、残念なことに - 釣り場情報のみ得たい - 情報巡回だけの方々も多数立ち寄られるようになっていました。

  現在では、もはや、どんな山奥の流れも隠密には居られず、誰かのカーティス・クリークはITの元に即時検索され、、、そして、、、リアルタイムなマル秘情報として晒されて行く。  

  適うことなら・・・・・ 巡回情報 によって出掛けた川で 釣らせてもらった魚の大きさや数を他人と心ならず競い合うコト よりも 、、、自らの足と勘働き、そして僅かな自己努力によって「思い入れ出来る流れ」を見つける喜び、、、そしてその流れに自らのアイディアが詰まった毛鉤を流して「美しい山女魚」を掛けた時の感動、、、そんな自らの釣り心に深く深く刻まれる瞬間を・・・・・ 求め続けていただければ と願っています。

 純粋な"釣り好き"のまま・・・、何時でも若くしなやかな ココロ で居ながら、その先に向ってストイック な山女魚釣り師。。。   そんな境地を目指して。。。

 いずれ、ローカルそれぞれの川辺に住む毛鉤人同士・・・当ブログのコンタクト先アドレスへのご感想 ・ ご意見などで僅かずつでも交流を深められれば、、、本当に嬉しい限りです。

・・・ In English

■ The "Hareametsuri Club", from the earthquake and the exchange of information ... each I will be lonely in the anglers fishing with each other ... to gather in Hirose sides flowing through the Sendai City, Miyagi Prefecture aims to promote tourism in the reconstruction and the Hirose River, it is the name of the Blog Sato Nob is writing management.

It is disguised as a voluntary organization and a club under the name, but it is,,, fictitious organization. (Laughs)

And If you prefer the "... me also put my" a fishing lover, Anyone accustomed to self-proclaimed members of the  
Hareametsuri Club. However, since had been presented the sunny / rain red badge of special to those who at the time of planning "fly-three," which has implemented yesteryear, who cooperation, this people is sunny / rain true it might be a fishing club members.

The very beginning, it had been assumed to provide information in a range of fishing buddies and acquaintances of Sendai only, but unfortunately - it had become to be stopped by many people information only patrol - you want to get only fishing information were.

At present, no longer, the flow of what the mountains it can not be stay for secrecy, Curtis Creek, someone go exposed as confidential information and real-time,,,,,, is immediate locate the source of IT.

By a slight self-effort and work and intuition feet,,, own than things competing not mind with others the size and number of fish that I had not fished in the river that went by ..... cyclic information if that come true it is deeply deeply fishing center of their own such excitement,,, when applying a "beautiful YAMAME fish" by passing fly the ideas themselves jammed in its flow and joy,,, find the "flow that can be feelings" I am wishing the if it is possible to continue to seek ..... the moment.

YAMAME fishing nurses stoic mentally while stay ..., in a young and supple mind remains pure "fishing lovers". . . With the aim of such frontiers. . .

One, I'm glad really,,, If Rarere deepen exchanges even little by little like your feedback and comments to the contact address of the registered people fly each other ... this blog living in the riverside of each local.